技  

かっこいい〜と思う物は年々変わっていく。

最近、お花を生けることがかっこいい、と思う。

好きな酒屋さんがある。

宇都宮市内の板屋ホテルの南側の通りにある、目加田酒店。

その店主の志は高い。

酒へのこだわりは、酒造めぐりにはじまり、原料のコメにまで詳しい。

そしてお酒の味わい方を学ぶ会まで行っている。

ほとんどのお酒が、冷蔵庫の中に適温で保管されている。

久保田の千寿という銘酒がある。普通の酒屋さんやスーパーでは,棚に並んでいて5千円もするが、そこでは2800円くらいで買える。

そこのお店にはいつもすばらしい花が生けてある。店主が自分で生ける作品は入り口正面においてあり、お客様を圧倒する。

かっこい〜。

そこの店主が自ら生ける。男性が生ける。

かっこいい。


柔道でわざと言うとおり、茶道・剣道・華道と道が付くものにはわざがある。

ところで技術という言葉に出てくる技を「ぎ」と発音するのと、「わざ」と発音するのは全く違う印象があるのはなぜだろう。

今子供たちの習い事は、塾がほとんどになってきた。

大人は学校を卒業しても、資格中心の勉強しかしなくなる。

茶道、華道などなかなか、余裕がなくいけない。

だから技術は学ぶが技を学ぶ機会が減った。

仕事は、感動していただけないと、受注できない時代になり変わりつつある。

当たり前の仕事は技術。

感動してもらえる仕事はわざ。

うちに来る職人さんたちは、若くてみな忙しい。

みな共通しているのは、わざを持っている。

仕事を突き詰めてわざを身につける。

それはその仕事に志がないとできない。

「わざ」を磨く。

わざを持った人と話すのは楽しい。そしてかっこいい。




クリックすると元のサイズで表示します

私も国道沿いの窓に花を飾りました。

通りすがりに見て下さい。ありがとうございます。

0




AutoPage最新お知らせ