2010/8/21

読書録「iPadがやってきたから、もう一度ウェブの話をしよう」  

・iPadがやってきたから、もう一度ウェブの話をしよう
著者:梅田望夫
出版:産經新聞出版(iPhoneアプリ)

「ウェブ進化論」の作者の最新刊。
サバティカル(長期休暇)に入ってから、スッカリ「将棋のヒト」って感じになってたけどw、久しぶりにウェブがらみのコトを論じている。
電子書籍で出版するってのは、作者のスタンスからいえば、「当然」だろう。

iPadの発売を契機に…と言うコトなんだけど、半分は産經新聞に連載された記事をまとめたもの。
個々のコメントは興味深いんだけど、中途半端でもあるね。
例えばオバマ政権の情報公開の話なんかは、支持率が苦しい今、どう言う状況なのかコメントして欲しい。
ソフト開発者の中島聡氏との往復書簡は最新で深い所に突っ込んでいる感がある(深過ぎて、僕にはついていけない所も少なからずあるけどw)。
続きをウェブで公開するってのも面白い取り組み。
とは言え、それは「作品としては完結してない」ってことも意味するからね。
そう言う意味じゃ、現時点での評価は微妙ですわな。

本書で一番面白かったのは、ジョブズがiPadで狙ってるのが、「PC時代の終焉」だと言うこと。
要は新しいPCの形を打ち出したってコトなんだけど、日常iPadを使ってる(この文章もiPadで書いてる)僕は結構頷けるね。
一方で現在のiPadはまだPCを使ってiTunesと同期するコトをベースにしている。
となると、この延長線上にあるのは、iTunesクラウド化…なんだろうねぇ。

(グーグルとアップルの対比を、「大都会に住みますか、ディズニーランドに住みますか」ってまとめたのも、「なるほど」って感じ。こういうイメージでの掴み方は、「さすが梅田望夫」ですな)

まあしばらくは往復書簡を追っかけてみようかな。
そんな気にさせる刺激は確かにありました。


2010/7/29

読書録「ストーリーとしての競争戦略」  

・ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件
著者;楠木建
出版;東洋経済

クリックすると元のサイズで表示します

〈もう一つ、自分が面白いと思う話、人に思わず伝えたくなる話をしよう、と心がけてきました。この本を通じて、自分で面白いと思えない話は一切しなかったつもりです。少なくとも自分では面白いと思っているのですが、お読みいただいた皆さんはいかがでしたでしょうか。〉(p.500)

いや、実に面白かったですw。
取り上げられている具体的な企業の「競争戦略」のストーリーは個々に面白く読むコトができたし、作品としての本書の「ストーリー」も楽しむコトができた。
500ページという大部の作品なんだけど、内容が面白いんで、退屈せずに最後まで読み通せたよ。
まあもうちょっと体裁は一般受けするものにして方が良い様な気もしたけどw。(白一色で、味気ないんだよね。「学術書っぽい」とは言えるかもしれないけど)

本書では色々な企業の競争戦略が取り上げられ、解説されている。

マブチモーター、サウスウエスト航空、スターバックスコーヒー、ガリバーインターナショナル 等々

どれも興味深いんだけど、個人的に一番感心させられたのは「ガリバー」かな。
他の企業についてはどこかで断片的にでも聞いたコトがあったんだけど、「ガリバー」のビジネスモデルは全然知らなかったんでね。
「買取専門」
結構深い戦略があるんですなぁー。

どの競争戦略においても最も面白いのは、本書で「クリティカルコア」と評される部分。
一見「不合理」ながら、競争戦略のストーリー全体からみると「合理的」となるコンセプトのことだ。
それ故にその競争戦略は持続性を持ち、同時に参入者に対する「障壁」ともなり得るという、多重的な意味合いを持っている。
簡単に思い付けるようなもんじゃないけどねー。
でも「だからこそ」ってのはあるよな。

まあ断片的なところだけを取り上げてもダメだってのは本書の主張でもある。
その意味するところを把握するためには、本書で語られる「ストーリー」を読む必要がある。
全ては「それから」のことだ。

まあ大部なんで読むのに時間はかかるかもしれないけど、それだけの価値はあるし、退屈もしないと思うよ。
「ビジネスモデル」ってことを考える場合には、是非一読を。
「論理的思考」の具体例にもなるかな?



2010/3/3

「生きる技術は名作に学べ」  

・生きる技術は名作に学べ
著者:伊藤聡
出版:ソフトバンク新書

クリックすると元のサイズで表示します

<「あらためて名作を読み直しながら、いっけん手に取りにくそうに感じられるこれらのテキストのユニークな面をあらたに発見し、より自由な解釈をうながすこと」>(P.5)

を目的として書かれた古典の書評本。
取り上げられるのは、

「異邦人」カミュ
「車輪の下」ヘッセ
「初恋」トゥルゲーネフ
「アンネの日記」アンネ・フランク
「老人と海」ヘミングウェイ
「月と6ペンス」モーム(*)
「ハックルベリイ・フィンの冒険」マーク・トウェイン
「赤と黒」スタンダール
「一九八四年」ジョージ・オーウェル(*)
「魔の山」トーマス・マン(*)

のバリバリ名作古典10作品である。

<おそらく、こうした小説を読むことができる機会は、十八歳になるまでのあいだに限定されるのだと、わたしは気がつきました。もし、十八歳までにこれらの小説を読まなければ、その機会はほぼ永遠に失われてしまうのだ、と。>(P.4)

10作品のうち「*」をつけた3作を僕は未読なんだけど、確かに他の作品は高校時代までに読んだものばかり。
となると、残り3作を読む機会は「ほぼ永遠に」失われてしまったのか?
「まあ確かにね」
と思わないではないな(笑。今さら「魔の山」を読めって言われても、ねぇ?)。

本書は「古典」の中に現代にも通じる「意味」のようなものを見出し、それを解説している。
題名からはもっと功利的な内容かなとも思えるんだけど、読んでみると意外に真っ当な書評(失礼)じゃないかな、と。
個人的にはもっとノウハウっぽい感じで紹介していっても面白かったんじゃないかと思うくらいだ。

もっとも作者自身は、古典を読むことに、実利的な「意味」を求めているわけではない。
本書のスタンスは、あくまでも一種の「視点」を設けるためのもの。

<わたしが名作から受け取ったのは、生きる技術であると同時に、うしろから背中を押してくれる言葉、生きる勇気であったような気がします。平凡な日常や、厳しい現実のなかにも確実に存在する、美しさを見出す姿勢を教えてくれた名作に対して、大きく感謝しています。>(P.239)

こんな風に考える人が、名作を「ノウハウ本」っぽく茶化すことは、ないですわな(笑)。

作者の説では十八歳を超えちゃうと、これらの作品を読む機会はないとのこと。
でも本書を読めば、これらの古典に関する、何がしかの知見は得ることは出来る。
そんな風に「功利的」「実利的」に読んじゃうのは、作者のスタンスとは大分違うかもしんないけどね(笑)。


2010/2/27

10/02/26のつぶやき  

おはようございます。 2月の最終営業日。 怖い、怖い。
posted at 06:04:19

浅田真央のジャンプする前の厳しい表情がイイなw。
posted at 06:28:05

前向きな仕事 1、後ろ向きな仕事 2。 今のペンディングリストTop3。 凹みそうになるけど、負けんぞっw!
posted at 09:05:56

女子フィギュア、TL見てるだけでドラマがある。 …けど、やっぱ見たいなぁ〜。 クソ〜!
posted at 12:37:34

高レベルの競い合いであったコトが素晴らしい。RT @yahoo_shopping RT @YahooNewsTopics キム・ヨナが金 浅田真央は銀 http://bit.ly/cxog6a #olympic #gorin
posted at 14:04:51

あ〜、でも悔しい。 悔しいけど、悔恨とは違う悔しさであるコトが清々しい。 悔しいけどね〜w。
posted at 14:09:47

目標策定作業中。 ハマればハマる程、数字遊びをやってる気分。 気持ちが切れない様にせんとなぁー。
posted at 19:30:28

駅を出たら、結構な雨。 傘を持ってなかったので、止むなくコンビニでビニール傘を買って出たら、傘なしでも十分の小降りになっていた。 もう袋も取ってもらってたので、今更返しも出来ず。 結局、下げて帰りましたw。 今、家には3本のビニール傘があります。
posted at 22:14:16

「日経新聞の『本当の読み方』がわかる本」読了。 前作と合わせれば、「景気指標欄」等をキーとした経済の見方の基本が見えてくる。 本当はこう言う指標の「解釈」から、政治・経済・社会を論じるコトこそがメディアの仕事じゃないかとも思うけどw。 若い頃に読みたかった本ではあるね。
posted at 22:48:18

二日間休みをもらったにも関わらず、いつも以上に疲れた一週間だった気も。 今日はゆっくり寝て、2月最後の週末はノンビリしよう。 厳しい年度末に備えてネ。 じゃ、お休みなさい。
posted at 22:52:30

2010/2/26

10/02/24のつぶやき  

おはようございます。 今日も一応、休暇。 緊急案件での呼び出しがないコトを祈る。
posted at 07:18:58

子供たちと公園で遊ぶ。 http://twitpic.com/14zydv

posted at 11:02:39

今のところの実力通り、か。二人ともベストの演技を見せた様ですね。RT @nikkansportscom 【五輪】ヨナ78・50で首位、真央2位/フィギュア女子SP速報中 http://bit.ly/9Fce2Z #gorin
posted at 13:13:58

息子は水泳のテスト。 残念ながら、もう少しのトコロで合格にはならなかった様だ。 頑張ってたんだけどねぇ。
posted at 16:00:24

「iPhone仕事術!」 http://j.mp/agR05o
posted at 18:18:17

一日、子どもと一緒にいると、結構な冊数の絵本を読まされる。 これから「こぶとりじいさん」と「こん と あき」。 何回目かなぁ〜。
posted at 19:49:02

歯医者に検診に行き、公園で遊び、水泳教室に連れて行く…と、子供の日常に付き合った一日。 こういう休暇もイイかな? 明日の職場復帰はシンドそうだけどw。
posted at 23:35:48

何かノドが痛くなって来た。 風邪? この冬、何度目かなぁ。 もう寝ます。 お休みなさい。
posted at 23:46:08

2010/2/22

10/02/21のつぶやき  

おはようございます。 ゴルフのために、今日は早起き。 6時くらいに家を出て、エッチラオッチラ、電車で千葉です。
posted at 05:00:24

さて、出発。 2時間かけてゴルフに出掛けます。
posted at 06:18:25

本に夢中になって、乗換駅を乗り過ごしw。 慌ててルート変更。 携帯の乗換案内は、こう言う時有難い。
posted at 06:58:12

息子は今頃、ゴセイジャーか。 僕はひたすら東へ移動中。 寝過ごさない様に、立ってますw。
posted at 07:48:48

ゴルフが終了し、帰宅途中。 スコア「61/48」は、前半はともかくw、上出来の方かな? それにしても寒かったデス。
posted at 17:43:15

「自分をデフレ化しない方法」読了。 最近、勝間さんは「デフレ対策」に力を入れている。 理論的なところは、宮崎氏・飯田氏との対談が一番まとまっているかと。 本書はそれに加えて、「個人としてデフレにどう対処するか」という視点があるんだけど、その分焦点がボヤけたかも。 悪くはないけど。
posted at 17:50:09

来週前半は休暇…の予定が、取り敢えず明日は出勤。 はあ…。 もう寝ます。お休みなさい。
posted at 23:47:23

2010/2/21

10/02/20のつぶやき  

おはようございます。 7時過ぎまで寝たのは久し振り(8時間睡眠!)。 疲れが溜まってたかなぁ。 たまにはこう言うのもイイね。
posted at 07:07:32

「日本経済復活 一番かんたんな方法」読了。 帯に作者三人の姿があるんだけど、「若い」と言う印象。 日銀総裁の顔なんか思い出すと、ここには一種の世代間ギャップの問題があるかも、とも思う。 若者の意見を入れて行く。 今の日本に果たしてソレが出来るのか?
posted at 07:13:23

「アホの壁」 http://j.mp/bf04xW
posted at 10:06:35

今回のオリンピックや、ワールドカップでの、日本代表やメディア、応援団へのモヤモヤを指摘された感じ。 http://j.mp/aR3rOZ
posted at 11:24:55

夕食はアオキのピザ。 息子と娘の食べる量が格段に増えている。 嬉しいけど、今後の食費の上昇曲線を想像させて、チョット怖いw。
posted at 20:02:48

息子と娘の最近のお気に入りの歌は「タイガー&ドラゴン」。 「俺の話を聴け〜!」と歌いながら、会話に割り込んでくる。 可愛いのは可愛いんだけど、ちょっとウザくもあるw。
posted at 22:33:59

深い。RT @masason 事を起こすのが起業家、事を成すのが事業家、事を治めるのが経営者。
posted at 22:45:50

ここに繋がるワケですなw。RT @masason 松蔭先生は思想家。龍馬さんは天下国家を対象とした事業家。二人共に立派な人物であった。
posted at 22:50:21

明日はゴルフで早起き。 気が進まないが、ビミョーに仕事絡みで、止むをえん。 ゴルフ自体は嫌いじゃないが(下手だけど)、寒い中やりたいとは思わないタイプなんだよねぇ。 ま、行くと決めたんで、楽しんで来ますが。 と言うワケで、お休みなさい。
posted at 23:21:07

2010/2/18

10/02/17のつぶやき  

今日も午前様。 カラオケなんか行くベキじゃなかったね。 さあ急いで寝よ。 お休みなさ〜い。
posted at 00:33:29

おはようございます。 お〜サムっ!
posted at 05:52:48

RT @HironaoAshida e-ラーニングがダメな理由の最大のものは、リアル授業での優秀な教員を見つけないままに、ITツール好きのバカ教員をメインにして開発するから。CGと一緒で元がリアルでないものは、シミュレーションしても成功しない。…「学び」そのものはリアルなのだから
posted at 11:07:25

う〜ん…。RT @shalom_rajendra 三原じゅん子、参院選出馬へ…自民比例で擁立に向け調整:社会:スポーツ報知 http://j.mp/bJ3NU2
posted at 11:09:15

「未来思考」 http://j.mp/cbL2a7
posted at 12:33:06

笑RT @WORLDJAPAN 辻仁成&アントニオ猪木の映画『アカシア』試写状、遂に来ました! 猪木好きにとってはある意味、招集令状! 「やる前から負けることを考える馬鹿がいるかよ!」の精神で、「もしかしたら奇跡的に面白くなってるかも……」と自分に言い聞かせながら死ぬ気で観ます!
posted at 16:44:54

まあねぇ…。RT @WORLDJAPAN 『アカシア』についてつぶやいた途端、いかにこの映画が酷かったのかという既に観た人からのタレコミが入りました……。異種格闘技戦でいうと猪木対アノアロ・アティサノエ戦ぐらいの酷さかなあ……。
posted at 16:48:58

嫌な話を聞いちゃったなぁ。 困ったなぁ。 何て部長に言おうかなぁー。
posted at 17:01:09

今日は丸ノ内で福岡時代の同僚と飲み会。 場所は「磯貝」。 東京に出て来てるとは知りませんでした。
posted at 19:21:12

おや? みぞれかな?
posted at 19:21:51

2010/2/17

10/02/16のつぶやき  

やれやれ。 結局、午前様コースか。
posted at 00:24:39

おはようございます。 眠い、寒い、ダルイ…。
posted at 06:01:39

昨日は思わぬ展開で予定がガタガタ。 今日の予定はそのフォローに、社内打合わせ 1、客先との打合わせ 1、客先懇親会1。 飲み過ぎに注意!…ですね。
posted at 07:02:19

国母選手がメダルとればイイなぁ、と秘かに思っています。
posted at 10:40:51

今日の打合わせ(2件)は、事前の予想より上手く行った感触。 ソレを踏まえたお客さんの反応も悪くない。 こういう時、 「何か見落としがあるんじゃねぇか?」 と思っちゃうのは、貧乏性?w
posted at 17:33:29

アチャチャ。RT @WORLDJAPAN RT @samorou: @WORLDJAPANアンタッチャブルの柴田の件は奥さんが愛人を脅迫・暴行して柴田本人も事情聴取されたとの記事です
posted at 17:34:43

着々だなぁ。RT @kharaguchi ネットメディアの方々も入れる政務三役会議なので中継していただいていると考えています。総務省HPは、まだ録画ですが生中継出来るよう検討をお願いしました。
posted at 17:40:00

今日の懇親会、メニューは「すき焼き」らしい。 寒いからイイけど、何となく違和感があるなぁ。 参加者20人くらいいるからね。
posted at 17:57:32

「狼と香辛料U」 http://j.mp/aJgMYP
posted at 17:59:36

懇親会後にカラオケでファンキーモンキーベイビーの「明日へ」にチャレンジ。 大失敗w。 いやぁ、結構難しいね、コレ。
posted at 23:33:00

次回は「ヒーロー」に挑戦だ!w
posted at 23:44:51

お、雪だ。
posted at 23:57:32

2010/2/16

10/02/15のつぶやき  

おはようございます。 さあ一週間のはじまりだ!
posted at 06:24:38

今日の予定は、 社内打合わせ 3 と、内向きな一日w。 結構、ハードルが高い案件もあって、若干憂鬱ではあるんだが。
posted at 08:46:57

ディック・フランシスが亡くなったとの報。 そうかぁ。 最近は熱心に追い掛けてなかったし(「再起」を読んだのが、すごく久しぶり)、正直ピークは随分前に過ぎてると思ってたんだけど…やはり淋しいなぁ。 息子は書き続けるのかな? でもそれはヤッパリ別モンだよね。 ご冥福を。
posted at 11:17:05

定時を過ぎたけど、「仕事はこれから」みたいな雰囲気。 メリハリがあればいいんだけど、完全にソレ前提になってるのがイマイチなんですよねぇ。
posted at 17:36:27

「未来思考」読了。 すごく刺激的な本。 「少子化」「都市化」「日本経済」について、統計から現状の分析を行い、将来の姿を推測する。 「堅い」予想でありながら、前向きな姿勢が好感持てる。 ま、無条件に「明るい未来」って訳でもないけどw。(「やりようはある」ってコトね)
posted at 18:58:10

「帰るか」 と思ってたところに、お客さんから苦情の電話。 内容としては「ごもっとも」。 対応を残業して協議中。 (まあ中味のある残業にはなったかw)
posted at 19:53:18

思わず泣いちゃったよ、シンケングリーン。 http://j.mp/baE7r2
posted at 20:44:03

苦情対応で未だ事務所を出れず。
posted at 21:49:49



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ