2011/8/3  16:28

東芝が携帯電話事業から撤退へ。  IT・モバイルニュース全般

東芝が完全に携帯電話事業から撤退するようです。

東芝といえば、auとソフトバンク(旧Jフォン・ボーダフォン含む)向けに古くから端末を供給し、最近ではドコモ・auのREGZA Phone(T-01C,IS04,IS11T)で人気のメーカーです。

ソフトバンク向けは2009年冬モデルの「dynapocket SoftBank X02T」を最後に撤退、現在はau向けが中心となっています。
しかし、赤字等の理由で昨年に富士通と携帯事業を合併しました。
今後は富士通東芝モバイルコミュニケーションズが完全に富士通の子会社となり、東芝は携帯電話事業から撤退となります。

富士通東芝Tブランドの最終モデルは、携帯電話が「T008」、スマートフォンが「IS12T」で、冬モデルでは「T009」や「IS13T」ではなく、「F001」と「IS11F」となると思います。(F001はほぼ確定のようです)

東芝さん!今までありがとう!!

URL↓
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110802-OYT1T01156.htm
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ