長崎・佐賀・福岡  

先週、長崎に出張してきました。

風花の石原社長と打合せでした。

一泊二日でしたが、旅費節約のため、福岡から長崎へ特急つばめを使いながら、北九州電車の旅でした。朝4時のバスのため、ほとんど寝ていましたが。

でも途中すがら、菜の花や梅の花が咲いていて、さすが九州暖かいのを実感しました。

翌日は佐賀県でもう10年以上付き合っていて、やはり佐賀県で風花ガーデニングをしている、友人にあってきました。

もう親戚付き合いと同じで、とても良い付き合いをさせてもらっています。

九州では風花とイオングループが提携していて、各県のジャスコに風花の展示場があります。彼は九州で一番大きい店舗でがんばっているのです。

途中展示コーナーを見せてもらい、

おれもやらんばいかん

と突然九州弁でやる気を燃やして帰ってきました。

そして帰りは松下電工の部長で、九州に出向中の人に会い、お昼をたべながら、情報交換をしてきました。

今の私にとってとても大切な3人に今回、会うことができました。
栃木にいるのに、長崎・佐賀・福岡と隣り合った県に縁があるのが不思議です。

帰り佐賀の友人が長崎、佐賀、福岡と車でずっと送ってくれたのですが、
飛行機の時間まで一時間だけ時間があったので、「思いが適いますように」と途中大宰府天満宮へ連れて行ってくれました。

菅原道真が詠んだ、あの有名な松、「東風吹けば、においおこせよ梅の花、あるじなしとて春な忘れそ」が半開で咲いていました。

梅のにおいをかぎながら、花が満開になるように、木りんも立派会社になれますよう、お祈りしてきました。友人との一生忘れない思い出です。

山形・福島・栃木・茨城・埼玉・千葉・東京・神奈川・大阪・京都・福岡・佐賀・長崎全国に公私ともに応援してくれる、仲間がいる。そう思うと自分がいかに友人に恵まれているか、実感できました。

きっと花を咲かせてみせる。








クリックすると元のサイズで表示します
0

本番に強い人  

本番に強い人弱い人。オリンピックを見ていると、いろいろ考えてしまいます。

ふと私が考えた結論は、「本番直前で悩むか、すでに十分に悩んできたのでもう悩むことがない」のどちらかで決まる。そう思うのです。

若い人たちは当然経験も少なく、悩む時間の少ない。でも短ければいいことでもない。悩み時間回数が多いほど、諦めてしまう、回数も多い。

だから、悩む時間、そして耐える、そして乗り越える、その回数がその人を本番に強くするのではないだろうか。

スノーボードの選手たちが、そこそこ良い成績を残して来て、望んだ試合。

オリンピックで初めて、よりレベルの高いアメリカの大会を乗り越えてきた選手に接して、彼らは自らの本当の力を自覚し、あわてて悩みだす。「こんなはずではなかった。」そして難度の高いものにせざるをなえなくなった。その場で急にレベルアップするのだから、2回やって2回とも失敗する。一か八かでは本当の世界一にはなれない。

若いスケートの選手も同じ、「オリンピックは楽しく」同じ楽しくでも、ゴールドメダルを取った人の楽しくとは深さが違う。

参加してみて、他国の選手のオリンピックに対する深い思いに驚き、悩みはじめる。

言うのは簡単だ。でもどんな人でもその人なりに、絶対ここでは失敗できない。そんは場面は、人生に何度かあるはずだ。

オリンピックやワールドカップなど表舞台ではないかも知れない。

就職試験。入学試験。契約。舞台。

どうすれば成功するのだろうか。

やはり、深く深く、ぎりぎりまで悩み続け、それでも諦めず、また妥協せず、準備し続け、そして本番間まで緊張しなが、

ふと舞台に立ったとき、100%完璧でないにしても、自分らしくある。

やはりそんな修羅場をどれだけくぐったか。

そして、それは決して年をとっていればだれでも良いわけではない。

年齢を重ねても、いつもそんな場から逃げている人は、変われない。

若くても、それを自覚してできる人もいる。

荒川選手・村主選手・中野選手・彼女たちのオリンピック選考会のノーミスの演技を思い出す。

浅田選手に連敗し続けた荒川選手の金メダル。
ノーミスでメダルがとれなかった村主選手
オリンピックに出場できなかった中野選手。
天真爛漫で年齢で参加できなかった浅田選手。

確かに8年前テレビのスポーツーコーナーで、13位の荒川選手が何秒か紹介されたのを思い出した。

そう、直前まで、どんな絶望があっても、やり遂げた人が本番に強い。

私はそう思います。

0

引越し  

事務所を引越しました。

仕事を継続しながらなので、一週間かけての移動です。

人間の適応力って不思議ですね。

10年以上働いていたところかの移動なので、感傷的になるかと思ったら、やることが多くてそんな事を考えている暇がなく、もう今の場所に居ついた気になります。

私などは自営業ですから、移動はありませんが、サラリーマンの方は4から5年ごとに転勤があり、家族全員で引越しで、知らない町で仕事を始めるのですから、恵まれているかもしれまんせね。

人ってついつい居心地がいいと根をはってしまい、積極的にならなくなるので、気持ちも新たになり、かえってエネルギーをだすようになるかも知れませんね。

引越し先は、今まで会社があった293号線と日光街道119号が交わる所に、徳次郎の交差点があります。(バーミヤンが目印)

その交差点を南に宇都宮方向に向かって100メートルの道路沿い、東側にあります。平屋で黒い建物ですので、目立ちます。

一応3月オープンということなので、まだ旗など立てていませんが、今までより結構目立ち、便もいいので、是非お立ち寄りください。

滝沢社員がデザインしたのですが、私もたいへん気にいっています。

これからが楽しみです。




0

肩  

起きると、右肩が痛くて上がらない。

前の日そんな重労働していなにので、寝違えたのかもしれない。

そう思い家内に相談したら、

それ  「しじゅうかた」じゃない?

一瞬何か分からず、俺の肩は鳥になったかと、考えていると

40肩
と言っていることが判明しました。

40になったばかりで、そんなことがあるのか!

数日後、小林内装さんと話していて、

同じ学年なので、聞いてみた。

小林さん最近肩痛くない?

「そうなんですよ。よく朝起きると肩が痛いことがあるんですよね」

「・・・・・・・・・」

もう少し運動することにしました。

(しじゅゆから *鳥の一種)
0

橋本  

バキ

3日前食事をしながら、子供と話をしていて、箸をかんだとたんへんな音がした。

その時はなんともなかったのが、今日突然痛み出し歯医者さんに行きました。

折れたとき痛くなかった?
先生に聞かれたのですが

確かにその時痛んだのですが、ほっておいたら、かぶせていた銀歯が少しづつ取れだし、ついにしゃべれなくなりました。

歯医者さんって苦手なのですが、

(皆さんのそうですよね)

お世話になっている、歯医者さんは趣味が共通で、初めて知り合って20年になります。(年は一回り上ですが、昨年の暮れは仕事納めの晩にふたりきりで忘年会をする仲です)

麻酔を打たれながら、

ああ この先生だったらこのままあの世に行っても
しょうがない。

などと大げさに思いながら、治療を受けました。

でもとっても上手で安心できる知り合いがいて幸せです。

なぜ麻酔が苦手かというと、

学生時代下宿していて、近所の歯医者さんに通った時、

麻酔を打たれてしばらくしたら、

なぜか私は花畑を歩いていたのです。

「だいじょうぶですか?」先生と看護士さんが心配そうに私の顔を覗き込んでいました。


あぶなかった

今の先生は県内でも有数の麻酔医でもあり、とっても安心です。

どんな仕事でも、安心って一番大切ですよね。

安さで選ぶと、痛い目に会いますね。





0




AutoPage最新お知らせ