ローラー  

こういった類のトレーニング用具をご覧になったことはあるでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

一般的にはストレッチポールとかコアローラーといったような名称で知られています。ちなみに写真は円柱を直径で割った形のものでハーフカットポールと呼ばれていたりします。
スポーツセンターやスポーツクラブでのコアコンディショニングクラスで用いられていたり、ジム用具の一つとして置いてあったりもしますので見たことがある人も多いかもしれません。
あまり知られてしませんが、これはもともとアメリカ在住のフェルデンクライスメソッドのプラクティショナーが開発したものなのですよね。
フェルデンクライスメソッドのプラクティショナーの間では“ローラー”と呼ばれていて、一般的なストレッチポールの太さ以外にも様々な太さのものを、必要があれば用途に応じてレッスンで使いわけます。
ストレッチポールが日本で発売され始めた頃(10年くらい前?)は、一般的なスポーツ用品店で、1本6,000円くらいで販売されていましたが、私たち教師養成講座在籍者やプラクティショナーはまとまった数を海外から直接購入することができた(当時)ので、とても助かりました。
今では日本で普通に購入した場合でも6,000円もはかからず、もっと手軽に購入できるようです ^_^
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ