今年もありがとうございました  

今年もよりちゃん日記御覧頂ありがとうございました。

今年もあと残すところ2日です。


昨晩、今年最後の現場に土を入れていると、にわかに雪が降ってきました。

とてもキレイな初雪で、仕事の手をとめて、見とれていました。


そして今日、その現場のあと後片付けが終わり、

洗車をして、事務所の正月飾りをして、今年の仕事も終わりです。



年末はいろんなことがあり、仕事もたくさん頂き、ご挨拶周りが28日の1日しか

取れませんでした。日頃お世話になっているのに、申し訳ありませんでした。



さて

皆さんにとって、今年一年はどんな年でしたか?

そして来年はどんな年になりそうですか?


私は来年はとっても大きなチャンスがやってくるための前ぶれの年になる。

そんな気がしています。なんて夢見たいなことを思っていますが・・・。


ご愛読頂いている、皆さんにもとっても、来年がそんな夢のような年に

なりますことを、心からお祈りして、今年のよりちゃん日記を終わりたいと

思います。

 
良い年をお迎えください。





クリックすると元のサイズで表示します
0

まさか  

今日の日経の社会面にフリースクールの話がのっていました。


学校だけが学校でない。

学校や、先生まで信じられない、子供達が集まるスクールについての記事です。


その中で、一人の女の子Aさんが、小学校時代の話に驚く。


友達から死ねと言われる。5年生の時には、羽交い絞めにされ、口に雑草を詰め込まれる。

ある時クラスで、先生が皆にむかって、「Aちゃんの悪いところをひとりづつ発表して」と言った。

みんなの話を聞いているうちに意識を失った。

そんな話だった。


どんな話でも、双方に言い分があり、どっちが悪いとは言い切れない。

クラスにはすごい性格の人もいることがある。

先生だって、社会経験もなく、大学を卒業してすぐ先生と呼ばれる。


それにしても、皆にひとりひとり、欠点を指摘させた話は、もし事実だとしたら、犯罪に近い。

体ではなく、言葉で人の心をきりさくことはできる。

それが、拷問のように、逃げられないところで、みんなさからナイフを刺される。

そんな光景を想像してしまう。

先生が多数決の中に一人になって、ひとりの子供をさばく。

戦時中や、シベリアのような話と変わらない。



学校だけでなく、会社組織もそうだ。

たいへんな上司の下になり、辞めたり、ノイローゼになることもある。


そんなことがない、組織をつくことが夢。

そんな先生や経営者がいたら、どんなに素敵だろうか。

















0

天か分け目  

今日は大掃除。

とは言っても、現場は進行中。

最後の仕上げのカラーコンクリート仕上げ。

雨が降ると、いつまで経っても乾かず、夜中までかかります。

今日は天気予報では、晴れ。

しかしながら、午後から雨雲が日光の方から押し寄せてきます。

ちょうど293号線をはさんで、北がくもり、南の宇都宮方面は晴れ。

きわどい氏家が現場でした。

しかしながら、なんとか雨がふらず、5時前には完了。

先々週の夜中の12時完成ではなく、一安心。


さて、残り少なくなった手帳の前の方をひさしぶりに見直してみると、

こんなメモが書いてありました。


「仕事は何事もまず、自分の手を下してみることが大切です。

あれはできない。これはできない。と決して思ってはなりません。

あなたは何でもできます。しようと思えばなんでもできるのです。

ただし、ここて注意しておきたいのは、初めから完全無欠の出来栄えを期待しては

ならないということです。

下手でもいい。自分の手でやってみるのです。

それが完全無欠な仕事への道へ辿る第一歩なのです。」


年齢に関わらずいつも、元気で新しいものに挑戦しているので、

若々しいしい人っていますよね。

たいていそういう人って、何でも自分でやってみないと気がすまない人。

そういう人はいつも生き生きしていて、魅力的だし、

常に成長して、運もめぐってくる人かもしれません。


手帳に時々、すごく感動したことをメモします。

見直してみると、宝の山だったりします。

明日で今年の現場は完成予定。

やっと30日机の整理ができそうです。


今晩は生花の稽古。

お正月の花の予定です。

何を使うのか、とっても楽しみです。










0

山形県  

山形県には私の尊敬する経営者がふたりいます。

一人は女性の税理士先生。もう一人はカバンのお店を山形を福島に7店舗経営している社長。

お二人とも50代で、歳の一回り違い、業種も全く違うのに、いつも私のことを心配してお手紙を頂きます。

税理士の先生には、昨年、松下幸之助さんの「人生心得帖」、今年はベストセラーの「鏡の法則」でした。

私の心境を考え、その時にふさわしい本をメッセージを贈って頂きます。

今この日記を書きながら、しみじみ、なんて私は恵まれたご縁を頂いたことを、改めて感じました。

鏡の法則は、私と同じ歳の母親が主人公。

「自分の子供がいじめられるのは、実は自分が父親や夫に対して同じような態度を取っているが原因。」

というお話です。とても私は考えるところがありました。

皆さんもお正月、是非読んでみてください。

もう一人のカバンの経営者の方も、私を「もっちゃん」と言ってとても可愛がってくれます。

その年齢に見えないファッションで、いつもいろんなことに挑戦する方です。

毎年、自分の会社の銘柄の入った地酒を贈ってくれます。

そして温かく、私を見守ってくれます。


いろんな県があるのに、山形には本当にありがたいご縁があります。

改めて、お二人に感謝。






















0

雨  

今年も5日。

1日1日がたいへん貴重になってきました。

昨日も現場の掃除。

前日から雨天決行と決めていたのですが、

幸いなことに午前中は、曇り。

ついてるついてる。

外の工事は特に天候に左右されるので、ハラハラドキドキです。

でもうちの職人さんたちは、雨の中でビショビショになって頑張ってくるので

助かります。

年末の他の仕事も忙しいのに、無理してきてくれるので感謝しています。

ただ今年は30日まで、仕事が続きそう。

23日、24日も現場で怒涛の一週間です。

皆さんの年末はいかがですか?


ちなみにクリスマスプレゼントのガンプラは子供に大評判でした。

12月の頭に三男の誕生日。

そしてクリスマス。

元旦。

1月1日は家内の誕生日。

この1ヶ月は我が家のハッピー月間です。



クリックすると元のサイズで表示します

今回の現場で寄せ植え作らせて頂きました。
0




AutoPage最新お知らせ