なすび  

うちの事務所の裏は1000坪くらいの畑です。

今なすびを栽培していて、時々おすそわけを頂きます。

とってもおいしです。

私は朝事務所に7時半ころくるのですが、

その頃には、ご主人がもう作業をしています。

炎天下の暑い日も、雨の日もかっぱを着て毎日続けています。

整地、種まき、シートはり、肥料、農薬、水遣り、と実際に毎日みている

と、想像以上にいろんな仕事をしなくてはならないのが分かります。

そしてそれ以上に、農家の人の根気・忍耐・努力が、思っていた以上であ

り、自分には真似ができないと、感心してしまいます。


坂村真民さんってご存知ですか?

知る人ぞ知る、有名な詩人です。

「念ずれば花ひらく」

全国にこの石碑が建てられています。


真民さんはこう言います。

大学の偉い教授でこの言葉の意味が分からない人もいる。

でも毎日、汗水たらして働いている、魚売りのおばちゃんが、この言葉

の色紙が好きで、時々我が家に見にきては、お土産のアサリを置いていってくれる。

またある年配の方が、石碑を見て、これどういう意味なんだろう?と話しているのを聞く。

一生この言葉の意味が分からず、死んでいく人もいる。

働く姿にもいろんな姿がある。

自分ではがんばっているつもりでも、もっと祈るような気持ちで暑い日も雨の日も毎日働き続ける人もいる。


「がんばっているつもり」の「つもり」に自分が気付ける人になりたい。

週休2日で不満を言う人もいる。ありがたいと感謝する人もいる。

週休1日で不満を言う人もいる。月1日休めてありがたい人もいる。

365日休まずありがたい。と感謝している人もいる。

「真剣」より「もっと真剣」な人もいる。

真剣の「もっともっと」にはきりがない。

「念ずれば花ひらく」

その言葉の意味が分かる日が自分に来て欲しい。







0




AutoPage最新お知らせ