トトロの住む家  

私の理想のリフォーム像。
宮崎駿さんが書かれた「トトロの住む家」にある。

「古い家が次々と姿を消す東京にいると、自分たちの少年時代が
歴史から消えてしまう。せめて記録にとどめられないかと
始めた企画なのだが・・・」

という文章で始まる。

家がただの物として扱われるのでない。

家がなくなっても思い出は消してなくならない。
のではない。

忘れるということは、人にとって良い時もあるし、悲しい時もある。
忘れるから心の傷が消えていく。だから前向きに生きていける。

でも家族の思い出も消えていけば、絆も薄くなっていく。

忙しい社会で、今生きていくことで精一杯だとすると、
なにかのきっかけがないと、思い出したいことも、時間の中に
埋もれてしまい。奥のほうから引っ張り出すことはたいへんだ。

でもお盆に家に帰る
強い日差しの下、田んぼの草の匂いを嗅ぎながら歩いていると、
ふと小学生の頃を思い出し、自然に笑顔になる。

落ち着いて、出された番茶を飲みながら、畳の上で懐かしい家を見渡すと、なんとも言えない、うれしい気持ちになる。

その家が、待っていてくれるから、そんな気持ちになれるのであって、
会話に出てきても、写真を見ても、そこまではならない。

当社で仕事をさせて頂いた、古民家のお施主様も、親戚が帰ってくると、
残してある、戸ふすまや、柱を見ては、同じ思い出を繰り返し、繰り返し、うれしそうに話してくれると聞いた。

だから、リフォームは建築業かもしれないが、思い出保存業かもしれない。

もっとかっこいい言葉があればいいが、そんな気持ちでいたい。

本の中の目次もいい。
「人と草木と家が、同じ時を生きて作り上げた」
自分たちががんばっている。ガーデニング事業もその想いだ。

そして最後の『「世の不思議」をたたよわせる家がいい』
では宮崎さんはこんなことを述べている。

「興味のもてる家というのは、『闇』みたいなものがある家ですね。
それをつくった人や住む人の、心のひだの奥行きが感じられるような。」

「今の基準からみると間違いなく不便。それでも『アルミサッシは嫌なんです』と言っておられる。セオリーどおり夏暑く冬寒き。家人のだれかが
自己主張しないと生き延びないですよね、ああいった家は「『闇』と
『迷宮』を守り通すおじいちゃんの頑固。その分ほかの大人たちはえらい
迷惑をこうむっている。

でも僕はそんな家は子供にはきっと何かを残すと思う。
僕は「この世には不思議なものがあるんだ。」
というのを、世界認識の根底に持たなくなった時、人間はずいぶん
薄っぺらになりはしないかと、心配するんです。・・・(途中省略)

今風の家はどんどん密閉化されていっていますね。庭はブロック塀で
囲み、家はアルミサッシで外界を遮断する。あれは音や、湿度や、
虫や、そして他人とも関係を絶ちたいという願望の表れなんでしょう。
それでエアコンの排気やゴミや迷惑は全部外に吐き散らしている。
・・・・

宮崎さんが取材し、写真やイラストを交えたとても楽しく、癒される
本です。ぜひご一読ください。古い家を残すことの意義がわかります。
0

ありがとう  

橋本日記をご覧頂きありがとうございます。

ありがとうございます。感謝についてある著名な経営者が
こんなことを言っています。

困難や逆境にあった時こそ感謝する。それはよっぽど修行した
人でしかできない。しかし、理性でそれをする。

人は順調な時、感謝するか。というとそうではない。
もっともっと と欲を出し、現状を感謝しない。
自分の力でここまで成功したんだと思う。

逆境の時は、なんで俺だけがこんな目に会うんだと、
世をうらみ、他人をねたみ、原因を他人のせいにする。

神様が、先々よい事がおこるようにと、試練を与えてくれたのに、
感謝せず、前向きな努力をせず、一生を棒に振ってはもったいない。
ではないか。

人間の習性を理解しないで、何も考えず生きていると、そうなってしまうんだと、今朝読んだ新渡戸稲造の本にも書いてありました。

人をお世話するとき、必ず後で迷惑を受けることを覚悟しなければいけない。

つまり、ある人の就職をお世話した。その人は困っていて、給料は安くていいから、ある地位に着きたい。と頼まれた。

しかしお世話したものの、1年立っても給料は上がらず、そのうち、やりたいことが、上の人とも意見があわず、給与の不満もあって、やめざるをえなかった。やめた後、なんであんな所を紹介したんだと、逆に恨まれた。


またある時、何度も転職癖のある人が、今度こそと思い、就職のお世話を
たのんできたが、落とされた。その人いわく、自分のことを先方に良く
言ってくれなかった。と逆恨みされた。


仕事以外でも、北海道と自分の郷里から、自分を訪ねて青年が来たので、
一日案内をした。その後北海道の青年からは、本当に忙しい中、案内してくれて、感激していると、礼状が来た。

もう一方の青年は、たった一日しか案内してくれず、途中うなぎをごちそそうされ、てい良く追い払われた。

まったく同じ事をしても、それぞれ結果がまったく反対になる。

と新渡戸稲造さんは書いている。

自分の今省みて同じことがいえる。
新規のお客様で、一生懸命通ってお取引いただいたのに、
急に他の会社に頼まれるようになって、逆に相手をうらんでしまう。

でも実際は、自分の手違いやミスが熱心さがたらないのに、原因を
相手のせいにしてしまう。

困ったときは、お願いして、順調な時は自分勝手になる。

人はそういう習性だから、いつも反省して、感謝ができる人になりたい。
そして人のことより、まず自分の足るを知らずを反省していたい。
0

キャッチボール  

男の子が生まれたら何をしたい?

おとこ親なら、将来一緒にお酒を飲み交わしたい。
釣りに行きたい。
自分の趣味を一緒にしたい。
いろいろあると思う。

その一つにキャッチボールもある。
昨日早起きして、長男とキャッチボールをした。

気がつくつと、もう家内と身長は変わらない。
私のちょっと小さくなった、ポロシャツをうれしそうに
着ている。靴はもう私と同じサイズだ。

昨日気がついたら、自ら座ってキャッチャーになって
投げてこい。とジェスチャー。
思い切って全力で投げた。
簡単に取る。

あれいつの間に私の一番早い球をとれるようになったんだ。
中学1年生になった長男。いつの間にか、ちょっとだけ
頼れるようになった。

家のクロスの壁に鉛筆で3人兄弟の身長をしるしてある。
今は柱の傷でなく、クロスの跡に変わる。

気がつくと子供は変わっている。いろんな想い出がたくさんあると
何か残っていないと、二度と思い出せない。
写真もいい。そして家も家族を見守ってくれる。
だから家を大切に使うことは、家族の思い出も残してくれる。
年とともに、懐かしさが、心を癒してくれるようになる。
0

ビスマルク  

いよいよ10月に入りました。
今日は天気が良い日が続き、過ごしやすい日が続きます。

さてビスマルクの言葉にこんな言葉があるそうです。
「愚者は自分の経験からしか学ばず、賢者は他人の経験から学ぶ」

一生懸命にがんばっていると、時には一つのことに、こだわり、
廻りが見えなくなってしまいます。

特に、困難にあったり、努力した人はその印象が強く残ってしまう。
中小企業の経営はみんな個性があり、自分のこだわりが
ある人が多いですよね。

また、成功体験が強い人も、こんなにうまく行ったのだから、
自分は絶対に正しいと、いつまでも思い込んでしまう。


だから、いつもいつも、自分の常識を疑ってかかる。

それが思い込みでないか。
自分が変われないから、正しそうな言い訳をしている。
よく考えてみれば、本当の理由はそれではなかった。
実は周りの人は気付いているが、同情したり、怖くて
言えないのではないか。

自分の経験しらしか学ばないのは、なぜ?
プライドが高い?
すなおでない。
一生懸命が過ぎる?
自分が正しいと思い込む性格?
負けず嫌い?
勉強嫌い?
人の話が聞けない?
自分の欠点を見るのが嫌・
自分の経験だけで判断するのが楽?
本を読むのが嫌い?
勉強嫌い?
言い訳が上手い?
自分は人の話を聞いていると思っているが、実際は自分のことしか
話していない。
その話はもう知っている。

自分の経験からしか学ばない人は愚者である。
自分もなんで愚者だったんだろうと、気付いた言葉でした。



0




AutoPage最新お知らせ