2010/1/31

ひさびさのSUQQU  使用感レポ

毎朝の日課であるフェイシャルマッサージは、現在、アモーレパシフィックorチープなフェイシャルマッスルを愛用。
すでに使い切ったRMKも、また買うと思うけど、容量が少なすぎで、しょっちゅう店舗へ行かないとイケナイのがネックで。
(それがなんだろうけど)

SUQQUのマスキュレイトマッサージクリームからは、すっかり遠ざかっちゃった。
代わり映え無いものを5年も使って飽き飽きだし、行きつけデパのSUQQUコーナーは、恐ろしく活気が無いので近寄ると運気が落ちそうだし(笑)
他デパに比べ、BAの態度が良いと言われるうめはんですら、SUQQUはマッサージクリームしか買わないとあからさまに態度が悪く、アモーレに切り替えたってお友達もいる。

しかし、先日。
その行きつけデパへ珍しくで寄ることに。
3,000円で、2時間無料になるんだけど、この日のお買い物では、3,000円に達しない。
手当たり次第に買おうにも、コミコミの休日のデパ地下なんかに長居したくない。

おとなしく駐車場代を払えば済むだけとはいえ、なんか悔しいじゃん(笑)
ちまちまと3,000円に達するまで買い物を続けるものうっとおしいしなぁ〜と、途方に暮れていて、ふと思い出す
SUQQUのマッサージクリームに限定商品が出たとの美容友情報を。

従来品だったら、いくら駐車場代稼ぎのためと言えども、要らないけど、別バージョンなら、こんな機会なら買ってみてもいいかも。
休日だしカウンタが混んでたらイヤだな〜と案じつつ行ってみると、ガラ〜ン
誰も居ない
分かり難い場所に移ったとは言え、休日の昼間にこんなんで、大丈夫か

BAと話し込む気もないので、香りだけ確認し、指名買いして、とっとと立ち去る

こんな「ひょんな事情」で買う事になったのが

続きを読む
1

2010/1/30

祝30周年♪  ウマイ

「ちょっとしたプレゼントが渡す相手のツボをうまく捉えられる人って素敵だなぁと、つねづね思います。
そういうことも美しさのひとつだと思うし、まだまだ精進しなくてはと、反省させられる

しかし、1回きりとか不定期なプレゼントはともかく、ルーティンワークみたくなっちゃってるモノだと、いい加減、ネタギレにもなる

年代やライフスタイル、金銭感覚が似た相手だと、自分自身が「いいな」とか「欲しい」と思うを基準にするので、そんなに大変だとは思わない。
相手が目下の場合も、行き詰ったらお金やギフトカードに逃げることもできるので、まだいい。

問題は、目上の方へのプレゼント
慶弔時以外は、基本的に現金や金券も失礼だと思うし。

セレブ家とは、お誕生日のやり取りは、していないけど、結婚記念日,バレンタイン&ホワイトデーがルーティンになっている。

バレンタインは、チョコレートだから、まだいい。
それでも珍しいものを探したりして、わりと大変

ホワイトデーも悩むけれど、チョコレートの「お返し」なので、金額の目安すらつかないってことは、ない。
ハンカチとかでもいいんだし。

毎年、頭を悩ませるのは、結婚記念日
基本的には「ご夫婦への」お祝いだから、コスメとかはだと思ってる。
お二人で使えるものとか、に飾れるものがベターだと思うのね。

でも我が家が妥当と考える金額範囲でセレブ家に相応しいなんて、そう簡単に見つからない

もういい加減、ネタギレなので、今年は
続きを読む
2

2010/1/29

目標2010  イロイロ

いまさら・・って気もしないでもないけど、風水では節分を新年とするので、まだ間に合うよね。

昨年も目標を立てておきながら、振り返ると「出来てないじゃ〜ん」ってこともあったので、目標を立てる意味はあるのかと思わないでもないが、まぁいいや。

目標に向かって進もうとする意志だけは、あるってことで。(笑)

TOEIC受験については、先日から触れています
「まだいいや」とか思ってると、あっという間に年末になってしまいそうなので、出来れば上半期中に1回は受けておこうっと。たぶん。

それ以外に目標としているのは
続きを読む
1

2010/1/28

メインより高価  イロイロ

最近、チョッピリ風水にハマり気味のワタクシ。

今年のキーワードは、オバマ大統領じゃないけど、チェンジ
新しい事を始めたり、髪型やメイクを今までと変えてみると良いそう。

マンネリから美しさは生まれないし、改革は脳にもホルモンにも刺激を与え、美にも繋がると思う。

ま、美しさにつながるかどうかは別として、何か新しいことを始めて、日常に新たな風を呼ぼうと、実は

続きを読む
3

2010/1/27

職人技。  ネイル

細かい作業は苦手です>ワタクシ。
飽きっぽいって意味でも、不器用って意味でも

なので、ネイリストさんなんて、ゼ〜ッタイなれません
おケイコ雑誌『ケイコとマナブ』の電車内吊広告で、人気の職業と書かれていたけど、どうなんでしょ

行政への届け出も不要&小スペースで開業可能の気軽さからか、ミナミ界隈では、あちこちにOPENしているようだけど、実際にやっていけてるのだろうか
手先の器用さ、カラーやデザインの感性そしてトークを含む接客と、高い能力が要求される職業
若者よ、気軽なお仕事なんて、ないのだよ。

lievreさんは、入れ替わりの激しいこの業界で、開業から7年を超えるサロン。
実力がなければ生き残れません。

毎回、お喋りし過ぎて、お友達のに遊びに来たような気がしてしまうけど、今回は、老舗ネイリスト(決して古株と言いたいわけじゃないからね)であることを再認識の職人技

こんな
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ