海外・国内問わず、旅行が大好きな はたらく主婦・たらです。

 奇跡の泉・ルルドへ行ったことがきっかけでフランスの虜に♪
 さらにJGC修行香港にすっかりハマってしまいました。
 それ以来、お休みが取れるとフランス香港そして台湾へ行っています!!

 大好きな「旅」の出来事をメインに日々更新中!
 JGC夫婦となったワタシたちが、がんばってお金を貯めて行くJALでの空の旅を報告しま〜す♪


  ★現在、世界のコンラッドホテルに宿泊したらもらえるコンラッドベア(くま)を集める旅をゆる〜く実行中!
  ・2012年8月/東京
  ・2012年12月/シンガポール
  ・2013年5月/香港
  ・2014年1月/ヒルトン50周年記念コンラッドベアの旅(東京)




ブログランキング・にほんブログ村へ ランキングに参加してます♪よかったらポチッとクリックお願いします

2015/1/6

【終】2014年11月香港・食の旅☆最終日・空港へ  ◇2014年11月香港

しばらく香港旅行記は休憩しておりましたが、本日より再スタートです


      ◇  ◆  ◇  ◆  ◇



★帰り(香港→成田)は午前中の便なので、起きて用意したら早速出発です



帰りも無料のシャトルバスで香港駅へ向かいます



◎イビス香港(上環)はH1ルート
クリックすると元のサイズで表示します


ホテルの下で待っているとバスがやってきました

クリックすると元のサイズで表示します


香港駅についたら、インタウンチェックイン
スーツケースを預けて身軽になって空港へ向かいます



エアポートエクスプレス(機場快速)は、今までなぜ使わなかったんだろう?と思うほど快適。
次もこれで移動だな(笑)



クリックすると元のサイズで表示します
機場に到着



空港では、香港の〆にいつものモノを“翠華餐廳”でいただきます


クリックすると元のサイズで表示します


今回も奶油豬とミルクティーは絶対
あと、お持ち帰りしようと思ってフレッシュジュース(すいか・マンゴー)を
2本買いました。


クリックすると元のサイズで表示します


練乳&バターだから、ホントにカロリーが高そうなパンだけど、おいしいから
また食べたくなる



今回は、CXのCABIN・ラウンジで、時間を過ごしました。



クリックすると元のサイズで表示します


CXのラウンジではフルーツメインでいただきます。
その中でも毎回気に入っておかわりしてしまうのがグァバジュース
今回も期待を裏切らない美味しさです




クリックすると元のサイズで表示します




ということで、香港滞在も終了
あとは機内で楽しむのみとなりました…悲しいな



クリックすると元のサイズで表示します




機内食はいろんな意味で期待を裏切らない、機内食らしいもの。
主にフルーツとサラダをいただきます。



クリックすると元のサイズで表示します



甘いものは大好きだけど、アイスクリームはそこまで好きじゃない。
最近はパスすることも多いのですが、クッキー&クリームだったので食べてみたら、
なかなかおいしかった。さすがのハーゲンダッツ(笑)


クリックすると元のサイズで表示します



やっぱり香港は楽しかった
毎回違った面を見せてくれる…そんな街。また来ます





★おまけ★


今回は、日本と香港の気温差を考え、出発帰国用としてユニクロのダウンを着ました
初めて使ったんですが、ホントに小さくなるのでめちゃめちゃ便利。
機内に持ち込んでも邪魔にならないのがいいです


クリックすると元のサイズで表示します
小さくしたとき。わかりやすいようにaruco(ガイドブック)と比較してみました!




今回は貧乏旅行だったけど、これだけは…やっぱり欲しい
ということで自分たちへのお土産に買ったものが、


◎毎回買う化粧品のサンプル(旅行用に便利なんです!)


クリックすると元のサイズで表示します



◎ダンナの旅のお守りは香港でも売ってます。在庫切れを起こしそうだったので購入(笑)


クリックすると元のサイズで表示します


◎これは私のお気に入りのカシス味のグミ

クリックすると元のサイズで表示します




なんだか細かいものばかり買っている気がする…(笑)












海外WiFiレンタル
GLOBAL WiFi




一番人気!電子レンジ・湯せん調理両方OK!!吉野家 牛丼冷凍の具15食セット
0
タグ: JAL 香港 旅行



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ