師  

先日私の恩師上甲晃先生とお話できました。

西那須の商工会議所青年部の主催で講演会があり、
2時間にわたり、熱いお話を聞くことができました。

上甲先生は、松下政経塾に14年間おられ、多くの政治家を
育てられました。政経塾を退塾後、20から30代の若者が
志について学ぶ塾を開かれ、毎年全国から100名ちかい
人が集まり、勉強をしています。

松下幸之助から学んだこと、自ら全国を回り気付いたことを
伝えていくことで、志を持った人を育ていくため、がんばって
おられます。

幸之助さんから学んだのは
「自分のやることが、うまくいかないのは
自分の考え方が間違っているから」

「売れるはずがないと思っていると、売れるものも売れなくなる」

「この業界の未来はない。と思った瞬間から、その人の明日が
消えていく」

「大きな電気屋より、最初立地の悪い所から始めたところが、今
残っている。なんとかせないかん。人と同じことをしてはいかん。
そう思うから。だから工夫できました。だから売れません。
どちらを選ぶかだ」

「良い条件の時はだれでも良い考え方ができる。
悪い条件の時良い考え方ができるか」

「全てを生かす考え方ができるか。BSE問題でも、過ぎたことは
しょうがない。涙を流しながらでも解決するのが商人だ。」

幸之助さんは「ないものを嘆くな、あるものを生かせ」
お金以外にいっぱい財産を持っていることに気付く」
やる気がある=財産
狭い土地の農家と広い土地の農家。長い時間あると必ず狭い農家が勝つ。
「金力有限。心力無限。」

もうだれも助けてくれない。→ 覚悟が出来た時→ 本当に力が出るとき
自分の事業は自分がなんとか守ってみせる。  自力


まとまっていませんが、以上のような内容でした。

ないものを嘆くのでなく、あるものを活かす。心に刻みました。



植物学者の宮脇さんもこの様に言っています。

「私の76年の経験から言いますと、

人間は本気になれば、

100%は無理かもしれませんが、

多少の時間の差が出るかもしれませんが、

97、8%は必ず思いを遂げる。

もし、うまくいかない時は、みなさん考えてください。

手抜きをしているか、油断しているかです。」
 

(宮脇昭)



最後に私は上甲先生から「難は宝なり」と本に署名して頂き、
熱い握手をしてもらい、帰ってきました。
師を持てて本当に幸せです。

0

石原さん  

24日・25日と長崎へ行ってきました。
日本一のガーディナー石原和幸さんと打ち合わせです。

朝の4時50分のバスに乗り、長崎空港に到着したのは10時半。
石原さんも前日から大阪へ出張していて、11時に長崎に長崎空港に
到着するので、飛行場で待ち合わせでした。

石原さんが「長崎へいらっしゃい。あれでもなんで俺が出迎えられて
いるの?」と言いながら、私が借りたレンタカーで一緒にまる一日
同行しました。

新しいガーデニングの現場は更に進化しており、石原さんのデザインが
無尽蔵で、毎日毎日常に今までにない物を生み出していました。

地元宇都宮では決して見られない、曲線、材料の使い方、色使い。
びっくりです。

TV情熱大陸のスタッフが撮った、ガーデニングの世界大会準優勝の
DVDをもらい、「来年は優勝だ」と叫ぶ、石原さんの言葉も、
見せてもらった現場から、決して不可能ではないと感じています。


今回は、たまたま、地元テレビ番組の生放送があり、一緒させて
頂きました。5時放送で準備のため、3時にスタジオ入り。

打ち合わせを最初から見せてもらい、石原さんとプロのアナウンサーの
真剣勝負を、ぱりぱりする緊張感の中、見学しました。

さすがの石原さんも生放送は、編集なしなので、緊張ぎみ。
しかしながら、本番になると、さまざまなアドリブも飛び出し、
リハーサルより、さらに内容を良くするのは、さすがでした。

なにげなく見ているテレビも、実際出演するとなると、かなりの
才能と技術がいるんだと、勉強になりました。


その後、石原さんと夜の3時頃まで食事をし、今後の事業の打ち合わせを
して来ました。

木りん倶楽部のガーデニングもご期待ください。


さて
10月22日23日の新築内覧会、ご来場の皆様ありがとうございました。

宇都宮のお客様も多く、大変遠く、難しい道のりにも関わらず
お越し頂き、心から感謝申し上げます。

あの立地で、地元の方に宣伝しなかったのに、多くの方に
ごらん頂きました。ありがとうございます。

0

坂村真民  

坂村真民という詩人をご存知ですか?

90歳を超える真民さんは、四国に住み、40年以上「詩国」という
月刊詩集を出し続けていられる。

「念ずれば花ひらく」全国のいたる所に石碑がたっていて、目にされた
方もおられると思います。

私も8年前にそこ方の詩集を頂いて、存知あげていましたが、
なかなかその詩の内容の境地まで、いや足元までたどり着けないで
いました。

今朝その詩を開けて、久しぶりに読んでみました。
深い、重い詩の内容の中に、否定ではなく、命の強さが
読む人の心の中に現われてくる、有難い詩でした。

プラス思考という本がたくさん出版されていますが、
単に楽観的な考え方ではなく、

真民さんの詩のように、困難や苦しみのを経験し、そこから
逃げないで、立ち向かおうとする、人間の小さな勇気が
本当の前向きな姿勢なのだな、と思うのです。

「2度とない人生だから」「1回限りの人生だから」
二つを並べてどちらをとりますか?

真民さんは まだ深く人生を知らない若い人は、後者を選ぶだろう。
でも、人生の辛酸をなめ、生き抜いた人は前者をとるだろう。
こう語っています。

人生を深くしらなくても、現在成功している人もいる。現在困っている人もいる。

深く人生を知らなくても、順調な人もいる。逆境の人もいる。

長い人生で考えれば、トータルでは幸せでも、ある時期逆境にいる人は
その時は悲しみに耐えている人もいる。

真民さんの詩は、励ましてくれる。



四訓

川は流れていなくてはならぬ。
頭は冷えていなくてはならぬ。
目は澄んでいなくてはならぬ。
心は燃えていなくてはならぬ。




追伸

今週の22日 23日に 木りん倶楽部の新築内覧会を
開催させて頂きます。

OBの皆様にはDM、また10月21日(金)の下野新聞にも
広告を出させて頂いています。
不明の方は090-4673-9152までお問い合わせください。

昨日現場を見てきましたが、当社の滝沢の熱意が伝わる
建物に仕上がっています。烏山で遠いかも知れませんが、
来ていただいて後悔しない自信があります。
ぜひ皆様ご来場お待ちしております。
0

奥野 史子さんに学ぶ  

先日新聞に銅メダリストの 奥野史子さんの記事が載っていました。

「子供と育つ」という子育ての話なのですが、「やり過ぎるくらいの努力で丁度いいという気持ちを、子育てにも持ち込んだのがいけなかった」
という文章ではじまる。

私はもちろん男親なので、子供を生んだことがないので、何も言えないがが、一生懸命何事にも取り組む人って、ついつい自分で勝手にがんばって
疲れてしまって、今度は自己嫌悪に落ち込む人って多いと思う。
まじめ過ぎて、かえって周りから、浮いてしまったりする。

奥野さんは子供を育ってて気付いたそうだ。

「今までいかに自分のためにだけに、生きていきたか、どれだけ多くの
人に支えられてきたかということ。選手時代は勝つということだけを
考え、支えられているのが見えずにいた。自分が他の人を支える
立場になって初めて心から感謝する気持ちがこみ上げてきた」

何事も世界の頂点まで登りつめ、一つのことを極めた人の言葉は
本当にすごいですね。

選手をやめ、一息つき、新しいことに挑戦し、挫折して、気付くことがある。

周りは気づいているのに、自分だけわからない。
がんばればかんばるほど、あせり、ぎくしゃくしてくる。
でもひとつのきっかけで、支えられていることを、頭でなく、
心から感じる。

私もいろんな失敗や挫折をして、奥野さんほどではありませんが、
自分勝手な生き方に気付き、反省しています。
0

グレートムタ  

うちの職人さんに狐塚さんという建具屋さんがいる。

私より一つ年上だが、同世代なので話しが良く合い、大好きだ。

ぱっと見、ものすごくこわい。(こわそう。でなくこわい)

なぜなら、頭がつるつるに剃っていて、したあごにひげを生やしている
からだ。

本当にプロレスラーで有名な武藤けいじにそっくりなのである。


でも話ととてもおもしろい。ディズニーに出てくる、人の良い
海賊のようだ。

あて、その海賊に・・・間違い狐塚さんにお客様にご依頼を受け、
納戸に3Mの棚を取り付けてもらった。


とりつけ終わった後、お客様の前で、その海賊は・・・(また間違えて
しまいまた。だって思い出したら、タオルを頭にまいていたので)
その棚にぶら下がり懸垂を始めたのです。

奥さんどうです。体重80キロで懸垂してもこれだけ丈夫です。
(・・・80キロはさばをよんでいるが・・・)

真剣勝負。つけて終わりでなく、ここまでやるか。
今市の海賊・・・なかなかやるぞ。私も負けられない。

OBの皆様、海賊話は内緒にして下さいね。
0




AutoPage最新お知らせ