2009/7/31

マッサージ後日談  旅道楽

以前の日記で、今回の宿泊パッケージ特典の1つとして1時間×2名のマッサージを受けたと書きました。
(当時の日記はコチラ) 

そのBohol Tourificパッケージロマンティックパッケージを追加したことも既にレポ済ですが、この2つのパッケージは、実は特典がかなり似通っています。

Bohol Tourificが基本パッケージで、ロマンティックは、その追加としてしか組めないのだから、基本側の特典にワインが付いていたら、追加でワインは特典にすべきじゃないのに、どっちもワインが付くとか。
ロマンティックパッケージ特典のディナーを利用した際、Bohol Tourificのほうの特典だったワインを空けました。
でも、ロマンティック・・のほうの特典でもワインorマッサージが選べるようになっていて。
この2択もどうよって思うのですがね(笑)

ディナー時のワイン(たしかチリ産)が「タダだから飲んでやってもいい」ってレベルだったので(笑)、もう一度ワインを特典に選ぶ気にはなれず
となると、残された選択肢はマッサージ。
でも、ロマンティック・・のほうでは1名分だけが特典と、なんとも中途半端

SPA施設がないため、マッサージは部屋で行われます。
ってことは、ワタクシがマッサージを受けると、夫はそれを眺めているしかないワケで。
いや、眺めて覚えて、家でやってくれてもいいんだけど(笑)
仕方なく、もう1名分(=夫)は追加料金を払い、2名で最後の夜に再びマッサージを受けることに。
続きを読む
1

2009/7/31

ボホール土産  旅道楽

美味しくてヘルシーなLUNCHで満足した、ボホール・ビー・ファーム

しかし、ここへ来た本来の目的は、食事よりも「お土産を買う事

夫は「田舎の人」なので(笑)、お土産を差し上げるのが大好き。
毎回の帰省時も、アンタはサンタクロースかってぐらい両親や親戚、友人から実家の近所にまでお土産をバラ巻きます

結婚して最初の頃は、毎回、海外飛行機へ行く度に甥っこたちや田舎の両親用のお土産を買ってました。
手渡しできる距離じゃないので、帰国後は、梱包−お手紙付で発送するのはワタクシの負担
両親はお土産を送ってくれるより、可愛い可愛い息子が顔を見せるほうが喜ぶんだし、顔も見せずに海外旅行土産を送ったりしたら、知らずに済んだ海外旅行もバレ、帰省もせずに旅行なんて・・・と、嫁が悪者になるだけ
お金は使うわ、荷物は増えるわ、時間を取られるわで用意したお土産でそんな風に思われちゃあ、たまったもんじゃないので、さすがに止めさせました。

今では、海外土産は、仕事を休んで迷惑をかける相手や、本当に親しいお友達、帰国後すぐに顔を出す馴染みの飲食店ぐらいにしか買わないけど、それでも「お土産を買う」と言う行為が楽しそうな夫

とは言え、海外慣れしていない方、アジアに対して偏見のある方も決して少なくは無いので、アジアらしいお土産が喜ばれるとは限りません。
でも、それなりに地域性も持たせないとお土産っぽくないし、難しい〜

さて、ここボホール・ビー・ファームでのお土産

続きを読む
0

2009/7/30

オーガニックなランチ  旅道楽

結局、ローカル交通ではなく、Amorita車でやってきた、Bohol Bee Farm

こんな田舎にホントにレストランがあるのかと疑いたくなるぐらい、畑以外にな〜んにも無い場所。
ってか、ボホール全体が田舎なんだけど(笑)

幹線道路を逸れ、豚や山羊など家畜が寝そべる砂利道をしばし走ると、周囲の風景と同化したような緑に包まれた空間に入口発見。

クリックすると元のサイズで表示します
のイラストがB級っぽいよね(笑)
屋根とかトタンだし

どうやら宿泊設備も兼ね備えているようで、レセプションもありました。

Bee Farmの名前通り、養蜂場も併設のようで希望すれば見学ツアーにも参加できるようです。
でも、お腹空いてるし、レストランへまっしぐら

レストランエリアは、とってもネイチャーな雰囲気。

なだらかなスロープを下った場所がレストランエリア
クリックすると元のサイズで表示します

このレストランは


続きを読む
0

2009/7/29

ランチへGO!  旅道楽

週末だけ横道に逸れるとか言いながら、もう水曜日でしたね
やっと旅ログに戻って来ました

さてさて、前回からの続きです。
ベスポジでノンビリ過ごしていても、腹は減る
このままココでLUNCHも摂り一日中ダラダラ過ごすのもいいけど、やっぱり飽きるのよ

ってゆーか、ココ、ホテル敷地内の中ではもっともキレイに海が見下ろせるView Pointなので、時間が経つごとに、フィリピン人のホテルゲストが次々とやってきて、入れ替わり立ち替わり写真撮影

Amoritaの特徴なのか、フィリピン人の特性か、カップルや友達同士より4人以上の家族連れゲストが圧倒的に多い。
到着初日のディナー時も、おばあちゃまのお誕生日を一族で集まってお祝いしていたし。
それはそれで微笑ましいけど、騒がしくもあるワケで
ここはパブリックスペースだから文句を言える立場ではないが、寛いでいる目の前で、ワタクシ的にはイタイような(笑)ポーズで何枚も写真を撮られると、うっとおしいもんです。

海をバックに家族写真を撮ろうと撮影係がファインダーを覗きながら、どんどん「引き」になり、ワタクシのスグ目の前にお尻が迫っても、全然平気なフィリピン人ファミリー
最近、あらゆるリゾート地でバッティングしては、ゲンナリさせられる●国人ゲストにある意味通ずるものがあるような・・・

でもまぁ、向こうにしてみたらパブリックスペースなんだから、こっちが邪魔だと思ってるだろうし、リラックスタイムを十分に堪能できたので、撤収

そして、出発前にフィリピン観光省の方が教えてくださったレストランへLUNCHに出かけることに。

そこは
0

2009/7/28

ジェラテリア・バール  ウマイ

夫に付き合ってのダイエットは、今なお継続中

でも、ストイックになり過ぎないことも、リバウンドしないための重要ポイント
なので、スイーツだってたまには食べちゃいます

先日も夫の誕生日だったので、ケーキを食べました
さすがにホールで買いませんでしたが。

最近、フルーツシャーベットが我が家でブームのポアールにてお買い上げ。
クリックすると元のサイズで表示します
ショートケーキのアンベール
オレンジ風味のクリームに苺・桃・洋梨がくるまれていて、この季節にピッタリなサッパリ系。

でも、ダイエット中ですからね。
ではなく30分かけてウォーキングで買いに行きました

見慣れた風景も、歩く速度だと、色んな表情を見せ、時には新しい発見をもたらします

そう、バースデーケーキを買うためのウォーキングで見つけちゃいました。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ