ィ  

耳の調子が悪いので、耳鼻科に行ったところ、外耳炎と診断されてしまいました。

「よく今まで我慢してたね。」と言われても大人になると、行く暇もなく、ついに我慢できずやっと行く始末です。

でも耳鼻科ってたいていが子供が行くところなのか、患者さんがほとんど子供。

こどもの中に混じって大の大人が、とても恥ずかしかったので、しらじらしく、作成中のチラシを取り出して、仕事をしながら待っていました。

私は小さいころ、耳や鼻が悪くしょっちゅう通っていました。

耳鼻科結局アレルギーなので、いつまでたっても治らない印象があります。

でもある耳鼻科に行きしばらく通ったら、「もう余程悪くないと来なくていいから」と言われたときは感動してしまい、それからは必ずそこに行くようになりました。

今年その耳鼻科に20年ぶりに行ってみました。

もうその時の先生はさすがにいないだろう。

そう思って行ったら、土曜日だけは診察してるそうで偶然に再会できました。

覚えてくれていたのか、「あなたもアレルギーとは長い付き合いだからね。扁桃腺もはれて、肩もこるでしょう。たまには来なさい」と言われて心の中でジーンときました。父親のようでしたね。

しかし健康って本当に大切ですよね。

今も書きながら、耳がうまく聞こえません。

当たり前のことってなかなか感謝でないものですね。おかしくなってから気付くんですね。

でも仕事は元気ハツラツです。



0




AutoPage最新お知らせ