2006/12/27

ウェブ人間論  

著者:梅田望夫・平野啓一郎
出版:新潮新書
クリックすると元のサイズで表示します

刺激的な著書「ウェブ進化論」の著者(梅田望夫)と、芥川賞作家(平野啓一郎)の対談(と言いながら、僕は平野氏の作品は一つも読んだことないんだが)。「ウェブ進化論」に刺激を受けた平野氏サイドからのアプローチで、Web2.0が「人間」や「社会」にどのような影響を与えて行くかについて、活発に議論されている。

面白いなぁと思ったのは、若い平野氏(75年生まれ)の方が、梅田氏(60年生まれ)よりも、ウェブが「人間」に与える影響について批判的な側面(「社会」から隔絶した「人間関係」を構築し、そこに安住してしまうのでは、みたいな)を表明している点。僕自身、「ウェブ進化論」にはかなり刺激を受けたつもりだが、感覚的には平野氏に近いところがある。
これは「年代」ではなく、バックボーンとなる知識や経験が「人文系」のものに拠っているところにあるのかな、と思った。

ただ実際的な社会の動きを見ていると、「孤立して先鋭化して行く層」「社会から隔絶し、(社会を変革するという意味での)生産性を失ってしまう層」に対して危惧を抱くよりも、梅田氏のように情報の価値が下がり、その取得が容易になっていくことのメリット面を積極的に捉えたほうがいいような気がする。
第一、危惧を抱いたって、それに対抗するには「インターネット規制」しかないんだが、現実的にも、理念的にもコレは難しい途だからね。確かに「2ちゃんねる」や「ブログ炎上」に見られる心ない匿名者の煽動には眉を顰めるケースも少なくないが、そ
ういう振る舞いに対して個人としてどういう態度をとるか、実際に重要なのはこっちだろう。(その観点から「2ちゃんねる」離れというのは確実にあるように思う)

「ウェブ進化論」を読むよりも梅田氏の言説は本書のほうがバランスの取れたものになっていて、現実感を増しているように読める。それだけに説得力もある。既に生まれ、日々増殖しているウェブの世界を規制するのは「絵空事」。そうなればその中でどのようにサバイブするか、確かに問われるべきはそういう視点だ。

そうした中でどのような「人間像」が立ち上がってくるのか。

これは興味深いけど、誰にも答えられない問いだろうね。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ