2007/10/13

走ることについて語るときに僕の語ること  

著者:村上春樹
出版:文藝春秋
クリックすると元のサイズで表示します

村上春樹の最新エッセイ。
本人は「個人史(メモワール)」と言っているが、「走る(マラソン)」ということを核にしながら、自分自身の内面を見つめ、綴った作品になる。結構深いところのある一冊だ。
10代の終わりに村上春樹を読み始め、(一時期の熱意は過ぎ去ったものの)未だに読み続ける僕にとっては非常に興味深い一冊だった。
逆に言えば、「村上春樹」に興味のない人にとっては意味のない作品ということだけどね。

読み終えて思ったのは、
「確かに『村上春樹』は典型的な『長距離ランナー』であり、そのことが作家としてのあり方や、人間としての自分自身の塑像にも繋がってるんだな。
そういう意味では僕自身は『短距離ランナー』。とてもじゃないが村上春樹のようにはやれんワ」
いや、別に村上春樹のようにやる必要はないんだけどサ(笑)。

でも本書で語られていることが全く理解できないかと言うと、そんなことはない。
そういう意味では、極めて個人的なことを語っている中にも何らかの普遍性のようなものが顔を覗かせていると言えるのかもしれない。
相変わらず文体は心地よいしね。

まあでも、コレを読んでジョギングを始める、なんてことはないな(笑)。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ