2016/5/27

チビタベッキアから船へ  旅道楽

14年前、ローマを起点にフィレンツェ〜ミラノ〜ヴェネチアを鉄道で周遊した。
一等車輛にもかかわらず、途中の駅でジプシーの老婆が乗り込んで来て物乞いをしたり(一等車輛ゆえにか)何のアナウンスも無く30分も停車したままだったりしたので、今回もそんなことになるのではと懸念していたが、殆ど遅れることもなかった。
あれだったら、日本のJRのほうがよく遅れているかも知れない。

半分を過ぎたあたりから見え始めた海。
クリックすると元のサイズで表示します

車窓がちゃんと掃除してあったら、もっと楽しくバカンス気分を盛り上げられたのに。
ま、イタリアだから仕方ない^o^;(笑)

続きを読む
6

2016/5/24

チビタベッキアへの行き方〜その2  旅道楽

なかなか順調に書き進められないけど、前ネタからの続き

テルミニ駅は大きいので、27番線ぐらいまであるホームのイチバン端がチビタベッキア行きで、時間にギリギリだと、荷物を引き摺って歩くのは大変
発車ベルも鳴らないので、ダッシュのタイミングも掴めないし。
その点、Fiumicino Aeroportoは、5番線ぐらいまでしかないので駅構内移動もラクだし、始発駅なので(テルミニもだけど)自分が余裕をもって駅に着いてさえいれば、スグに発車しないので焦って乗車しなくていい。

ローマの他の場所に居ながら、わざわざ空港まで来てチビタベッキア行きの電車に乗るなら、テルミニもしくは他の駅から乗車すればいいと思うけど、ワタクシと同様にローマ空港到着日は前泊しないといけない行程なら、無駄に移動せず、空港からチビタベッキアへ行くことをオススメ
ワタクシも、もし今後もチビタベッキアからクルーズに行く場合は、また今回と同じパターンにすると思う。


続きを読む
7

2016/5/20

チビタベッキアへの行き方〜その1  旅道楽

さて、ではまた地中海クルーズ旅ログに戻り。(ってか、まだクルーズ部分に辿り着いてないけど

個人手配で海外クルーズへ行く時に、もっともナーバスになるのがクルーズポートまでどうやって行くかだ。ツアーでくなら、そんな心配は不要だけど。

空港もしくは主要ホテルからで30分以内なら、TAXIもアリだと思う。
我が家の場合、COSTA VICTORIA、Mariner of the Seasの2回はシンガポール発着のアジアクルーズだったので、港まではTAXIを利用。

アラスカクルーズのRuby Pricessは、シアトルで下船後、ホテル(グランドハイアット)があるダウンタウン地区までTAXI利用だったが、乗船地のバンクーバーは港まで徒歩
タクに乗るには近距離だし、30kg近いスーツケースや機内持ち込みキャリーバッグなど荷物が多いので、拒否られるかも・・と、敢えて歩ける距離でホテルを選んだ。
しかし、重い荷物を持っての徒歩移動は大変
とにかく船が大きいので港に着いてからも、手続きが出来るターミナルまでかなり歩くし、この時はホテルを出てから30分は歩いたと思う。
階段なんて出てきた日にゃ、泣きそうだったし
タク利用が嫌なら、港に隣接したホテルに泊まるほうがいいかも。
まぁ、そんな場所にホテルがある港のほうが少ないから悩むワケだけど。

CROWN PRINCESSでのメキシコクルーズはロスの空港からクルーズ港までで約90分。
これぐらいの距離&時間になると、TAXIスタンドからホイっと乗車するのは躊躇われる。
安全安心な日本のタクでもそんだけの距離を乗ったりしないからねぇ。
だからチャーターにした。
でもドライバーがクルーズターミナルの仕組みを分かっておらず、迷って駐車場に入られたりしたのに懲りて、Carnival Magicでのカリブ海クルーズはヒューストン空港からクルーズ会社のシャトルを利用した。

今回、チビタベッキアまでチャーターも考えたが、1台160ユーロほど。
それしか選択肢がないならともかく、電車でも所要時間は同じで、ひとり11ユーロ
しかも駅はFiumicino Aeroporto名の通り、空港直結
特技が損得勘定の(笑)大阪のオバちゃん的には、電車移動即決としたいところだったが、出発の1週間ぐらい前まで迷った。(1週間前ぐらいが、チャーター車予約のリミット)
迷った理由は、イタリアの電車の遅れや車中での荷物の管理、乗り換えの不安などなど。

『チビタベッキアへの行き方』『ローマ空港からチビタベッキア』
などのキーワードで検索しまくったが、ワタクシのギモンや不安がスッキリとクリアになるような記述がされたサイトは見つけられなかった。
なので、同じような不安や疑問を持つ方のお役に少しでも立てるよう願いながら、記録に残そうかと

続きを読む
4

2016/5/19

拍手コメントについて  イロイロ

BLOGに関する再確認です

サイドバー右側の★おことわり★を編集し、明確にいたしましたが、拍手コメントはココのシステム上、公開・お返事が出来ない仕組みとなっております。
(管理者=ぽちのみの閲覧となっております)

多くの方のとっては「そんなん、わかってるがな〜」てなことだと思いますが、拍手コメントをいただくことが増えているので、念のため。

拍手コメントにも嬉しいコメントや長文でいただく方もいらっしゃり、お返事できないことを申し訳なく思うので

他の読者様が読まれてもいいよ〜と思われる方は、コメントとしてお寄せくださいませ。これはこれで認証コード入力でご面倒をおかけするのですが
でも、コード認証なってから有害サイトへの誘導や変な宣伝がコメントとして送られることもなくなり、せいせいしてます(笑)
モチロン、承認制のため、変なコメントはアップしないこととしていますが、そんなコメントが送られることも無く、ありがたや

「わかってて拍手コメントで送ってるっちゅーねん」って方は、今までどおりでも嬉しく読ませていただきます

この先、人気ブロガーにでもなれば(ないない〜爆)個別コメントは差し上げられなくなるかも知れませんが、こうして細々と皆様に支えられている限りは、いただいたコメントにはお返事差し上げたいと思っております。
多忙だったり旅行中はお返事どころかいただいたコメントのアップすら遅くなりますが^o^;

モチロン、ノーコメントでご訪問下さるだけで大歓迎
中には「誰も見てくれなくてもいいの。自分のためだけに書いてるから」ってブロガーさんもいらっしゃるけど、それは違うとワタクシは思うので。
だって、誰も見てくれなくていいなら、公開のWebにしなくても、OneNoteなどのクラウドを活用すれば、モバイルででも記録出来るし、非公開BLOGも作れる。
公開する限りは、読んでいただけるだけで素直に嬉しいとワタクシは考えます。

好きな時に好きなことしか書かないタイトル通りの道楽な日記にいつもお越しくださってありがとうございます

・・さ、旅ログに戻ろうっと
そのうちコレもアップするので〜
クリックすると元のサイズで表示します
Photo on Roma Airport

7
タグ: お知らせ

2016/5/18

ローマの空港で  旅道楽

ヒルトン ローマ エアポートにチェックインし、部屋でホッと一息
翌朝にはクルーズ・ポートに向けて出発だし、荷解きも片方のスーツケースの最小限のみ。
探索するほどの部屋でもないし、さて、空港へ戻ってミッションを遂行せねば

空港に戻るなんで
いえね

続きを読む
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ