2007/9/18

読み聞かせ  聞いて、聞いて!

とざい とうざい。
かるわざしの そうべえ。
いっせいいちだいの かるわざでござぁ〜い〜
こちらの松の枝から、
むこうに見えまする 酒蔵のやねまで、
みごと わたりおおせますれば、
ごかっさいを。

そうれ。

ペペン ペンペン ペーン


このような文句で始まる落語絵本。
そうです。

クリックすると元のサイズで表示します
じごくのそうべえ

月に一度、小学校の朝自習の時間各クラス毎にPTAによる“読み聞かせ”
があるんですね。
この日18日がその日で、私は4年生のクラスに行くことに
何を読もうか・・・とみぃちゃんに相談したら、“じごくのそうべえ”がいい!
ということになったんです。
うちの子たちは読んであげると大ウケしてしまう面白い本!
しかし、ご覧の通り中身は落語なんです。
うちじゃ私もノリノリで読みますのでみぃちゃんもウケてくれるんですよ。

約20人の面前ではそうはいきません・・・
ものっすごく緊張〜するじゃないですか
体はカチコチになるし、声はふるえるし・・・
えっ?ココは笑えるところだぞ!というところも皆、シーン・・・
きっと私の読み姿が笑える雰囲気ではなかったのでしょうね
(ほんと、カチカチだったので・・・^^;)

読み終わって(ほっ
児童の皆さんから感想をいただきました。
「おもしろかったです。」
あーよかった 読んだ甲斐がありました

次に読むときは、普通の絵本にします。(反省・・・


よろしかったら・・・人気blogランキングへクリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ