2010/10/30

読書録「マイルスの夏、1969」  

・マイルスの夏、1969
著者:中山康樹
出版:扶桑社新書

クリックすると元のサイズで表示します

マイルス新書シリーズ第三弾は、マイルス・デイヴィスがエレクトリックに足を踏み込んだ頃。
傑作「ビッチェズ・ブリュー」誕生を巡るエピソードを紹介している。

僕が聴くマイルスはここら辺までかなぁ。
でもここら辺の作品になると(「ビッチェズ・ブリュー」や「イン・ア・サイレント・ウエイ」ね)、気楽に聴くって感じにはならない。
iPhoneで通勤途中に聴きながら、
って感じのアルバムじゃないんだよね。
一時期は集中して聴いてたんだけど、最近はあんまり聴いてないってのが正直なところ。
傑作だと思うし、好きなんだけどねぇ。

本書で描かれるマイルスは、今までと違い、外部の影響を強く受ける姿を見せる。
ジミヘン、ベティ・デイヴィス、ジョー・ザヴィヌル、テオ・マセロ…
何より「時代」がマイルスをある方向性に押し出してるような印象がある。
それはジャズと言うジャンルを通じて「時代」を作り、先端にあり続けた巨人の姿とは、少し違うスタンスなんじゃないかな。
勿論、その中でマイルスは圧倒的な存在感を見せつけ、素晴らしい演奏を作品として残してくれている。
その意味で、またもやマイルスは時代を切り開き、多大な影響を後塵に与えたのは間違いないだろう。
でも「ロック」が彼の中から出て来たものなのかどうか…。
ニューポート・ジャズ・フェスティバルで、スライを見て暴徒化した若者たちを見ながら呟いたマイルスの言葉。

「さて、オレはどっちに行くかな」(p.120)

このクールな距離感が、マイルスとロックの距離感を象徴している、と言うのは、僕の感じ過ぎ?

本書では「ビッチェズ・ブリュー」の製作過程が描かれ、その中でマイルスがどのように創造的アプローチを取ろうとしていたかが垣間見える。
これはチョット意表をつかれた感じもあったな。
熱心なファンには周知のことなのかも知んないけど、僕には「へぇ」って感じ。
ま、「その程度のファン」ってことかもしれんけどねw。

〈本書によって世界中のマイルス研究がネクストレヴェルに移行したといっても過言ではない。〉(菊池成孔。帯より)

いや、過言だとは思うけどw、意欲的な作品であるのは間違いない。
登場人物の多彩さも含め、今までのシリーズの中では一番楽しめました。

久しぶりに「ビッチェズ・ブリュー」、聴きますかねぇ。


2010/10/30

読書録「超ヤバい経済学」  

・超ヤバい経済学
著者:スティーヴン・D・レヴィット、スティーヴン・J・ダブナー 訳:望月衛
出版:東洋経済新聞社

クリックすると元のサイズで表示します

好評だった「ヤバい経済学」の続編。
前作がスゴく面白かったんで、「期待大」だったんだけど…
前作程のインパクトはなかったかな。

いや、内容の水準が落ちてるって訳じゃない。
取り上げられた個々の視点はかなり興味深いし、話も面白く読める。
ただ前作以降、こういう作品を結構な数読んで来たので(行動経済学絡みの作品とか、マルコム・グラッドウェルの本とか)、「考え方」に対する「驚き」があんまりなくなってるんだよね。
前作は話の面白さに加えて、常識を揺るがすような「視点」にインパクトがあった。
でも今じゃ、僕の「常識」は以前とはチョット違った視点を受け入れるようになってる(「インセンティブ」とかね)っつうことでしょう。
エピソードのいくつかは、他の作品で馴染みだったりもするし…。

まあでも、さすがご本家。
「面白さ」と言う点では相変わらずだ。
もともと何かの「原理」を導き出す様な作品じゃないから(ベースには「インセンティブ」って視点があるけど)、「読み物」として色々なエピソードを楽しむ、それで十分かもしれない。
楽しみながら読むうちに、必ず自分自身の「常識」に揺らぎが生じるようになってるからネ。

個人的には「環境破壊」に関するエピソードが興味深かった。
「はやぶさ」の物語にも感じたけど、「科学」にはこういうトコがあるよね。
そこに垣間見えるのは、「合理性」が常識に異義申し立てする姿。
加えてそれを実行に移す戦略・戦術があるところがアメリカの「強かさ」かと。
(それを受け入れる素地が社会にあるってのもあるけど)

本書なんかを読むと、「合理性って何だろう」と思っちゃうんだけど、だからって作者は「合理性」を放棄してる訳じゃない。
「今、合理的って言われてるコトって、視点を変えたら合理的じゃないんじゃない?
より合理的にはこういう考え方をする必要があるんじゃないの?」
と言うのが作者たちのスタンス。
いわば「合理性を問い直してる」って感じなんだよ。

「論理や合理性じゃ、割り切れないものがある」

そうかもしれないけど、そう言い切っちゃうと、思考停止にしかならないからね。
合理性の行き着く先って言うのはないかもしれない(そりゃ「神」領域)。
そのコトを認識しつつ、それでも問いかけ続ける。
作者たちがやってるのは、そういう作業なのかもしれない。

ま、面白いからね。
悲壮感なんかは全くないんだけどサw。


2010/10/30

10月29日 のつぶやき  日記

suzumaro2 http://twitter.com/suzumaro2
10月29日 つぶやきまとめ


23:00
SPEC観てるんだけど、強烈な眠気襲来。
もう寝るかナ。
何か、TRICKっぽくなってて、妙な雰囲気なんだけどねぇ。
…お休みなさい。
2010/10/29 Fri 23:00 From Twittelator

19:47
降り出す前に帰んなきゃ。
2010/10/29 Fri 19:47 From ATOK Pad

17:27
「googleショッピング始まりました http://j.mp/c3yC0g
ほほぅ。
2010/10/29 Fri 17:27 From Reeder

17:19
「売却交渉決裂から一夜…横浜社長不快感(デイリースポーツ) http://j.mp/dCfQNE
この発言は相当失礼な話。
どのような経緯があれ、口にすべき様なセリフじゃないだろう。
2010/10/29 Fri 17:19 From Reeder

17:16
「未来少年コナン 1〜7[DVD] http://j.mp/d1p9rd
いつか息子に買おうと思ってます。
2010/10/29 Fri 17:16 From Reeder

11:28
w。RT @kohmi 近いな。写真→ http://twitpic.com/1orkoq  @o_connection:
2010/10/29 Fri 11:28 From Twittelator

11:23
権限者が錯綜する案件で右往左往。
昨日で決着してたと思ってたんだが、読みが甘かった。
ラインを信じたんだけど、懐疑的に動いた一手の方が正解だったか。
取り敢えずその一手でギリギリしのいでおります。
2010/10/29 Fri 11:23 From Twittelator

11:09
「「検察の独自捜査事件は可視化を」民主議連が骨子案 http://j.mp/caOatV
ドンドン進めるべき。
2010/10/29 Fri 11:09 From Reeder

06:01
ドラフト。
阪神は東京ガスの榎田投手か。
都市対抗で見たけど、結構イイ投手だったぞ。
楽しみ、楽しみ。
(同じ東ガス抑えだった美馬投手は楽天)
2010/10/29 Fri 06:01 From Twittelator

05:45
おはようございます。
眠い、眠いー。
2010/10/29 Fri 05:45 From Twittelator




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ