安住アナ  

チャンネルを変えると、いきなりTBSの人気アナウンサーの安住さんがボロボロ涙を流しているシーンが出て見入ってしまいました。

黒柳徹子さんと対談のカタチで安住さんの成功と挫折をドキュメントしていました。

安住さんは人気アンケートですべてのテレビ局の男性アナウンサーのなかでダントツの一位だそうです。

挫折シーンを通して、なぜ彼が評価を得ているのか理解できたし、彼を尊敬するようになりました。

自宅にはテレビを8台あり、必ず自分の放送をチェックしている。勉強熱心なこと。

仕事が多すぎて、自分のやりたい仕事ができないこと。仕事内容を見直せないこと。

また彼が仕事を断ることで相手が傷つくのが嫌なこと。また相談相手がいないこと。

雪のなかで、はしゃぎまわり、女優さんから「何でそこまでするの?」と聞かれたこと。

など、孤独の中でがんばる姿勢がかっこよかったです。

最後に彼が、新人アナウンサーを前に講演するシーンがあります。

「アナウンサーは見る人に感動してもらえる物作り人であってください。決してビジネスマンやセールスのような当たり前の人にならないでくさい」というようなメッセージを送っていました。

ここの彼の原点がある。私はそう思いました。

以前フィギアースケートの織田選手を、北海道出身でスケートができる安住さんがふざけておっかけるシーンがありました。その番組で織田選手は生き生きとした地を出すすてきな大学生でした。

安住さんがんばれ。











0




AutoPage最新お知らせ