2011/3/29  10:17

と〜と と 小鳥さんのお話  育児 2歳

うちの旦那が小さい頃は小鳥さんをよく飼っていたようです。


旦那と付き合ってた頃、初めておうちに招いてもらった時にお部屋の中にいたのは、なんとスズメさんでした。

ケガして飛べなくなってるスズメを見つけたので介抱してるとのことでした。

私が行った時には棚の上やカーテンのレールに飛んだりしてたので、もうそろそろ放してあげれるかなぁという話でした。

それから何日かして、
旦那から
「スズメが死んでもた」(どんな文面だったか覚えてないけど(*ノ_<*))
っていう内容のメールがきました。

電話して聞いてみると、
帰宅したら、部屋にスズメがいないので、あちこち探してみると、
キッチンの食器洗う桶の中に水が少し溜まっていて、そこで溺れてしまったようで、桶の中で横たわっていたとのことでした。
水を飲もうとしてたのか、飛んでる途中で落ちてしまったのかはわかりませんでした。

とっても落ち込んで悲しそうな旦那だったので、
今すぐ会いましょう(*ノ_<*)と電話して、
一緒に海の公園に行きました。

____________________________

そこで、
今回のスズメさんのお話(スズメは普通は人には懐かないけど、あの子は手にも乗ってきたよ とか)
小さい頃にも小鳥を飼ってたけど、自分はつくづく鳥に縁がないねん…って話でした。
旦那が幼稚園?くらいの時のお話ですが、
手乗りインコ(? 私は鳥さんに詳しくないのでよくわかりません)がいて、部屋の中で離してたそうです。
その日はおじいちゃんが家にやってきていたのですが、
寒いときはコタツの中でよく眠っていたインコちゃんでした。
旦那が気付いた時にはお部屋の中にインコちゃんがいなくて。。
はっ!と気付いた旦那は、おじいちゃんが座っているコタツの中を探しました。
そしたらおじいちゃんが…

。。。。


_______________________________



たぶん時間は19時回ってたかな。
辺りがうす暗くなってきた感じの時間で、
砂浜にはロウソクが灯されてとてもきれいでした。

何のイベントだろう?今日はなんの日?
って考えてみると、

7月7日の七夕でした。




あ。
なんで急に小鳥さんのお話を思い出したのかというと、
とも●みさんの日記で、小鳥さんの絵本を製作中というお話を読んだからでした^^

    

「生きる」を作品テーマとされているとのことで、
旦那と読んでみたいなと思いました。
とても楽しみです。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ