日記初! クイズ開催。  

京都の名刹、南禅寺と竜安寺といえば、日本を代表するお庭を持つ寺。

どちらのお寺の枯山水の庭に、虎の児渡りという銘石があります。

これは中国の故事にちなんだ命名で、「窮地の創意工夫」の意味があります。


さてこの話のもとになったクイズをします。

答えは後日発表しますので、チャレンジしてください。

最初の正解の方にプレゼントを差し上げます。

是非、コメント下さい!


中学生の長男は5分、6年生の次男は10分、4年生の三男と家内は降参でした。


さて問題です。

「母親虎がいました。

子供の虎が3匹います。

そのうち一匹は母親虎がいないと、他の子供を食べるという豹の子供でした。

ある時、川を渡ることになりました。

母親虎は一匹ずつしか、反対岸に子供を渡すことができません。

さてどうやって全員渡すことができたでしょうか?」

(母親虎はどの子が豹の子かは知っています。)

クリックすると元のサイズで表示します
虎の渡しの南禅寺の石。
0




AutoPage最新お知らせ