2014/6/30

キライな食べ物  旅道楽

と言う物が、ワタクシには殆ど無い。
そりゃ、虫とかゲテモノ系はイヤだけど、ふつうの食卓に上る中にはアカンものがないと思う。
ワニもダチョウもカエルも、食べれなくないってか、一流レストランで出されたなら、美味しい。

会社の同じ部署には「とにかく鶏肉が全般的にダメ」ってオッサンが2人も居て、懇親会の幹事を担う若手が気の毒だ。
ああいうヒトの奥さんには心から同情する。めんどくせー

鶏肉はもちろん好きだし、ピーマンやセロリもで、「一般的な食材」には嫌いな物は無いが、自称・グルメなので(あくまでも自称)、味付けの合わない物には箸を付けない。
特に白米は、新潟・十日町の農協から玄米を取り寄せ、1回ずつ小さな精米機で精米し、トルマリンでまろやかにした水で炊くこだわりぶりなので、日本でも外食で口に合う白ゴハンは、ほとんど無いぐらいだから、東南アジアのスチームライスなんて、もってのほかだ。
同じ理由でロコモコも上に乗っかったオカズにしか手を付けないけど。

も好き嫌いは、ほぼ無い。
生まれも育ちも九州で、新鮮な魚を食べて育ったことを自慢しており(ウザイ笑)、我が家の食卓に魚が登場すると「コレ、ナンボ(=いくら)したんそんな高いの九州はこれよりもっと新鮮で半額で・・・」とか「この魚、臭いな(新鮮じゃないと言いたい)」など、魚に対しては一家言持っていると言わんばかりなのが鼻に付き、星一徹ばりにテーブルをひっくり返したろかと思う事もある。
毎日、仕事帰りの疲労をハイヒールで支えながら混み合うデパで食材の買い出し、MENU構成を考えるワタクシへの感謝も無く、そんなコトをほざく奴は、腐った魚も文句言わず食べとけ

・・っと、話が逸れ始めたけど(いつもやん)お互いに好き嫌いがないので、旅の大きな楽しみの一つでもある「食う」での意見の不一致は、ほぼない。
ラーメンやハンバーガーを食べたがる夫を阻止することはあるけどね。

長らく食わず嫌いだったドリアンも、二人してチャレンジャー精神でタイのスーパーで買って食べたら「メッチャ美味しいやんと、どハマリ
キャンディーや羊羹などの加工品じゃなく、フレッシュ完熟の(ココ重要)ドリアンは、濃厚でクリーミィな甘さがヤミツキになる
あ〜また食べたくなってきた。
てな具合で、ドリアン好き夫婦だから、台湾名物のアレもイケると思ったのよ。

続きを読む
2

2014/6/23

W Taipeiのお部屋  旅道楽

シェラトン・マカオは、W Taipeiより新しいが、特に期待していなかったし、シェラトンでの滞在がマカオ旅行の最大の楽しみというわけではなかった。

●国人だらけのホテルに何を期待しても仕方ないというのもあるけど、大バコで無難なブランドだもん。
ま、おおむね予想通りでありながら、STAFFに嫌な面はなく親切で、ソフト面では予想していたより良かったけれど

台北は10年ぶりだけど、ものすごくワクドキ感に包まれて決めた行先でもないので、せめてナットク出来るホテルに泊まりたいわと、予約したのが、W Taipeiだった。
他に泊まりたいと思えるホテルがないのが台北
そこが香港との大きな違いなのよねぇ。

あ、でも、実際に行ってみたら、リージェント台北リノベでスタイリッシュになっていたので、いいかもって思ったのと、オークラも中山のマズマズの立地にあったので、チェックしておこう

W香港に泊まってみて、スタイリッシュだけどコンフォートとの好印象を受けたので、今回の2箇所のホテルでは、シェラトンよりずっと滞在を楽しみにしていたのよね

続きを読む
4

2014/6/21

「シュッとした」ホスピタリティ  旅道楽

台北・桃園空港で乗ったバスは、第一ターミナルを回った後、市内へ向かう。
ソウルのKALリムジンと似ていて、空港と単一の目的地を結ぶのではなく、いくつかの停留所を回る。

海外のバスなんて『つぎ、止まります』なんてボタンも無いし、次の停留所が電光掲示されることも無い。
車内アナウンスも英語以外はさっぱりわからないし、英語も、くぐもった音声に訛りが強くて分り難いので、降車地が近付くと、周囲の景色や音声の聞き逃しがないように神経を張り巡らせなければならないが、そんな時でも空気が読めない夫「ねーねー、明日さぁ〜・・」と話しかけて来て、アナウンスが聞こえず「もーっと怒ることも、しばしば。

しかし、今回はノープロブレム

続きを読む
6
タグ: 海外旅行 台北

2014/6/19

ひさびさ台北  旅道楽

完走を目指し、旅ログに戻ります

台北に来るのは、10年ぶり
当時は、101タワーがまだソフト・オープンだった。
故宮博物館も半分が改装中だったし。

中途半端に都会だけど、洗練されておらず、全体的に特に魅力を感じなかったし、そもそも泊まってみたいホテルがなく、あと1時間ほど飛べば飛行機香港と思うと、ついそっちを選んでしまう。
ワタクシにとっては食事も断然、香港>台北だし、ホテルのセレクションはさらにダンゼンに香港に軍配だし、台北は都会度が中途半端な割に物価は、いっちょまえに高くて、ブランドショッピングがちっとも楽しくなかったように記憶している。

それより何より、暑かった苦しいほどに。
10年前も、今回と同じゴールデンウィークだったが、その暑さたるやハンパなかった
今は地下鉄も驚くほど路線が伸びているが、当時はぜんぜん発達しておらず、観光客はTAXI移動のほうが便利だったし、ローカルは原付バイクが目立った。
渋滞も酷く、排ガスと暑さでクタクタだった
香港も真夏はクソ暑いが、5月は、さほどでもない。
香港の交通量も多いが、バイクは少なく、そのせいか排ガスの不快さは、さほどでもない。
まぁ、PM2.5とか黄砂とかのほうが深刻だろうけど

ともあれ。

続きを読む
2
タグ: 海外旅行 台北

2014/6/17

トキメく洋服  イロイロ

お洋服ランナーのショッピングに出かけた時、「いいかも」と、なにげに1着を手に取ると、店員がすかさず飛んできて「それ、今月号の●●で△■ちゃんが着たものなんですよ〜とニッコリされたら、「きゃっあの人気モデルと同じなのと俄然買う気になる「・・・っちゅーことは、誰もかれもが着るんちゃうんと買う気が萎えるか、さてアナタは、どっち派
ワタクシは、ダンゼン後者だが、会社の後輩A子は、オドオドしていつも何に対しても自身の無いタイプなので(ものっすごく美人なのに)誰かと同じだと安心するらしい。

最近、こまめにお洋服を買いに行かなくなった
忙しくて時間&体力がないことが最大の理由。
そう言いながら、ヴィトンでコートを2着まとめ買いしたり、オレンジの箱もジャンジャン増えとるがなとツッコミが入りそうだけど、忙しい以外に「居心地の良いブティック」が無いことも、お洋服を買う回数激減の理由。
エルメス(@国内・行きつけ)は、セレブ夫人と二人で買い物に行くと言うより、お喋りのついでに、あら、買っちゃってたわってカンジ。
数年前までは、いくつものブティックに担当さんが付いていて、ワタクシのサイズや好みは熟知してくれていたので、好きそうな商品が入荷すると、勝手に取り置きして連絡をくれたり
でも、担当さんが辞めたり、ブティック自体がなくなったりして、そんなやり取りが出来なくなり、新規開拓するほどの体力も情熱もなく今に至る。
そうは言っても私服で働く、お〜えるもう死語だよね)だ。

余談だけど、かつて、うちの会社は制服だった。
当時、超美人の派遣社員が居て、男性社員の注目の的だったが、実は、すっげーだらしなく更衣室でロングコートを脱ぐと中はパジャマ「寝坊したんです」とテヘペロと舌を出すことが、冬は週イチぐらいで起きていた
また、別の「ケチケチちょっきん」と陰で呼ばれていた女性社員は、制服のまま通勤していた。
ま、学生はそうでも、花のお〜えるがそれって、急なお誘いとかはゼッタイないのか
ワタクシなんて急なお誘いに備えて、毎日勝負服で出社しては、まっすぐ家に帰ることもあったぞ。(それも寒いが・・

ともあれ

続きを読む
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ