2018/11/28

第377回(11月28日)  記録

おはようございます、ふとしです。

今朝はそんなに寒くなく、なんだか暖かいくらい

でしたね。今年は暖冬かもというのも納得です。


さて、今日は今年最後の朝のTBCです。

(12月は忘年会兼納会で朝活納めです。)

ということで、一年を振り返ってというテーマで

全員発表でした。


マラソンに目覚めて大会に挑戦し始めた人、

体重が全く変動なくダイエットに失敗して

決意を新たにした人、今年からTBCに参加して

ちょうど1年の人、4月に独立して順調な人など

それぞれの一年を話して頂きました。


挑戦して頑張っている仲間がいるから自分も挑戦

していこうと思えます。

また来年もお互いに刺激しあいながら仕事に

趣味にと楽しんでいきたいです。

【 参加者 10 名 】
クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 朝活 豊橋 異業種

2018/11/21

第376回(11月21日)「ブログで問い合わせが増えるコツ」  記録

おはようございます、ふとしです。

日に日に寒さが増してきましたね。

布団から出るのが辛いですが水曜だけは頑張って

早起きします。


さて、今日は東三河の5市で新体操教室を経営されて

いるリボンさんの発表です。

「ブログで問い合わせが増えるコツ」

クリックすると元のサイズで表示します

セミナーを聞きに行って、実践した内容を話してくれました。

少しだけその内容を紹介すると、

・タイトルはわかりやすく、専門用語は使わない

・ニックネームは本名をフルネームで(安心感を与える)

・文章は一行で終わらせて改行

・段落ごとに空白行を入れて読みやすく

などコツを紹介してくれました。


特に心に残ったのが、”「誰がどうなるか」を言いきる”です。

提供者視点のサービスの良さではなく、それを受けてどう

変わるかという結果こそ読者が求めていることなのですね。

また、#(ハッシュタグ)を使って検索に引っかかるように

している人も多いそうですが、それは自分のページから他の

ページに飛んで行かれることにもなるので使わないそうです。

自分のブログからは、自分のホームページに飛んで行って

もらえるように出口はひとつに絞る方がいいようです。


リボンさんはブログで伝えることで、生徒さんも増え、

また、教室をやりませんかというお誘いやメディアに取り上げ

られたりもするようになったそうです。

伝え方もありますが、やはりサービスを外に対して発信して

いくことも重要なのですね。

知ってもらって、興味を持ってもらうための最初のツールとして

活用されているのがよくわかりました。


聞いて、このブログでも実践してみようと思ったのですが、

読みやすい文を書くのは難しいですね。

でも、意識して取り入れていこうと思います。

【 参加者 5 名 】
タグ: 朝活 豊橋 異業種

2018/11/14

第375回(11月14日)「誰も知らないDTMの話」  記録

おはようございます、ふとしです。

今日はみやびさんによるディープなお話でした。

「誰も知らないDTM」

クリックすると元のサイズで表示します

たしかに今日参加したメンバーの誰も知りませんでした。

DTMとはDesktop Musicの略で、パソコンと電子楽器で曲を演奏

する音楽制作のことです。海外ではComputer Musicというらしい

です。(テクノミュージックをイメージしてもらうと分かり

やすいと思います。それ以外にもジャンルはあるそうで、

エレクトロニカとかアンビエントとかいう世界があるそうです。)


そして、パソコンと電子楽器なので、機器がなんだかすごいです。

クリックすると元のサイズで表示します

あまりにディープ過ぎて後半は聞いていて良く分からなかった

のですが、自分で音楽を創造するということはとても楽しそう

でした。リズムを作り、コードを入れ、それで物足りないよう

なら隙間を埋める音を入れる。情熱と根気が必要な活動ですが、

それだからこそ熱中するのでしょうね。

説明してくれた みやびさんの表情が生き生きしていて聞いてい

る方にも楽しさが伝わってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

【 参加者 7 名 】
タグ: 朝活 豊橋 異業種

2018/11/7

第374回(11月7日)「パワハラの実態と、加害者の末路」  記録

おはようございまうす、ふとしです。

今日はちょっと重ためな話でした。

「パワハラの実態と、加害者の末路」

という内容です。


最近の労働相談で賃金等の相談を抜いて1位なのが

このパワハラ問題です。

パワハラの定義は「職において、地位や人間関係で

有利にある立場の者が、弱い立場の者に対して、

精神的又は身体的な苦痛を与えることによって

働く権利を侵害し、職場環境を悪化させる行為」です。


ただ、定義はあっても明確な基準がないのがこのパワハラ

の問題でもあります。労災認定における基準はあるので

すが、それも読んでもいまいちピンとこないんのです。


言動の受け取り方には個人差があり、相手が嫌だと

感じたらハラスメントというのもあまりにも大雑把です

が、それが悪化して最悪の結果になる前に心構えを

しておくことは大切です。訴訟などになることで

会社の信用や今いる従業員の士気に影響してしまいます。


大きな企業などでは管理職には必ずパワハラに関する

教育がされていると思います。しかし、中小企業では

ワンマン経営であったりもする場合があり、問題を

問題と認識することすらしていない実態があります。


ジョージタウン大学マクドナースクール・オブ・ビジネスの

准教授クリスティーン・ポラス氏によると「暴言を吐かれた

人は、処理能力が61%、創造性が58%下がる」そうで、更に

「他人が暴言を吐かれているのを目撃しただけでも、処理能力

が25%、創造性が45%下がる」そうなんのです。

働き方改革で生産性を上げようという昨今の流れのなかで、

やはり職場環境の改善は重要で、その中でも人間関係を

良くしていくことに会社も力を入れることは業績にも直接

係わることがこの研究からも良く分かります。


数字だけ追っていて、業績を上げろ上げろと脅して

いると実は業績を自分の手で下げているなんてことに

なってたりするんですね。


もちろん、気持ちよく働ける職場環境は経営者だけでは

作ることが出来ません。そこで働く全員で、気持ちよく

それぞれの力を出せる環境を作っていきたいです。

【 参加者 7 名 】

クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 朝活 豊橋 異業種



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ