2010/2/23

「日本経済復活 一番かんたんな方法」  

・「日本経済復活 一番かんたんな方法」
著者:勝間和代、宮崎哲弥、飯田泰之
出版:光文社新書

クリックすると元のサイズで表示します

最近、勝間氏の活動は「デフレ対策」にウェイトが置かれている。
それが「ボーリングの一番ピン」だと言うのが彼女の認識で、本書でもそのことは繰り返し述べられている。
まあ理論的な部分は、ビジネスパートナーの上念氏が書いた「デフレと円高の何が『悪』か」のほうが、まとまっていて理解しやすいかもね。
ただ本書の方が、気鋭の経済学者(飯田氏)と、守備範囲の広い評論家(宮崎氏)との対談形式になっている分、読みやすいし、広がりがあって楽しめるというのはあるかな。
宮崎氏が「かつては反リフレ派であったが、色々勉強した結果、転向した」みたいなことを発言しているのも面白いし、そういう柔軟さが、本書の「深み」にもなってるように思う。

僕自身は「リフレ派」とまでは言えない。
どーしても「お金が増えればデフレは解決する」ってのがスッキリ入ってこないんだよね。
最もこういうところはハッキリ本書で指摘されていて、「素朴理論のトラップ」って整理されちゃってるんだけど(笑。ただしその克服が非常に難しいことも認識されている)
まあでも「デフレがまずい」ってのは、ここに来て、自分自身の中でもハッキリしてきている。
正直言って、本書で述べられているような金融政策には「リスク」は殆どないからね。
「じゃあ、やってみりゃいいじゃん」
これが今のスタンスだ。

内容とは別に感じたことが一つ。
本書の帯には、勝間氏・宮崎氏・飯田氏の写真が出ている。
3人とも40歳前後だから、「若者」と言い切るのはチョット躊躇してしまうが(笑)、でも印象は若いよね。
その写真を見ながら、一緒に思い出したのは、日銀の白川総裁の姿。
先週末くらいに確か、白川総裁は「インフレ的施策はとらない」みたいな発言をしたと思うんだけど、その際の、経験豊富な顔つきが本書の3人とは対照的な印象だった。

視点を変えると、「デフレ対策」を巡る対立って言うのは、世代間対立の側面があるのかもしれない。
「対立」という言葉がキツイようなら、「世代間ギャップ」でもいいけど、
「30代、40代くらいの若い層が政策決定の場において力を発揮できないこと」
これがこの対立の裏側にある構図なのではないか、と。
(そしてそのことは「官僚支配」にも通じる部分がある。「官僚」の問題の中で大きいのは、「年功序列の組織決定」が組織や政策・施策を劣化させるところにあるからね)

勝間氏の努力がどの程度影響しているのかは分らないが、ここに来て、若干風向きは変わってきているようにも感じる。
「デフレには問題がある」
そういう認識は少しずつ広がってるんじゃないだろうか?
「デフレ」のもたらす閉塞感は、相当に社会を追い込んできている気がするからね。
しかしそれがどうすれば具体的な動きにつながるのか?
端的に言えば、「日銀に戦略を変えさせる」。
ポイントが明らかなだけに、効果のある戦術が求められるところだ。
そこでは「メディア戦略」が重要な意味を持つだろう。

と言うわけで、本書もその「戦術」の一つですな。
ここからどういう動きが出てくるのか。
自分自身がそこにどういうスタンスで臨むべきなのか。
次のステップはそこにある。


2010/2/23

10/02/22のつぶやき  日記

おはようございます。 ちょっとふくらはぎが張ってますw。
posted at 05:46:45

完全に復調したね。RT @googlenewsjp 7差大逆転!藍、日本人初開幕戦V/米女子 http://bit.ly/9WIyit #googlenewsjp
posted at 05:57:09

おお、こちらも!カーリング、宮里藍と、女性の活躍に驚かされる朝。RT @RYOtheSKYWALKER 寺島しのぶさん、最優秀賞ベルリン映画祭、日本人女優3人目 http://bit.ly/91kwf4 この前ヨースケの舞台見たとこだ!祝!
posted at 05:58:48

明日の休暇を確保するために、アッチコッチに電話して、進捗の確認、スケジュールの調整、作業の前倒し、などなど…。 ようやく目処がついたと思ったところで、新たな苦情(?)発生w。 何とか中身を整理して、方向性の指示を出したトコです。 さあ、休めるか⁈
posted at 18:59:53

よし!明日は休むぞ! もしかしたらマズイかもしんないけどw、休む‼
posted at 21:24:04

「Top 100s by year」コレはヤバイw。 放っておくと、ズーッと聴いてしまいそう。 BGMには最高だなぁー。 マジでこれの日本版があったら、聴きまくるだろうなw。
posted at 22:05:31

2010/2/22

10/02/21のつぶやき  

おはようございます。 ゴルフのために、今日は早起き。 6時くらいに家を出て、エッチラオッチラ、電車で千葉です。
posted at 05:00:24

さて、出発。 2時間かけてゴルフに出掛けます。
posted at 06:18:25

本に夢中になって、乗換駅を乗り過ごしw。 慌ててルート変更。 携帯の乗換案内は、こう言う時有難い。
posted at 06:58:12

息子は今頃、ゴセイジャーか。 僕はひたすら東へ移動中。 寝過ごさない様に、立ってますw。
posted at 07:48:48

ゴルフが終了し、帰宅途中。 スコア「61/48」は、前半はともかくw、上出来の方かな? それにしても寒かったデス。
posted at 17:43:15

「自分をデフレ化しない方法」読了。 最近、勝間さんは「デフレ対策」に力を入れている。 理論的なところは、宮崎氏・飯田氏との対談が一番まとまっているかと。 本書はそれに加えて、「個人としてデフレにどう対処するか」という視点があるんだけど、その分焦点がボヤけたかも。 悪くはないけど。
posted at 17:50:09

来週前半は休暇…の予定が、取り敢えず明日は出勤。 はあ…。 もう寝ます。お休みなさい。
posted at 23:47:23

2010/2/21

10/02/20のつぶやき  

おはようございます。 7時過ぎまで寝たのは久し振り(8時間睡眠!)。 疲れが溜まってたかなぁ。 たまにはこう言うのもイイね。
posted at 07:07:32

「日本経済復活 一番かんたんな方法」読了。 帯に作者三人の姿があるんだけど、「若い」と言う印象。 日銀総裁の顔なんか思い出すと、ここには一種の世代間ギャップの問題があるかも、とも思う。 若者の意見を入れて行く。 今の日本に果たしてソレが出来るのか?
posted at 07:13:23

「アホの壁」 http://j.mp/bf04xW
posted at 10:06:35

今回のオリンピックや、ワールドカップでの、日本代表やメディア、応援団へのモヤモヤを指摘された感じ。 http://j.mp/aR3rOZ
posted at 11:24:55

夕食はアオキのピザ。 息子と娘の食べる量が格段に増えている。 嬉しいけど、今後の食費の上昇曲線を想像させて、チョット怖いw。
posted at 20:02:48

息子と娘の最近のお気に入りの歌は「タイガー&ドラゴン」。 「俺の話を聴け〜!」と歌いながら、会話に割り込んでくる。 可愛いのは可愛いんだけど、ちょっとウザくもあるw。
posted at 22:33:59

深い。RT @masason 事を起こすのが起業家、事を成すのが事業家、事を治めるのが経営者。
posted at 22:45:50

ここに繋がるワケですなw。RT @masason 松蔭先生は思想家。龍馬さんは天下国家を対象とした事業家。二人共に立派な人物であった。
posted at 22:50:21

明日はゴルフで早起き。 気が進まないが、ビミョーに仕事絡みで、止むをえん。 ゴルフ自体は嫌いじゃないが(下手だけど)、寒い中やりたいとは思わないタイプなんだよねぇ。 ま、行くと決めたんで、楽しんで来ますが。 と言うワケで、お休みなさい。
posted at 23:21:07

2010/2/20

10/02/19のつぶやき  日記

おはようございます。 久し振りに6時間以上寝れました。 ちょっとスッキリ…って感じです。
posted at 05:45:54

どうも仕事上の失敗が続く。 ちと落ち着かないと…。
posted at 14:58:59

来週の有休は難しくなって来たなぁ。 自分の頑張りでなんとかなるなら気合入れてやるんだけど、「相手の反応待ち」なもんで…。 何とか一日は、と思ってるんだけど、どーかなー。
posted at 15:30:07

来週頭から休みの予定だったのを断念し、やけ気味に今日は早帰り。 子供たちに本を読んでやり、夕食を食べゆっくりお風呂に入って、この時間。 こうあるべきだよな。
posted at 21:37:42

さあ、早いけど、寝ちゃおう。 明日はタップリ朝から子供たちと遊びまくろー!
posted at 23:05:19

2010/2/20

「アホの壁」  

・アホの壁
著者:筒井康隆
出版:新潮新書

クリックすると元のサイズで表示します

新潮新書でこの題名。
「バカの壁」の二番煎じなのはアリアリなんだけど、勿論、そのことは作者自身も認識している。
でも「筒井康隆」だからね。
「二番煎じで売れるのを狙う」っていうのとは違うだろう。(ま、売れれば売れたで、それでいいんだろうが)
もともとは「人間の器量」という題名で執筆依頼されたのを、作者自身がこの題名に変えたらしい。

<筒井康隆の「人間の器量」などという本が売れるわけがないが、筒井康隆の『アホの壁』なら売れるのである。>(P.8)

どこまで売れてるのかどうかは知らないが(笑)、狙いとしては分る気がするね。

内容としては「人間の愚行」について論じた本、ってとこかな。
世間で見られる愚行の数々(=アホ)を、ユーモアたっぷりに論じ、精神医学や、心理学、文学に通じた広範な知識をベースに解説した本・・・という感じですな。
次から次に列挙される「アホ」は、笑えるもの、呆れるもの、理解できないもの・・・と多種多様だが、ふと「おと、コレは自分も・・・」なんて気分になり、そこをバッサリ切られて、「いやぁ」って、頭を掻きたくなる。
バッサリやってるんだけど、「言ってる自分もそうなんだ」って第三者的視点と、そこからかもし出されるユーモア感が、作品の印象を柔らかいものにしてるってのもあるかな。

<人類はやがて滅亡するだろうが、そしてそれは最終戦争以外の理由であるからかもしれないが、その時はじめてわれわれはアホの存在理由に気づくだろう。アホがいてこそ人類の歴史は素晴らしかった、そして面白かったと。たとえ人類滅亡の理由がアホな行為にあったとしても、アホがいなければ人類の世界と歴史はまるで無味乾燥だったに違いなかったのだと。アホとはなんと素晴らしいものであろう。
 アホ万歳。>(P.183,184)

何とも筒井康隆らしい(笑)。

正直言うと、あまりの博識振りがチョット鼻につく感じがないではないんだけど、これがこの作者のスタイルっちゃあスタイルなんだよね。
(しつこいようだけど)売れるかどうかは分らんけど(笑)、筒井康隆らしい「人間論」という意味では、面白く読ませてもらいました。

2010/2/19

10/02/18のつぶやき  日記

三日連続、午前様。 磯貝、美味しかったけどねぇ。
posted at 00:37:35

おはようございます。 少しアルコールが残ってる感じかなw。
posted at 05:36:58

うわっ! もう積もってるよ。 http://twitpic.com/13tm9w

posted at 06:42:48

朝からバタバタ、バタバタ…。 来週、少しお休みを頂戴する予定だったんだけど、チト無理か? (いや、ガンバルぞ)
posted at 11:19:03

RT @satonao310 RT @tomo0404: 頑張れ国母君。 QT @pleasure_girl RT @fu4: 面白い!RT @kaz_u なるほどね。国母問題についての元ナショナルチームコーチの意見。http://j.mp/aJblh6
posted at 11:28:21

なんと!…ご冥福を…。RT @kizukuri 「藤田まこと」さん死去 http://bit.ly/91CzUp http://is.gd/8CzOE
posted at 11:42:56

初期の中村主水がホントに好きだった…。RT @47news 速報:俳優の藤田まことさんが、大動脈瘤破裂のため大阪府吹田市の病院で死去した。76歳。 http://bit.ly/17n4iz
posted at 11:48:24

立食パーティも2時間を超えると辛い。 なかなか面白い出し物もあったけど、ここら辺で退散、退散。
posted at 20:11:57

「アホの壁」読了。 「バカの壁」のパロディや、オチャラケ本ではなく、人間の「愚行」について、ユーモアと博識(精神学的なモノを核として)をもって論じた本。 読みやすくはあるけど、軽くはないと思うがね。 ただ個人的にはもうチョット軽くしてもらった方が…w。
posted at 20:44:15

「八朔の雪」 http://j.mp/ampW65
posted at 21:49:49

数日振りに「今日」の内に帰宅。 今晩は早めに寝て、睡眠時間を稼ぎます。 お休みなさい。
posted at 23:00:36

2010/2/18

10/02/17のつぶやき  

今日も午前様。 カラオケなんか行くベキじゃなかったね。 さあ急いで寝よ。 お休みなさ〜い。
posted at 00:33:29

おはようございます。 お〜サムっ!
posted at 05:52:48

RT @HironaoAshida e-ラーニングがダメな理由の最大のものは、リアル授業での優秀な教員を見つけないままに、ITツール好きのバカ教員をメインにして開発するから。CGと一緒で元がリアルでないものは、シミュレーションしても成功しない。…「学び」そのものはリアルなのだから
posted at 11:07:25

う〜ん…。RT @shalom_rajendra 三原じゅん子、参院選出馬へ…自民比例で擁立に向け調整:社会:スポーツ報知 http://j.mp/bJ3NU2
posted at 11:09:15

「未来思考」 http://j.mp/cbL2a7
posted at 12:33:06

笑RT @WORLDJAPAN 辻仁成&アントニオ猪木の映画『アカシア』試写状、遂に来ました! 猪木好きにとってはある意味、招集令状! 「やる前から負けることを考える馬鹿がいるかよ!」の精神で、「もしかしたら奇跡的に面白くなってるかも……」と自分に言い聞かせながら死ぬ気で観ます!
posted at 16:44:54

まあねぇ…。RT @WORLDJAPAN 『アカシア』についてつぶやいた途端、いかにこの映画が酷かったのかという既に観た人からのタレコミが入りました……。異種格闘技戦でいうと猪木対アノアロ・アティサノエ戦ぐらいの酷さかなあ……。
posted at 16:48:58

嫌な話を聞いちゃったなぁ。 困ったなぁ。 何て部長に言おうかなぁー。
posted at 17:01:09

今日は丸ノ内で福岡時代の同僚と飲み会。 場所は「磯貝」。 東京に出て来てるとは知りませんでした。
posted at 19:21:12

おや? みぞれかな?
posted at 19:21:51

2010/2/18

「八朔の雪」  

・八朔の雪 みをつくし料理帖
著者:高田郁
出版:ハルキ文庫

クリックすると元のサイズで表示します

<「ほほう、お前はんは『雲外蒼天』の相やな」
(中略)
「頭上に雲が垂れ込めて真っ暗に見える。けんど、それを抜けたところには青い空が広がっている。−可哀想やがお前はんの人生には苦労が絶えんやろ。これから先、艱難辛苦が降り注ぐ。その運命は避けられん」>(P.98)

作中登場する易者の言葉どおり、ヒロインの身には「過去」にも「現在」にも、次から次へと「悲運」「難題」が降りかかってくる。
その運命に対して、「料理」という「武器」を持って立ち向かい、身の回りの人々の助けを得ながら、一歩ずつ前進していく。
そういう物語だ。

<「けんど、その苦労に耐えて精進を重ねれば、必ずや真っ青な空を望むことが出来る。他の誰も拝めんほどすんだ綺麗な空を。ええか、よう覚えときや」>(P.99)

残念ながらその「真っ青な空」を、まだヒロインは拝むことは出来ていないが、進んでいく先には「希望」があるだろうと思わせるストーリー展開が、本作を明るく、清々しい印象にしている。
評判になってる時代小説とは知ってたけど、予想以上に面白く、感動的な物語だったよ。

「小説の仕掛け」としては、「雲外蒼天」という単語が効いている。
ヒロインの運命を象徴するこの言葉は、本作の終盤、ヒロインが絶望の淵に佇んでいるとき、不意に目の前に現れ、彼女の背中を強く押し出してくれる。
この「仕掛け」は(背景は十分に推測できていたんだけど)、かなり効果的だね。
「上手い!」
と思わず声が出そうになった。

本作はシリーズになっていて、続編が1冊出ており、続刊の予定もあるとのこと。
これは「読まなきゃイカン」と思っております。
作中に出てくる料理がまた、美味しそうなんだよねぇ。
作り方も巻末に出てるので、機会があったらチャレンジしてみようかな・・・と思ったりして(笑)。


2010/2/17

10/02/16のつぶやき  

やれやれ。 結局、午前様コースか。
posted at 00:24:39

おはようございます。 眠い、寒い、ダルイ…。
posted at 06:01:39

昨日は思わぬ展開で予定がガタガタ。 今日の予定はそのフォローに、社内打合わせ 1、客先との打合わせ 1、客先懇親会1。 飲み過ぎに注意!…ですね。
posted at 07:02:19

国母選手がメダルとればイイなぁ、と秘かに思っています。
posted at 10:40:51

今日の打合わせ(2件)は、事前の予想より上手く行った感触。 ソレを踏まえたお客さんの反応も悪くない。 こういう時、 「何か見落としがあるんじゃねぇか?」 と思っちゃうのは、貧乏性?w
posted at 17:33:29

アチャチャ。RT @WORLDJAPAN RT @samorou: @WORLDJAPANアンタッチャブルの柴田の件は奥さんが愛人を脅迫・暴行して柴田本人も事情聴取されたとの記事です
posted at 17:34:43

着々だなぁ。RT @kharaguchi ネットメディアの方々も入れる政務三役会議なので中継していただいていると考えています。総務省HPは、まだ録画ですが生中継出来るよう検討をお願いしました。
posted at 17:40:00

今日の懇親会、メニューは「すき焼き」らしい。 寒いからイイけど、何となく違和感があるなぁ。 参加者20人くらいいるからね。
posted at 17:57:32

「狼と香辛料U」 http://j.mp/aJgMYP
posted at 17:59:36

懇親会後にカラオケでファンキーモンキーベイビーの「明日へ」にチャレンジ。 大失敗w。 いやぁ、結構難しいね、コレ。
posted at 23:33:00

次回は「ヒーロー」に挑戦だ!w
posted at 23:44:51

お、雪だ。
posted at 23:57:32



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ