2010/7/6

7月5日 のつぶやき  日記

suzumaro2 http://twitter.com/suzumaro2
7月5日 つぶやきまとめ


23:54
さあ、「今日」のウチに寝よ。
2010/07/05 Mon 23:54 From web

22:18
出口の見えない状況。
取り合えず、今日は帰ります。
明日はどーなる?
2010/07/05 Mon 22:18 From web

18:34
やれやれ。
トラブルに見舞われると、チョットしたことの判断も間違っちゃうな。
2010/07/05 Mon 18:34 From web

16:54
役員から、「動きが足りない」と厳しい叱責。
言われても仕方ないトラブルが発生中ではある。
2010/07/05 Mon 16:54 From web

16:49
クリスピークリスプ。
もうそんなに並んでませんネ。
http://twitpic.com/22baho
2010/07/05 Mon 16:49 From Twittelator

16:43
おや、雨が降り始めた。
2010/07/05 Mon 16:43 From web

14:35
週末を超えてトラブル増殖中。
こういう時、実務がわかんなくなってると、辛いなー。
2010/07/05 Mon 14:35 From web

10:54
「おサケについてのまじめな話」読了。
西原理恵子の「お金」に続いて、「おサケ」の話。
鴨志田氏のことがあるから、かなりマジです。
まあ通常の作品ではどーしても「お笑い」になってたから、こういう作品は必要だろーな。
まあ現時点では自分は大丈夫だと思うけど、先はわかんないしなー。
2010/07/05 Mon 10:54 From web

06:04
おはようございます。
今日は早めの出勤で、既に出勤途上です。
2010/07/05 Mon 06:04 From web


2010/7/6

読書録「おサケについてのまじめな話」  

・西原理恵子×月乃光司 おサケについてのまじめな話 アルコール依存症という病気
著者:西原理恵子、月乃光司
出版:小学館

クリックすると元のサイズで表示します

「お金」に続いて、西原理恵子が語る、マジな話。
アルコール依存症から復帰しながら、ガンで死亡した元夫・鴨志田穣との経験をベースに、若年性アルコール依存症克服した月乃氏と語り合っている。

まあ「毎日かあさん」等の西原作品の場合どうしても「笑い」の方向に持って行っちゃうからね。
鴨志田穣氏の生還と死を描いた巻の「毎日かあさん」は、かなりマジになってたけど(泣けた泣けた)、それでもトーンとしては、アルコール依存症にかかった鴨志田氏との生活についてはオブラートに包んだような感じになっている。
ただこの病気は、そんな甘っちょろいもんじゃないんだろうな。
そのコトをシッカリと書き記すために、(漫画じゃない)本書が必要だったんだろう。

まあ個人的には今の生活パターンならアルコール依存症に陥る可能性は低いと思う。
でも20代のころの生活を今も続けていたら何とも言えないなぁーと思うし、その認識がある分、将来の可能性に対しては留保せざるを得ないってのはあるかな。
それに「予備軍・軽症まで加えれば440万人」と言われる病気だ。
自分の身の回りに、そういうヒトが現れる可能性だって否定出来ないだろう。

個人的には西原・鴨志田ファンとして本書を手にしたんだけど、予想以上の鴨志田氏姿に、ちょっと気持ちが重くなった。
ただそれこそが西原氏が漫画ではない本書を記した意図だろうし、この読後感は、結果としてその目的を果たしている、ということ。
「サケを飲む」
ってのは、ワリと「男らしさ」と繋げて捉えられたりするんだよねー。
でもその果てに待っているモノは…。

ちなみに本書で適量とされるアルコールの一日の摂取量は、
「ビール 500ml×1本」
「日本酒1合」
うーん、既に月曜の懇親会ではそんなのはるかに超えちゃってるがなw。

酒好きのみなさん。
チョット立ち止まって自分を見直してみる必要があるかもしれません。
取りようによっては、怖い本だよー。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ