2011/1/8

読書録「人間はガジェットではない」  

・人間はガジェットではない IT革命の変質とヒトの尊厳に関する提言
著者:ジャロン・ラニアー 訳:井口耕二
出版:ハヤカワ新書JUICE

クリックすると元のサイズで表示します

年末年始の帰省中に考えさせられたことに、「子供とIT(ネット、デバイス等)の距離感」があった。
僕の姪(妹の娘)が中2なんだけど、彼女の「技術」の成績が下がったという話からそんな話題になったのだ。

僕の妹はゲームやPCを敵視していてw、子供たちにはDSもPCも与えていない。
ところが中学の技術の授業でPCを使ってのプレゼンと言う課題があって、PCを持っていない姪は上手く時間内に課題を仕上げることができなかったという。

実際には「家庭でPCに触らせない」ということが、そのまま学業に反映した訳じゃないんだけど(姪の性格やら何やら、色々関係している)、それでもネットやPCとの接触をどのように子供に許していくのかっていうのは、遠からず我が家でも話題にはなるだろうね。
我が家でも、妻はITに一定の距離を持ってるけど、今後の社会を考えると、ネットとの関係から遮断された社会は想像できないだろう。
そういう中でツールとしてIT機器を使うことに精通することは、必要不可欠な「能力」と見なされる可能性もある。
今の「就職難」なんかを考えると、ここら辺の「親の判断」ってのは、結構難しいように思うんだよねぇ。
あ、PCの前に携帯電話があるかな?

この話題は、いずれまとめて考えなきゃいけないと思ってるんだけど、本書を選んだのは、そういったことが頭にあったから。
「安易に『答え』を得ることができるような環境にあると、自分で考えることができなくなる」
的な論調とは別の次元での見方が記されているようで、ちょっと気になったのだ。

一読、「結構、読むのがシンドイ」w。
作者は「バーチャルリアルティの父」と言われているヒトらしく、基本的には「技術者」なんだよね。(「ミュージシャン」でもあるようだが)
そういった技術者の視点からの具体例なんかは僕にはサッパリって感じだし、語りっぷりも独特のものがあって、読んでサッと頭に入るって感じの本じゃない。
それでも読んでいるうちに、漠然とではあるが、作者の言いたいことは分かってきたような気がした。

「技術」が「人間」を規定してしまう危険性がある。
「フリー」は創造者の経済的基盤を破壊してしまうことで、結果的に創造性を押しつぶしてしまう。
匿名性は人間をトロールにしてしまう。
云々、云々・・・

フリーが音楽業界に何をもたらしたか、そこで創造性はどのような有様になったか、
なんてあたりはスゴく興味深かったね。
「2000年代に入って、創造的な音楽はシーンとしてあったかい?」
レトロポリスって考えには頷かざるを得ない面もあると思うよ。

本書を読むと、Appleという会社がやろうとしていることが別の視点から見えてくる。
確かにそこには「ビジネス」がある。
しかしそれだけじゃないんじゃない?
クローズドな技術と、課金制に支えられたiTunesの存在。
あるいはそこにはサイバティック全体主義に対するアンチテーゼが含まれているのではないか・・・と。
(考え過ぎ?w)

ネットもPCもデバイスも、所詮は「ツール」だと言うことを忘れない。

個人としてはそういうことなんじゃないかと思う。
人間の方が技術にあわせるような社会設計がされることに対して「違和感」を持ち続けるためにも。
大分、ヤラれちゃってるかもしんないけどね、個人的にはw。
(もっとも集団知なんかには懐疑的ではある。クラウドもツールとしては便利だと思うけど、その向こうに創造性が生まれるとは思ってないね)

そういった感覚が理解できるまでは安易にPCなんか持たせるべきじゃない?
そこは何とも言えないな。


2011/1/7

読書録「人生がときめく片づけの魔法」  

・人生がときめく片づけの魔法
著者:近藤麻理恵
出版:サンマーク出版

クリックすると元のサイズで表示します

年末に「シンプルに生きる」。
で、年明けにコレ。
実は昨年末に「2011年の目標」としてこんなの立てたんだよね。

「持ち物を半分にする。
具体的には、今持っている「本・CD・DVD・衣類」の半分を処分する」

その目標を念頭に、こういう本を読んでみてる訳。
ちょっと持ち物が増えすぎたからねぇ。
ここで一気に見直して、処分するか、と。
ついでに何とか体重の方も・・・w。

本書は「整理整頓」に関する本なんだけど、基本は『捨てる」ってことにある。
「ときめく」という直感をベースにモノを処分し、残ったものは決まった場所に整理することで「片付ける」というもの。
この「捨て方」が徹底してて、今の僕にはピッタリの内容。
さすがに「ときめく」ってのはチョット気恥ずかしいですがw。

「そうだよなぁ」
と思ったのは、捨てる作業をする際、「場所別」にやるんじゃなくて、「モノ別」にやるってこと。
さらにその「モノ別」の中でも順番が決まっていて、その順番にも結構納得感があった。
ちなみに大枠では、
衣類ー本類ー書類ー小物類ー思い出の品類
とのこと。
これはナカナカ考えられてると思うよ。
と、言う訳で、現在僕はクロゼットの整理をしておりますw。
個人的に洋服にはあんまり思い入れがないから、ガンガン捨ててるけどね。
僕の場合は、次の「本類」、これが問題だろうねぇ。

「ときめき」なんて言うくらいだから、本書は基本的に女性向け。
その乙女チックな部分は読んでて、「いやぁ」って感じだし、モノに対する思い入れの部分も、「うーん」ってとこはあるんだけど、基本的なフレームワークは良くできてるんじゃないかな。
僕の場合、どこまで徹底できるかは、
「如何に子供たちの妨害を躱すか」
ってところにかかってるけどね。

ま、今週末はまずは衣類を半分にしちゃいたいと思います。
本の方はひと月くらいはかかるかな?



2011/1/6

読書録「ノマド出張仕事術」  

・1時間のプチ移動から本格出張まで ノマド出張仕事術
著者:上田渉
出版:実業之日本社

クリックすると元のサイズで表示します

個人的には、
「失敗だったかな?」
って本。

いや、本そのものは悪くないんだけどね。
出張が頻繁な人や、外出先での生産性向上を目論む人には、具体的でよくまとまってる本だと思う。
勝手に僕が「新しいクラウドサービスの紹介」を期待してたのが悪いw。
そういう観点では僕にとっては殆ど目新しいものはなかったんだよなぁ。
むしろ「既知のサービスをどうやって活用していくか」
そういう内容の本。
でも今の職場はそんなに出張ないしね。
そういう意味で冒頭の感想になる。

作者が活用する基本アイテムは、

ノートパソコン
スマートフォン
ノート
スキャナー。

アプリ(ソフト)としては、

Evernote
Dropbox。

ここらへんの活用方法がピンと来ない人にとっては、「入門編」として使えるかな?
「実際的」という意味ではかなり使える内容になってるからね。

「新幹線出張の際はN700系・窓際」

これが基本だってのは理解しましたw。



2011/1/5

読書録「AKB48の経済学」  

・AKB48の経済学
著者:田中秀臣
出版:朝日新聞出版

クリックすると元のサイズで表示します

「リフレ」派の経済学者として、デフレ脱却について積極的に活動する作者が、「AKB48」という存在を経済学的に考察した一冊。
一見、「空想科学本」みたいな感じだけど、実際には実にまじめに「経済」を語っておりますw。

作者は「AKB48」のファンだと言ってるけど、それはあるキッカケから経済的側面から分析を行うようになったからであって、ファン的な熱狂の要素は、思ったより少ないね。
そこら辺、本当の「AKB48」ファンからしたら物足りないかもしれないけど、
「実際にそろって動いているAKB48を見るのは紅白ぐらい。当然、名前なんか全然分からない」
ってレベルの僕からすると。この距離感は読みやすくてよかった。
(ま、なんでそんな奴が、こういう本をチョイスするんだってのはあるかもしんないけどw)

「『AKB48』は『おニャン子クラブ』『モーニング娘。』のビジネスモデルを踏まえた上で、『デフレ不況』に対応するビジネスモデルを築き上げたアイドルグループ。
ポイントは、常設舞台を活動ベースとする『身近さ』に加え、『オーディション』による『入り口』の透明性の明確化、『総選挙』による人気ランキングの透明性の確保、組み合わせによる間口の広いビジネス展開等にある。
常設舞台の地方化によりローカル化を視野に入れるとともに、積極的な海外展開によってグローバル化も獲得したビジネスモデルとなりつつある。
『出口』(卒業)の不透明さ、一人当たりの収入の低さ等の課題を抱えつつも、現時点においては一人勝ちのアイドルグループと言えるだろう」
・・・ってあたりが、ビジネスモデルとしての「AKB48」の位置づけかな?
加えて長寿化する日本のアイドル事情なんかにも考察は広がっていて、なかなか面白く読めた。
読み終えても全然「AKB48」に興味は湧いてこないけどね、個人的にはw。
本書ではKARAや少女時代等のK-POPについても言及されてるけど、僕自身はプロフェッショナリズムを感じる彼女たちの方が興味あるんだよね。
まあ紅白で見る限り、「AKB48」もかなりしっかりしたダンスをするし、「おたく」的なテイストが彼女たちの方に惹かれるのも十分分かりますが・・・。

読み物としては十分面白いし、アイドルだけじゃなく、漫画や大相撲との比較をする興味の広さに加え、キチンと「経済」を語る硬派ぶりもあって、なかなか読み応えもあると思う。
ま、イロモノではありますがネw。

2011/1/4

読書録「ザッポス伝説」  

・顧客が熱狂するネット靴屋 ザッポス伝説  アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか
著者:トニー・シェイ 監訳:本荘修二 訳:豊田早苗、本荘修二
出版:ダイヤモンド社(電子書籍)

クリックすると元のサイズで表示します

確かキャンペーンか何かで、無料か激安になってたので購入した電子書籍アプリ。
でもその割には面白かったなぁ。
定価でも十分その価値はあったかね。

カスタマーサービスに特徴があるネットシューズショップで、アマゾンに巨額(10数億ドルだっけ?)で買収されて有名になった「ザッポス」のCEOが、自らの半生と、ザッポスの経営理念について語った作品。
作者はアマゾンによる買収劇を「買収」ではなく、「提携」と定義しているけど、読んでみると「なるほど」と思わされる。
もっともその真価は「これから」だと思うけどw。

前半の半生の部分はちょっと退屈かなぁ。
ただ起業家を目指し、成功したその半生を語る口調は率直で、好感は持てる。
ザッポスは「カスタマーサービス」で有名だけど、そのことが作者の起業の動機でないことも隠していないあたりもいいね。
彼がたどり着いたザッポスの「コアバリュー」も、まさにたどり着いたものであって、それを彼自身が最初から目指してた訳じゃないんだよね。
そういう意味では彼の成功も「偶然」の要素が少なからずある。
彼自身が一人で成し遂げたものでもない。
でもまあ、ビジネスってそういうもんだよね?
(ただし学業に関する彼の自己表現は「謙遜」すぎる気も。
読んでると何だかフラフラしてるだけのように読めるんだけど、大学はハーバードだし、成績も良かったように見受けられる。
コンピューターおたくのプーじゃないってことは認識しておく必要があるだろう)

後半のザッポスの経営について語ったところは実に示唆に富んでて読ませる。
倒産ギリギリのところを綱渡りするあたりはスリル?満点。
「成功」が「タイミング」に支えられていることが良くわかる。
そしてその先に作者がたどり着く「コアバリュー」。

1.サービスを通して「ワオ!」という驚きの体験を届ける
2.変化を受け入れ、変化を推進する。
3.楽しさとちょっと変なものを創造する。
4.冒険好きで、創造的で、オープン・マインドであれ。
5.成長と学びを追求する。
6.コミュニケーションいより、オープンで誠実な人間関係を築く。
7.ポジティブなチームとファミリー精神を築く。
8.より少ないものからより多くの成果を。
9.情熱と強い意志を持て。
10.謙虚であれ

これらの意味や、それらをどのように社員は受け入れ、考えているかについて、ややシツコイほどにw語ってるんだけど、確かに読んでると、「ザッポス」という会社の特異さが浮かび上がってくる。
同時に、
「こりゃマネできんね」
とも思うんだけどねw。

ラストで作者が提唱する「ハッピネスの追求」については、理解はできるけど、「どうかな」って気持ちもあるなぁ。
個人としては賛同できるんだけど、果たしてビジネスにおいては本当にそれがコアバリューとなりえるのか、ちょっと自信がない。
でも「そうあればいいな」とも思う。
その期待も込めて、作者とザッポスの今後を見ていきたい。
と同時に、僕自身も変わんなきゃね。



2011/1/3

読書録「シンプルに生きる」  

・シンプルに生きる 変哲のないものに喜びをみつけ、味わう
著者:ドミニック・ローホー 訳:原秋子
出版:幻冬舎

クリックすると元のサイズで表示します

年末、帰省中に読んでた本。
まあ我が身を振り返るには丁度いいかと。
特に僕のようなタイプにはねw。

主張としては飛び抜けて目新しいことがいわれている訳ではない。

「選択を吟味して、選び抜かれた少量のもので、身の丈にあった生き方をしましょう」

ま、そんな感じ。
大量のものを手放すことで豊かな生活を手に入れるというスタンスは、最近流行の「断捨離」にも通じるところがある。
そこら辺、「時代の空気」に通じるところがあるのかもね。
僕の妻は好きそうだよ、こういうの。

自分の書斎(というか「納戸」w)を頭に浮かべると、
「なかなかこんな生活は」
って気分になるんだけど、実は今年の目標の一つにはここに通じるところもあったりするんだよなぁ。
「蔵書・CD・DVDを二分の一にする」
これが念頭に立てた目標の一つ。
そのために年初からバンバン捨てて、売っ払おうと思っている。
「シンプルに生きる」
ってつもりはあんまりないんだけど、少し身軽になりたいなぁと思ってね。
もちろん、ダイエットにも力を入れますw。

本書に関しては、化粧品のあたりの記述には、
「なんか都合よすぎないか?」
って気もするんだけど、そこら辺のさじ加減がいいのかもね。
坊さんみたいな禁欲生活じゃないってこと。
実際、持ち物を厳選する過程での出費なんか考えたら、決して「節約生活」なんかじゃないと思うよ。

僕自身がモノを手放す気になっているのは、デジタル化が進んでいることも関係している。
デジタル化が進み、クラウドの活用範囲が広がってくると、なんだか物理的スペースがバカバカしくなってきているんだよね。
もちろん蔵書をすべて自炊する訳じゃないし、電子書籍がどこまで進むのかも見通せない。
でも僕の年齢を考えたら、「過去」を抱え込んでえっちらおっちら進んでいくより、少しでも新しいことにチャレンジしていく方が面白いんじゃないかと思ってね。
そんな大層なことができる訳もないんだけどw、少なくとも今抱えているもの全部振り返る時間なんて、絶対にないだろうからねぇ。

ま、そんなこと言いながらも、どこまでできるかな?
自分自身に対してもやや懐疑的だったりしてw。
でもそういう気分になってるのは確かで、そういうときに読む本書は、それなりに刺激的でもありました。
文章も端正だし。
いい本じゃない?





2010/12/29

読書録「Twitterの神々」  

・Twitterの神々 新聞・テレビの時代は終わった
著者:田原総一朗
出版:講談社

クリックすると元のサイズで表示します

すっかりTwitterにはまっちゃったw田原氏が(<もはや「ツイッター教」の信者といってもいいかもしれない。>(p.020))、Twitterというツールを核に、今後のメデイアのあり方について論じた作品。
前半に三木谷浩史、佐々木俊尚氏、津田大介氏、上杉隆氏、堀江貴文氏、夏野剛氏ら「神々」との対談が収められ、最後に東京新聞論説副主幹(長谷川幸洋氏)を交えてのセミナーが収められている。

一読しての感想は「古い」かなw?
一番古い対談でも今年の3月頃に行われているから、書籍としては「古いネタ」を集めたものじゃないんだけど、内容以上に現実の速度の方が速いってことだろう。
特に前半の対談での語られぶりは、ちょっとネットメデイアに対して楽観的/肯定的すぎるように今となっては感じられる。
そういう意味では民主党代表選の後に行われている9月のセミナーは、Twitterも含めたネットメデイアの現状の立ち位置について限界が認識されており、それをふまえての議論となってる分、現実的な感じがするかな?
多分現状のネットメデイアに対する評価っていうのは(肯定的なところでも)こんなところだろう。
もちろん僕自身はTwitterにもネットメデイアにも期待をしてるんだけど、それがいきなり今のマスメデイアに取って代わるなんてことは、これはあり得ないわな。
(それにしても代表選以降の「逆行」ブリはひどいと思う。僕が菅政権を指示できない一番の理由はココだね)

もっとも個々の対談はそれぞれそれなりに面白い。
特に堀江貴文氏・夏野剛氏の対談は、日本の将来に対する希望を感じさせるところがあって、読んでいてワクワクするようなところがあった。
こういうスタンスの人物が増えてくれば、まだまだ日本も捨てたもんじゃないんだろうけどね。
そのためには指導者層(経営者/政治家)の意識改革、それができないなら、世代交代が必要、
・・・なんだけど、そこが一番難しいってのは確かです。(なんせそのうちの一人は係争中なんだから)

ま、Twitterに興味がある人は読んでみてもいいんじゃない?
やってる人にとっては、それほど新しい視点はないんだけど、面白くは読めると思います。


2010/12/29

読書録「ストレスフリーの仕事術」  

・ストレスフリーの仕事術  仕事と人生をコントロールする52の法則
著者:デビット・アレン  監訳:田口元
出版:二見書房

クリックすると元のサイズで表示します

仕事の管理術としては、ほぼベストだと個人的には思っている「GTD(Getting Things Done)」。
その「GTD」の伝道者wによるエッセイ。
形態としてはエッセイなんだけど(もともとはメルマガだったよう)、内容としてはGTDに沿った「読み物」を52個、GTDの大まかな流れに沿って整理したものになっている。

少し前に「ストレスフリーの整理術」を読んだとき、
「GTDを進める上においては、折に触れての『気付き』が重要」
みたいなことを書いたと思うけど、そういった「気付き」を与えてくれるのに、こういうエッセイがメルマガで定期的に来るって言うのはナカナカいいね。
ま、僕自身はまとめて読んじゃったんで、そういう仕組みにはなってないんだけどさw。
(そういう仕組みに近いのは勝間和代氏の「サポートメール」かな?
「もう止めてもいいかなぁ」と思いつつ、何となく続けてるのは、やっぱりそういう「気付き」があるから)

僕自身、「GTD」を高く評価しつつ、それを徹底できているとはサラサラ言えない状況。
その「言い訳」については本書にも沢山紹介されてるけどw。
「時間がない」
ってところ。
でもコレが「言い訳」なのは自分が一番わかってるんだよねぇ。
そして「時間がない」からこそ、「GTDが効果がある」ってことも。

と言う訳で、本書を読んでの感想の一番は、
「年末年始の休暇に、ToDoの収集を時間とってやるか」
ってこと。
iPhone・iPad等のデジタルバイトの充実、クラウドの活用範囲の広がりは、「GTD」を動かしていく環境をスゴク強化してるとも言えるからね。

その結果がどうなるか?
それは乞うご期待、
ということでw。

2010/12/23

読書録「ロードサイド・クロス」  

・ロードサイド・クロス
著者:ジェフリー・ディーヴァー 訳:池田真紀子
出版:早川書房

クリックすると元のサイズで表示します

ディーヴァーの最新作は<人間嘘発見機>キャサリン・ダンスのシリーズ第2作。
本作ではネットいじめに起因する連続殺人事件が題材となっている。

勿論、ディーヴァーだからね。
事件そのものも単純な「復讐譚」では終わらないし、並行して主人公個人にまつわる「事件」も展開し、得意のジェットコースターぶりが遺憾なく発揮される。
相変わらず、全く退屈させない職人芸ぶりには驚かされるよ。

前作の「ソウル・コレクター」がIT技術を駆使する犯人との闘いを描いていたのに対し、本作ではブログとコメントに端を発する「ネットいじめ」が大きなテーマになっている。
よく日本のネット事情に関して「匿名性」の問題が取り上げられるけど、本作なんかをみると、決してそれは日本固有の課題って訳でもないのかもしれないね。
ま、実名でのソーシャルネットワークの広がりがないことや、「2ちゃんねる」の存在によって匿名でのコメントの影響が大きくなってしまったってあたりが日本固有の問題ではあるんだろうけど。
匿名性がもたらす「暴走」や、ネットにおける個人情報の問題、ネットとのかかわりがもたらす人間性への影響・・・
本書はネット社会におけるそういった課題を、実によく描いている。
それでありながらエンターテインメントとしても上質のものとなっている・・・ってあたりがディーヴァーのすごさなんだよねぇ。

本書で主人公は個人的事件を乗り切りながらも、プライベートでは微妙なポジションに立つことになる。
リンカーン・ライムシリーズが「ライム/サックス」の関係の深まりをシリーズのテーマとしているのに対し、このシリーズにおけるキャサリン・ダンスのプライベートにはどこか不安定なものがある。
シリーズとしてはそこら辺がテーマになるのかな?

と言う訳で、本作を堪能した後ではシリーズ続編を待望したくなるんだけど、一方でライムの続編も早く読みたいし、レベルの高い単発物も期待したい。
その上、007の新作をディーヴァーは書いてるという話だし・・・
うーん、ここに来てこのディーヴァーの充実ぶりは、ちょっと空恐ろしいほど。
勿論、読者としては「嬉しい悲鳴」なんだけどねw。


2010/12/19

読書録「ガンダムと日本人」  

・ガンダムと日本人
著者:多根清史
出版:文春新書

クリックすると元のサイズで表示します

最初は、
「ガンダム世界観を『実在する』と想定して、それを現実の『日本』『日本人』と比較考証する」
みたいなお遊び本かと思ってたんだけど、そーでもないんだよねぇ。
日本近現代史とガンダムの世界観を比較してみたり、「量産」をキーワードに戦後日本史と「モビルスーツ」論を重ねてみたり、挙句には「二人のシャア」として、小沢一郎&富野由悠季論w。
何だかごった煮・・・と思って題名を振り返れば、「ガンダム日本人」。
確かにそう言う本ですワ。
まあ「お遊び本」には違いないけどね。

「ガンダム」と言う架空の世界観を扱いながら、作者の歴史・産業史・技術史・政治史知識には確かなものがあって、そのことが本書を(内容的に)厚みのあるものにしている。
こう言う「お遊び」は、下らない遊びの分だけ、マジに論じる姿勢が必要。
そう言う点は十分ですな。
何でもかんでも「ガンダム」持ってくるのは、そりゃ無理があるんだけど、まあそこはお遊びのルールだからw。

論ずる範囲が広い分、個々の論では、深みが足りないと感じる部分はないではない。
「小沢一郎=シャア」論なんかその強引ぶりが楽しいんだけど、このタイミングで〈権力の亡者や復讐鬼になりはてる〉(P.235)なんて決め付けちゃうのは、「シャア・アズナブル」論としても、如何なものか…とかねw。
でもまあ「ガンダム」をフックに、こんな風に「日本論」「日本人論」を展開するなんて、ナカナカのものだと思うよ。
作品そのものに批評的気分が強く出ているエヴァなんかだと、逆にこういう「お遊び」は難しいかな。

個人的にはガンダムにハマったとは言い切れないんだけど、世代的には「ガンダム世代」のど真ん中だと思う僕にはツボな作品でした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ