まねぶ  

学ぶという言葉は真似るから来たという話があります。

毎日いつもとおなじ場所でおなじ時間内でいつもと同じ人と出会いっていると本当に何も変わらない。そう感じる毎日です。

なんとなく、知らない人と会うのはめんどう。はずかしい。緊張してしまう。

新しい人と出会う。新しいことをやってみる。エネルギーをたくさん使うのでたいへんですが、でも逆に得るものも大きいですね。

先日ある美大の先生と話をしてとても勉強になりました。

今まで異業種交流会やセミナーで新しい出会いはありましたが、ビジネスを軸にしての交流なので、同質の変化はあっても異質の変化までは残念ながらなかった気がします。

ここ最近、合うメンバーが変わってきました。

軸が変わったのかもしれません。(軸というとカッコいいのですが、単に興味が変わったのでしょう)

その先生は草や花を描きます。

もう書く前にイメージはできている。

普段から自分の引き出しをつくるので、いろんなものを観察している。

森の中にはいったり、草のにおいをかいだり、雲をながめたり、石を集めたり。

素敵な石を見つけたら、どうやったらこんなきれいな石の色をだせるだろう。自分は絵でどうすれば表現できるだろうか。

忙しかったので、10分位の時間だったでしょうか。でもとっても貴重な話を聞かせてもらいました。

絵を描く、デザインをする。花をいける。ガーデニングの図面を書く。花を植える。ものすごくクリエーティブな仕事です。

創作する現場のプロから物つくりの方法をまねぶ。

普段どんな人と付き合うかで、自分の仕事もずいぶん変わります。




0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ