2006/8/29

五郎治殿御始末  

著者:浅田次郎
出版:中公文庫
クリックすると元のサイズで表示します

かなり泣かされた「壬生義士伝」のエピローグ的な作品集と位置づけてもいいんじゃないか。登場人物の重なりはないが、「滅びゆく側」の誇り高い姿を描き出している。(ただし「格好よく」でないのが、浅田流)

浅田次郎の考え方や感じ方には頷けない点も多いのだが、強引な展開の中で、その力技に泣かされちゃうんだよね。「壬生義士伝」や「プリズンホテル」なんか、「そうくるか〜?」と思いつつ、バッチリ仕掛けられた「罠」にはまっちゃった感じがある(笑)。

まあそういう意味ではこの作者は基本的に「長編作家」だろう。
短編小説だと、前フリとか十分仕掛け切れないので、上手くはまらないケースも結構あるんだよね。
「上手い物語作家」であるのは確かなので、どれも面白くは読めるんだけど。
本書も楽しめはしたものの、泣くとこまでは、どの作品もいかなかった。
中では「椿寺にて」と「五郎治殿始末」が良かったかな。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ