2006/8/22

花の下にて春死なむ  

著者:北森鴻
出版:講談社文庫
クリックすると元のサイズで表示します

この作者のことは最近、ちょっと本屋で目についていたんだが、読むのは初めて。こういうときは「期待」と「不安」が交錯しする。
本作は「賞」も受賞した短編連作集なんだけど、さすがに短編推理としては悪くないね。ただ「突出した出来でもない」というのが正直な感想でもある。

最大の弱点は探偵役に際立った個性がないということ。「料理上手なバーテンダー」というのはどっかで見たような設定に思えてしまう。「人格的に優れている」という点を併せると、アシモフの短編集に出てくる探偵役の執事を連想させるのがそういう印象に繋がっているんだろうな。

個々の作品については、やや苦い味わいは悪くないんだけど、コジンマリした感じも否めない(「無理」も見えるけど、これは許容範囲)。ただ表題作は少し頭出ている感じがある。
連作として、偶然、車椅子の女性の死の真相を明かすこととなった老人の死が描かれたその表題作を受けて、かつてその老人が若き日、別の車椅子の女性と恋愛関係にあった過去が明らかになる最終作への繋がりは、「運命」の気配を垣間見せ、よくできている。
この点は「買い」かもしれない。

今後、この作者の作品を読むか?

この点は「留保」というところかな。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ