2006/8/29

人体 失敗の進化史  

著者:遠藤秀紀
出版:光文社新書
クリックすると元のサイズで表示します

アレキシス・カレルの「人間」は、人間の身体の精巧な機能・造りを解き明かしつつ、そうした「人間」を産み出した「自然」への回帰を訴えていた(簡略化しすぎだけど。笑)。
まあ「人類」という種が、現在の地球上において類を見ない繁栄をしていることは確かだろうから(それが「未来」あるものかどうかはともかく)、生命体としての「人間」が多く点で「成功」しているとは言えるだろう。
ただ果たしてその進化が論理的で、合目的性のあるものだったのかという点は、ナカナカそうは行かないようだ。
こうした視点を持っていたら、カレルの主張もあそこまでのものにはならなかったのでは、とも思ったりする。(それはそれでロマンティシズムはあるのだが)

本書のなかで示されているのは、「如何に進化と言うものがいい加減」で「合目的性からかけ離れているか」ということ。そのことが数多くの事例と共に解き明かされており、具体的に実感できるようになっている。四足歩行から二足歩行になったことで、多くの不都合を抱えているということは漠然と知っていたが、こんな風に具体的には知らなかった。
換言すれば、現在の「人間」の進化した姿も「偶然」に依拠するところが多いということ。「人類」を「失敗作」と断ずる作者の姿勢には小気味のいいものすら感じる。

多少、「遺体学」というものにかける作者の意欲が目に付くところはあるが、一所懸命なんだからいいだろう(笑)。
実生活において役に立つような本ではないが、ネタの一つくらいは拾えるかもしれません。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ