2006/1/23

哀れ、塀の中。  雑感

逮捕されちゃいましたね、ホリエモン。

まあ私的にも公的にもライブドアとも堀江氏とも接点はないんだけだ、ちょっと感慨はあるかな。ここ数年、色んな意味で楽しませてくれた人ではあるからねぇ(笑)。

今後の懸念としては、「他のIT関連企業への波及」「株価への影響」「小泉政権への影響」といったところだけど、小泉政権はともかく、他の二つはそれほど大きくはないんじゃないかと思う。まあ似たようなことをやってた企業はあるんだろうけど、ライブドアほど徹底的なのは少ないだろう。考えてみれば、ソフトバンクや楽天に比べて、ライブドアの「本業」のイメージって薄いモンね。
「これが新しい企業の姿かな」と思わせておいて、結局は「本業が虚業だった」ということかいね。(フジテレビを狙ったのも、政治家を目指したのも、所詮は「実業」を求めたのか…なんてマトメると侘しくなっちゃうなぁ)
「虚業」に乗っかった投資家(個人投資家も含む)は冷や水を浴びせられた感もあるだろうけど、結局「株」ってこういうものなんだろう。その本質(企業の場合は事業のウェイトが大きい)から乖離しすぎた事象にはいずれゆり戻しがやってくる、と。

前も書いたけど、僕はホリエモンが既得権益層の醜態を炙り出してくれたことは評価してもいいと思う。ただまあ、あまり褒められた末路(というには早いが)ではないな、今回のは。もし容疑が事実だとしたら、「既存の制度の裏をかく」=「既存の制度を利用する」という点では、既得権益者の一変種でしかなかった、ということだからね。

まあ「虚業によって得た利益を失う」ということなんだから、あまり同情は必要はないだろう。また必要以上に責める必要もない。
今のマスコミの叩き様を見ていると、必要以上に責めることで何かから目をそらさせようとする向きがあるようにも邪推できるし…。
「これはこれで終り」でいいんじゃないかと、個人的には思っております。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ