2009/6/30

耳のケア  

じめじめとした梅雨や暑い夏 毛布を身体に纏っているオールド達。

うちの子達は室内のクーラーの中にいても、耳の中は蒸れています。

身体を左側向きにして寝る子が多い我が家 耳も左側の方がよく蒸れ耳垢が溜まり易いです。

冬でも外で運動すれば耳の中が熱くなっているのが解ります。

いつも耳垢を貯めている状態でいると耳の後ろや首、アゴを掻いたり、頭部を振ったりするようになります。毛玉のオンパレードになります。

また そのまま放置しておくと、外耳炎等の耳の病気に掛かりやすくなります。

一回掛かってしまうと、中々完治しにくいそうです。

垂れ耳の宿命ですね。

それで お助けマン登場! 我が家のイヤークリーナーグッズです♪

まず小分けしたイヤーパウダー(R-7)を耳の穴入り口付近に付けて
カンシ(小)で毛を抜く、又はパウダーを指にとり親指と人差し指で毛を摘んで
抜いてあげる。カンシに滅菌コットンを挟み丸めて余分な粉を取る。ヒダの部分も気をつけて。
風通しをよくする為耳の周りの余分な毛は切ります。

次に洗浄液で耳を洗浄します。
商品は ビルバック エビオティック(フランス製)獣医さんで買っています。
価格1900円

洗浄液をたっぷりと耳の中に入れて 優しく耳根部を揉むように洗浄する。
マッサージが終われば洗浄液を排出させて(頭を振る行動)から、
写真のようにカンシで拭きとってあげる、あまり奥までいれない。
私は あまり奥まで突っ込みすぎて傷つけちゃってCandyの耳の一番奥の皮膚を壊死させてしまった経験があります。
なんでも し過ぎはダメですね(笑)このエビオティックで治しました。
もし耳垢の汚れがひどい時は洗浄液の汚れが無くなるまで数回します。

最近は目が悪くなったのでカンシで皮膚を挟むことが多々あって、ただでさえ嫌いな耳掃除なのに(笑)ワン達には嫌われているのでしょうね。
してもらうと気持ちよ〜いって解っている子はテーブルに喜んで乗ってくれます。
我が家は大体1Wに一度のペースでしています。

参考までに イヤークリーナー ノルバサンオチック(118ml) 2415円
               R−7 Sサイズ118ml) 2520円円

      イヤーパウダー  イヤーフレッシュ(24g) 1260円
               R-7 Sサイズ(12g) 1680円
                             すべてアメリカ製

      ステンレスカンシ S(開口部:20mm) 2730円

こんな便利なもの使っていますよとか、あれば教えてください♪

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ