2005/12/11

アンダーカレント  コミック

著者:豊田徹也
出版:講談社(アフタヌーンKCDX)
クリックすると元のサイズで表示します

最近、漫画を買う冊数がメッキリ減った。
妻に言わせたら「トンデモナイ!」ってところだろうが(笑)、ここ数年は雑誌の連載も読んでいないし、決まったモノしか買わないようになっている。(それすら「のだめカンタービレ」と「ピアノの森」くらいかなぁ…。あとは上條淳士とか、西村しのぶとか、昔馴染みの作者の新作をチラホラと。西原理恵子は買ってるけど、漫画の王道じゃないからね、アレは。笑)

まあ「結婚」が契機だったのは確かだが、一方で僕と漫画トレンドにズレが生じてきてしまったというのも、正直あるだろう。別に「昔の方が良かった」とは言わないけどさ。

そんな訳で新しい作家の漫画を読むのは凄く久しぶり。先週の日曜日の朝日新聞書評で取り上げられていたのを、何となく心に留めていて、出張の合間に購入した作品である。

話の運びは凄く静かで、時折「笑い」も絡めつつ、それでいて描かれていることは重い。

こういうのは僕は好きだね。もう少し整理した方がいいかな、と思うところもあるけど、十分に水準以上の作品だと思う。ラストも僕は好きだ。
画力はもう少しかもしれないが、川原泉なんかに比べたら抜群にうまいしねぇ(笑)。ま、このテーマの取り方が「古臭い」かもしれないけど、処理の仕方としてはイイ線行ってると思うのだが(ここら辺は「趣味」かな)。何より脇のキャラクターの立て方が上手い。「探偵」のカラオケはかなりツボにはまった。

この作者については「今後」が問題だろうね。このスタイル、テーマの選び方で、果たして生き残っていけるのか?
個人的には頑張ってほしいと思う。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ