ビスマルク  

いよいよ10月に入りました。
今日は天気が良い日が続き、過ごしやすい日が続きます。

さてビスマルクの言葉にこんな言葉があるそうです。
「愚者は自分の経験からしか学ばず、賢者は他人の経験から学ぶ」

一生懸命にがんばっていると、時には一つのことに、こだわり、
廻りが見えなくなってしまいます。

特に、困難にあったり、努力した人はその印象が強く残ってしまう。
中小企業の経営はみんな個性があり、自分のこだわりが
ある人が多いですよね。

また、成功体験が強い人も、こんなにうまく行ったのだから、
自分は絶対に正しいと、いつまでも思い込んでしまう。


だから、いつもいつも、自分の常識を疑ってかかる。

それが思い込みでないか。
自分が変われないから、正しそうな言い訳をしている。
よく考えてみれば、本当の理由はそれではなかった。
実は周りの人は気付いているが、同情したり、怖くて
言えないのではないか。

自分の経験しらしか学ばないのは、なぜ?
プライドが高い?
すなおでない。
一生懸命が過ぎる?
自分が正しいと思い込む性格?
負けず嫌い?
勉強嫌い?
人の話が聞けない?
自分の欠点を見るのが嫌・
自分の経験だけで判断するのが楽?
本を読むのが嫌い?
勉強嫌い?
言い訳が上手い?
自分は人の話を聞いていると思っているが、実際は自分のことしか
話していない。
その話はもう知っている。

自分の経験からしか学ばない人は愚者である。
自分もなんで愚者だったんだろうと、気付いた言葉でした。



0




AutoPage最新お知らせ