烏山の友人  

烏山にクローバーというステーキ屋さんがある。
地元ではたいへん有名で、県外からもお客様がくるほどだ。

そこの店長が、私と中学と高校が同じ。
昨日久しぶりに会った。

まだ若いのに急に白髪が増え、いつ会ってもやせていてスマート
タキシードが本当に良く似合う。

飲食に限らず、お店は立地。
彼のお店は、烏山でも東端にあり、市街地からも那珂川を渡って
来なくてはいけない。

にも関わらず、100席は入る多いなお店は、
昼はいつも満杯で、長いときは1時間待ちもある。
夜も同じそうだ。

知人から、「あの店は必ず、お客様のしぐさを見ていて、合図すると
すぐ気づいてくれる。」そう聞いたこともあった。

そして年2回、自筆の手紙をくれる。一度社員と一緒に行ったが、
彼にまで欠かさずくれる。

昔から、自分の道をまっすぐ進むタイプだった。
それが、仕事に彼の個性が100%移っている。

仕事は仕事。趣味は趣味。バブルの頃。そういう時代があったし、
コンサートや、趣味の教室など、に通うことが、ステイタスだし、
今でもそうだ。

でも商人はそれを提供する人間であって、自分まで気持ちは
ゆらいではならない。それも20代から60代までは。

「去年同窓会来なかったね。」
「今まで忙しくて、この20年休日はほとんど休めなった。
 最近少しは休めるようになったので、誘ってよ」

帰り際、車まで見送ってくれた。

「いつ会っても細いね。体調大丈夫なの?」
「今度、お店でコンサートをするので、その企画や
メニューの入れ替えで、ここ何日か2時間しか寝ていない」

がんばって欲しい。
私も負けられない。
言葉からでなく、彼の生き様から教えてもらった。

一度クローバーへ行ってください。
佐々木店長が迎えてくれます。




0




AutoPage最新お知らせ