2月6日福岡レッスン♪その1  

一昨年から数えて早6回目となったフェルデンクライスメソッドの福岡レッスン♪
思い出すと最初は『Do You Know フェルデンクライス?』状態でした。
あ、今もほとんどそうなのですが…^_^;
クラス数だと合計で13クラス☆
あら、意外とたくさんやっていますね…^_^;
回数を重ねると、やはりレッスンの内容はどんどん進歩はしていっています!^()^
内容に関してはまた(できれば)明日書くとして、今回もありがとうございました!
今回は昼1クラス、夜1クラスの開催でした☆
ご参加された方々をはじめ、多くの方々に感謝したいと思います☆

クリックすると元のサイズで表示します
0

いよいよ明日!  

いよいよ明日ですね!
福岡でのフェルデンクライスメソッド☆
昼クラス(アーティスト・パフォーマー向けクラス:赤坂けやきレンタルスペースで開催)、夜クラス(腰痛対策クラス:書斎りーぶるで開催)ともに定員までまだ余裕があります。
ピンと来た方、ぜひどうぞ〜♪
0

横浜中華街にてーその1  

2月1日、友人と横浜中華街に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

以前は歩いて行ける距離に住んでいた頃もありましたが、
横浜から引越し、気づけば中華街を訪れるのも3年ぶりくらい…。

山下公園側から入ったところの飲茶のお店(翠華だったかなぁ〜)がサンマルクカフェとスポーツクラブになっていたのにまず驚きました。
学生時代に大学の先生に連れて行ってもらったことがあり、先生とそこの経営者が知り合いということで、その後も通るたびにそのことを思い出していたお店です。
また、街全体として、肉まん等を店頭で売るお店と食べ放題のお店が増えた気がしました。
中華料理をある程度の人数で囲んで…という昔ながらの中華料理店が激減した印象でしたね。月餅を売るお店も減った気がしました。

肉まん等を店頭で売るお店が増えたというのは、要は回転率を上げたい、ということかな、と思いました。テーブルでゆっくり食べるお客さんよりも、店頭で1つ400〜500円の肉まん等をどんどん売った方が儲かる…という感じなのかなぁ、と。

食べ放題の方はなぜこんなに人気があるのか?
自分がだいぶん前に「食べ放題」にはほとんど惹かれなくなってしまっているので、
正直理由がよくわからないのですが…
やっぱり、「制限なく食べられる!」という、一種の解放感ですかね。
本能的な欲望である食欲を満たしたい!
食欲という欲望を解き放ちたい!!!
あとはオトク感…?
たくさん食べて元を取ろうという。
あるいは、家族連れだと、たくさん子どもが食べても次々追加注文をしなくていいから安心、という安心感とか…?
ちなみに私が「食べ放題」に惹かれなくなった理由は、自分の場合はそうそう元は取れないな、と感じてしまったことですかね。
あと、お店によっては
「“バイキング”というより、“単なるセルフサービス”なんじゃないの?これは?」
(=単に人件費を削ってるだけなんじゃないのか?)
ということがあったり…
あ、中華街のお店でではないですよ。別の場所でのことです。10年以上前の話。

同じ解放感なら、食欲もいいけど、フェルデンクライスメソッドの方が…と、ふと思ってしまったり…^_^;
0

体力についてのお話  

健康運動指導士の方の仕事で、先日から数カ所で体力についてのお話をしています。
これまた9月に一度したお話ではあるのですが、忘れている人もいると思いますし、10月から参加された方は聞いていませんので、もう一度 ^_^
「“体力”と一言で言ってもよく考えたらいろいろな意味で使ってますよね?」というお話です ^_^

☆これまでの健康ミニ講和のテーマ
 5月「ウォーキングについて」
 6月「脳について」
 7月「筋肉について」
 8月「運動の種類について」
 9月「体力について」
10月「ロコモティブシンドロームについて」
11月「脳について」(6月の復習)
12月「ウォーキングについて」(5月の復習)
 1月「体力について」(9月の復習)
0
タグ: 体力

次回福岡レッスンまであと2週間^0^  

早いもので、2/6(木)開催の次回福岡レッスンまであと2週間となりました!
昼クラス(アーティスト・パフォーマー向けクラス:赤坂けやきレンタルスペースで開催)、夜クラス(腰痛対策クラス:書斎りーぶるで開催)ともに定員までまだ余裕があります。
迷っている方、来て下さるといいなぁ〜♪
0

2月の福岡レッスンのチラシ☆  

年末年始明け、新年のいろいろなことが始動し始めた…と思っていたところ、
よく考えたら4週間後の今日(2/6(木))は福岡でレッスンの日ではないですか^0^
ということで、そういえば、まだアップしていなかった2月の福岡レッスンのチラシをアップしたいと思います!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回は午後1クラス、夜1クラスの合計2クラスとなっております^0^
ぜひ多くの方々のご参加をお待ちしております!

0

明けましておめでとうございます!  

新年明けましておめでとうございます!
今年は1/4,5が土日となり、例年と比べてゆったりと過ごしています。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は私がフェルデンクライスメソッドを知るきっかけについて書いて行こうと思います。

フェルデンクライスメソッドという言葉とは、実は学生時代に出会っていました。

大学院の『舞踊学演習』の授業(元々、小学校高学年〜大学までは陸上競技を行っていました。さんざん自己の限界には挑戦し、陸上に関しては「もういいかな」と思ったので、ちょっと別のことをしたくて、大学院では主専攻(運動生理学)以外の単位のほとんどは舞踊で取りました)で、『Science of Dance Training』という本を、担当を決めて翻訳し、内容についてディスカッションをしていたのですが、その時たまたま担当になったページの中に“代替療法”についての項目があり、いくつかの代替療法の例としてFeldenkraisという単語が出てきていました。ただ、その時は「よくわからないけど、アメリカではそういうのがあるらしいね」ということで、そのまま訳しただけで終わりました。

その後、フェルデンクライスメソッドについてはすっかり忘れていたわけですが、
ある時、健康運動指導士*の単位更新講習会の中にフェルデンクライスメソッドがあり、それを受けたところ、たった数時間のことで腰の状態がよくなりました。今から約10年くらい前のことです。
その講習会の約1年前に、過労による腰椎椎間板ヘルニアを発症し、約4カ月ほどで日常生活を行えるところまでは回復しましたが、職業柄それだけでは不十分なので、ストレッチをしたり筋トレをしたり、当時自分の知るあらゆる手段を講じてみましたが、結局元には戻らず、自分でもすっかり諦めていました。それがたった数時間の講習で、

「え?元に戻った?!」

もちろん、「これを勉強したい!」と、すぐさま思いました。

ちょうど当時勤めていた会社(民間スポーツクラブ)で、たびたびリストラが行われ、人員が減り、現場の指導員に要求されるものが、だんだんと“運動指導”から“マシーンの取説”に変わってきているように感じ始めていた頃です。

そして次の年から、フェルデンクライス研究センターが運営するフェルデンクライス教師養成コース(国際フェルデンクライス連盟公認)で本格的にフェルデンクライスメソッドを勉強しはじめました。

*健康運動指導士
健康のための運動について指導する資格。
公的資格とされていますが、国家資格ではないため、更新が必要になります。定められた受講資格のある者がさらに講習会を受講(私が取得した当時24万円)し、試験に合格して資格が与えられます。更新は5年ごとで、5年間の間に20単位以上の講習受講が必要。更新費用は2万数千円で、講習会の受講単位もだいたい1単位数千円かかります。資格の維持におおよそ年間2万円以上かかる感じです。
0

2013年も残りわずか  

2013年も残り約1時間半となりました。
この1年いろいろなことがありましたが、大きなできごととしては、5月以来、ほぼ隔月の頻度で、福岡で継続的にレッスンを行うことができたことだと思います。振り返ると、福岡でレッスンを実施するにあたり、本当に多くの方々に応援していただきました。
この場を借りて厚くお礼申し上げたいと思います。
また、高松では四国在住プラクティショナー第一号としてレッスンを開始して以来、3年数カ月が経ちました。なんとか地道に活動を継続していけていることにも感謝したいと思います。
そういった全体的な流れはありますが、やはりそういったことも一つ一つの積み重ねが大事です。
たびたび書いていますが、レッスンというものは関係性です。こちらが十分に準備をしていくことはもちろんのことですが、それだけでは成立しません。参加者の方々が”ただそこに居る”のではなくて本当の意味で”参加”してくださる、興味を持って楽しんでいただく、そうしたことがあってはじめて成立するもの、完成するものと思っています。一回一回のレッスン、そういったすばらしいひと時をご参加いただいたみなさんと共有していくこと、その積み重ねをこれからも大事にしていきたいと思っています。
ひとまず、2013年のすてきな出会いと発見、多くの方々と共有した時間に感謝したいと思います。
ありがとうございました!
みなさま、よいお年を!

クリックすると元のサイズで表示します

<お知らせ>
来年2月6日、福岡にてレッスンを開催します♪
午後はアーティスト/パフォーマー向けクラス、夜は腰痛対策クラスです☆
ご興味のある方、ぜひご参加くださいませ。
なお、12/30時点で、午後クラスは定員まで残席5、夜クラスは残席11となっております。
0

フェルデンクライスメソッドについて.その5  

<フェルデンクライスメソッドはどんな人に役に立つの?>
フェルデンクライスメソッドは非常に応用の範囲の広いメソッドです。
アスリート・ダンサーなどの方々から一般の方々、そしてリハビリまで、あらゆる方々に役立ちます。
要は使い方、応用の仕方です。

『○○ダイエット』のように一見わかりやすいキャッチフレーズにしずらいからこそ、
奥深く、毎回新しい発見がある…私はそのようにとらえています。

<お知らせ>
来年2月6日、福岡にてレッスンを開催します♪
午後はアーティスト/パフォーマー向けクラス、夜は腰痛対策クラスです☆
ご興味のある方、ぜひご参加くださいませ。
なお、12/30時点で、午後クラスは定員まで残席5、夜クラスは残席11となっております。
0

ウォーキングについてのお話(補足)  

メリークリスマス!^()^

さて、この間書いたウォーキングのついてのお話の冒頭で、
“今日はフェルデンクライスから少し離れて健康運動指導士の分野のお話。”
と書きましたが、よく考えたらちょっと変な書き出しでした。
というのも、ウォーキングに対してフェルデンクライスメソッドからのアプローチの仕方もあるわけなので…。
フェルデンクライスとして扱えることと健康運動指導士として扱うことは重なっている分野とそれぞれに固有な分野があると私は考えています。そして自分が仕事をする時に、どちらの資格の立場で行うかでテーマに対して扱い方が違ってくるわけですね。
まああくまで私の場合は、なのですが。
先日は健康運動指導士として受けた仕事なので、そちらの面からのアプローチ、ということでした。
じゃあ、フェルデンクライスからのアプローチは…?
ということは、また別の機会に☆

*来年の最初は2月6日に実施します☆フェルデンクライスの福岡レッスン〜♪
0




AutoPage最新お知らせ