2013/12/11  22:18

Kindle PW、Lideo、kobo gloで4コマ漫画を読んでみた。  電子書籍・Kindle関連

E Inkの電子書籍端末である「Kindle Paperwhite」「Lideo」「kobo glo」で4コマ漫画を開いたらどのようになるのかを試してみました。
E Inkの端末はモノクロ、拡大縮小がしにくい、ページの切り替えが遅いなどの欠点があります。
特に4コマ漫画の場合は小さい文字が登場する頻度も多いので、より見やすい端末はどれかを比較してみました。
4コマ漫画を読みやすいE Ink端末こそ、目が疲れにくく読書に最も最適な端末と言えるのではないでしょうか。
比較に使用した漫画は「あっちこっち」の第1巻です。

クリックすると元のサイズで表示します
Kindle Paperwhite
読みやすさ:★★★★☆

クリックすると元のサイズで表示します
BookLive! Lideo
読みやすさ:★★☆☆☆

クリックすると元のサイズで表示します
kobo glo
読みやすさ:★★★☆☆

Kindle Paperwhiteは無駄な空白がなく、解像度も高いので吹き出しの文章はもちろん、吹き出し外の小さな文章も見やすいです。
Lideoとkobo gloは四方の空白が大きいため、文字がどうしても小さくなってしまいます。
画質に関しては、kobo>Kindle>>BookLive!と感じました。
特にBookLive!は悪く、拡大するとかなりぼやけてしまいます。
koboは画質に関してはかなり良いですが、kobo gloはあまり良くないので総合的には2位としました。
Kindleは画質はkoboより少し悪い程度ですが、余白部分のカットなどでとても見やすくなっています。
ということで、E Ink端末で読むならKindle、スマホやタブレットで見るならkoboがおすすめです。

1
タグ: Kindle BookLive! kobo

2013/3/17  22:41

Webサイトを簡単にPDFファイルに出来るサイト!!「HTML to PDF Converter」  電子書籍・Kindle関連

HTML to PDF Converter

色々な部分で使われているPDFファイル・・・。
企業のプレスリリースや製品の説明書など、ありとあらゆる場所で使われています。
PDFファイルを自分のパソコンにダウンロードすれば、ネットに接続しなくても中身を見ることができます。
他のパソコンでも同じように見ることができます。
このように、PDFファイルはとても便利です。

自分が気に入ったサイトをいつでもどこでも簡単に見たい・・・そう思ったことはありませんか?
その願いを、PDFファイルなら叶えてくれるかもしれません。
というわけで、今回は「HTML to PDF Converter」というサイトを紹介します。

WebサイトをPDFファイルに変換してくれるサービスです。
サイトのURLを入力し、しばらく待っていると保存するかしないかの画面が出るので、そこで保存をクリックするだけです。
他の手順は要りません。
これだけです。
しかも、サイトは日本語ですので、誰でも簡単に出来ます。
これで、ネット環境のないパソコンやスマホ等でサイトを堪能することができます。
ぜひ、利用してみてください。

URL↓
http://html-pdf-converter.com/jp/
0
タグ: HTML サイト 変換



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ