2007/4/12

「法令遵守」が日本を滅ぼす  

著者:郷原信郎
出版:新潮新書
クリックすると元のサイズで表示します

扇情的な題名だが、中身はかなりマトモ。
「コンプライアンス」「法令遵守」に振り回されるサラリーマンの溜飲を下げるためのキワモノ本かとも思っていたのだが(にもかかわらず買っちゃったのは、僕も弱ってたたから?(笑))、全くそういう類の本ではなかった。

「日本の『法令』は、その成立背景となる社会的要請と乖離している部分がある。今まではそれを行政指導や社会的慣行、マーケットの特殊性等が埋めていたのだが、規制緩和・官民の隔離等の社会情勢変化の中で、そうした緩衝機能が否定されるようになってしまった。本来その段階で『法令』と社会的要請の乖離を埋めるべく、『法令』の手直しを行うべきなのだが、それをしないままに『法令遵守』『コンプライアンス』が叫ばれるようになったため、社会的な実情を反映しない『法令』の遵守が『社会正義』のように言われるようになってしまい、結果として社会的にマイナスの影響を及ぼすまでになっている」

僕なりに本書の主張をまとめるとこんな感じかな?ま、例によって「誤読」の可能性は十分にあるが(笑)。
また、こうした風潮を助長しているのが「官民交流」を倫理規定で断たれ、観念化が強化されている「官」と、「善玉」「悪玉」を決め付ける基準として「法令」を利用し、単純化した報道を繰り返す「マスコミ」であるというのも、なかなか卓見だと思う。

まあ「談合」「ライブドア/村上ファンド事件」「耐震強度偽装事件」「パロマ事件」などが取り上げられ、「法令遵守」が如何にこれらの事件の裏にある「社会的要請」を歪めてしまったかということが懇切丁寧に書かれているのだが、チャンと読まない御仁が、「作者はこうした行為を擁護している」というトンデモナイ非難をしちゃう可能性はあるかな。(そこまで「誤読」するヤツはいないか(笑))

結局のところ「コンプライアンス」というのは「法令遵守」ではなく、「法令」を支える「社会的要請」に応えること、という当たり前といえば当たり前のことが語られているわけだ。(「法令」が常に社会的要請から修正されるアメリカのような国なら「法令遵守」で問題ないのだが、日本の場合はそういう訳にはいかないということ)
でもその当たり前のことがナカナカ・・・。

日常の自分の業務姿勢を反省させられる部分もありますな。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ