持久走大会  

うちの子供たちの小学校は年に1回マラソン大会があります。
上のお兄ちゃんは卒業したのですが、3人とも毎年走ります。

長男はいつも40位くらい。
次男はいつも19位くらい。
三男はいつも3位か4位です。



同じ親なのに、どうして違うのかな。
決してだれも手を抜いているわけでないのに、どうして違うのでしょう。
同じ学年で、早生まれ遅生まれがあるから、体格で差がつくのは
わかりますが、不思議ですよね。顔なんかそっくりなんですが。

そう思うと、いそがしいので、3人とも同じように扱いますが、
本当は、それぞれ替えてあげないといけないかもしれませんね。


今年三男は、大会前の10くらい前から風邪で休んだりしていたので、
残念ながら、順位をかなり落としていました。
精一杯がんぱったのにかわいそうでした。


でもこれって人生と同じかなと思ったりします。
小学校6年間 6回走ります。
いろんなアクシデントがあります。
大切なのは、その次。
もう一度がんばるか。まこんなものでいいか。
アクシデントをどう捕らえるか。
つらいけど、たいへんな方を選ぶか、楽な方を選ぶか。
それは、もとの体力や技術でないし、風邪などの運でもない。
本人の考え方次第ですよね。

いろんなところに勉強するものが、あるんですね。
0

俳優   

女優の柴田りえ さんってとても個性的な人ですよね。

あるテレビ番組でこんな事を話してられました。

あせって仕事をしていたころ、「きらきら光るような才能が
ないと思っていた時期があった。」

でもある時「なくてもいいんだ。好きだったらいいんだ。
好きなことをやっていればいいんだ。」そう思うようになったそうです。

夢を諦めるのって、実は人の才能をうらやむのでなく、自分で自分の
才能を殺して、本当は人のせいでなく、自分のせいなのかもしれませんね。

昨日で終わった日経の私の履歴書。ある俳優のお話でした。
昨日家に帰って、最終回を読んでいたら、涙が止まらなくなりました。

苦労して苦労して、自分の本格的な稽古場を完成してその公開の席で
ともに苦労し、2年後になくなる奥様が
「私たち、ここでお葬式したいと考えています。」
と文章が始まり、自分の履歴書の最後は、なくなった奥さんの骨に向かって「すこし待たせるだろうが、いずれ私もそっちに行く。そして
一緒にお墓に入ろう。」

子供のころ戦後、貧困生活を送り続け、でも人生を諦めないで、俳優になり、俳優になってもどちらかというと、陽の目を見ない、コースを歩みながらも、女優であった奥さんと、二人三脚で俳優の塾までつくり、
自分の演技だでなく、後進の育成にまで勤めた人の生き様は、もう
おどろくばかりの履歴書でした。もう諦めても当然の環境のなか、
生まれた、その人の人格、そして、書く言葉は、もう活字というより
私の魂をそのまま揺さぶる、言霊でした。

もっともっと、つらい人生があり、それを乗り越えがんばっている人がいる。

人は才能ではない。ゴールにたどり着く、お金や財産や名声でもない。
やはり夢に向かって進み続ける、情熱なんだな。そう感じています。

仲代達矢さんの履歴書は本当にすばらしかった。





0




AutoPage最新お知らせ