2010/2/28

「2月27日」のつぶやき  日記

23:55
明日の朝は 「ゴセイジャーが観たい!」 って、息子に起こされんのかなぁ、と思いつつ、 お休みなさい。
2010/02/27 Sat 23:55 From web

23:35
「毎日かあさん 6」読了。 「岳物語」の岳は結構逞しく育った感じ。 さて、この子たちはどんな風に大きくなるのかな? …って、まずは自分トコの子供がどーなるかだよw。
2010/02/27 Sat 23:35 From web

17:41
「日経新聞の『本当の読み方』がわかる本」 http://happy.ap.teacup.com/suzumaro/1494.html
2010/02/27 Sat 17:41 From AutoPage

15:13
無事、泣もせずに、カット終了。 さすが慣れたもんですな。
2010/02/27 Sat 15:13 From web

14:33
カット開始。 http://twitpic.com/15ksvf
2010/02/27 Sat 14:33 From Twittelator

14:28
息子と娘が美容院。 娘は初体験です。 大丈夫かな〓。
2010/02/27 Sat 14:28 From web

14:26
今や民主党の最優先の選挙対策は、優先順位をつけた政策を、オープンにしながら着実に実行するコトだと思うんだけど、どうもチグハグ。 夫婦別姓も、外国人参政権もイイけど、異論が多々ある政策の優先順位を上げる必要は、現時点はないだろうに、と思う。
2010/02/27 Sat 14:26 From web

14:11
やると思ったw。RT @joshiben_ko 「ブラックジャックによろしく」の佐藤秀峰さんが作家直販をスタート RT @sinkanjp: 出版社を通さない“作家直販” 開始初日に10万円の売上げ。 http://j.mp/bHeDnf
2010/02/27 Sat 14:11 From Twittelator

13:26
昼食はフレッシュネスバーガー。 キッズセットは便利だけど、オマケの塗り絵セットはイランといつも思う。
2010/02/27 Sat 13:26 From web

09:57
休日の雨は、チョット凹むw。
2010/02/27 Sat 09:57 From web

07:15
おはようございます。 休日はノンビリ起床。
2010/02/27 Sat 07:15 From web

07:14
10/02/26のつぶやき http://happy.ap.teacup.com/suzumaro/1493.html
2010/02/27 Sat 07:14 From AutoPage

07:12
「花散らしの雨」 http://happy.ap.teacup.com/suzumaro/1492.html
2010/02/27 Sat 07:12 From AutoPage


鈴麻呂 / twitter

2010/2/28

10/02/27のつぶやき  日記

「花散らしの雨」 http://happy.ap.teacup.com/suzumaro/1492.html
posted at 07:12:22

10/02/26のつぶやき http://happy.ap.teacup.com/suzumaro/1493.html
posted at 07:14:48

おはようございます。 休日はノンビリ起床。
posted at 07:15:50

休日の雨は、チョット凹むw。
posted at 09:57:35

昼食はフレッシュネスバーガー。 キッズセットは便利だけど、オマケの塗り絵セットはイランといつも思う。
posted at 13:26:27

やると思ったw。RT @joshiben_ko 「ブラックジャックによろしく」の佐藤秀峰さんが作家直販をスタート RT @sinkanjp: 出版社を通さない“作家直販” 開始初日に10万円の売上げ。 http://j.mp/bHeDnf
posted at 14:11:29

今や民主党の最優先の選挙対策は、優先順位をつけた政策を、オープンにしながら着実に実行するコトだと思うんだけど、どうもチグハグ。 夫婦別姓も、外国人参政権もイイけど、異論が多々ある政策の優先順位を上げる必要は、現時点はないだろうに、と思う。
posted at 14:26:23

息子と娘が美容院。 娘は初体験です。 大丈夫かな〜。
posted at 14:28:31

カット開始。 http://twitpic.com/15ksvf

posted at 14:33:12

無事、泣もせずに、カット終了。 さすが慣れたもんですな。
posted at 15:13:16

「日経新聞の『本当の読み方』がわかる本」 http://happy.ap.teacup.com/suzumaro/1494.html
posted at 17:41:43

「毎日かあさん 6」読了。 「岳物語」の岳は結構逞しく育った感じ。 さて、この子たちはどんな風に大きくなるのかな? …って、まずは自分トコの子供がどーなるかだよw。
posted at 23:35:17

明日の朝は 「ゴセイジャーが観たい!」 って、息子に起こされんのかなぁ、と思いつつ、 お休みなさい。
posted at 23:55:40

2010/2/27

「日経新聞の『本当の読み方』がわかる本」  

・日経新聞の「本当の読み方」がわかる本 ニュースを関連づければ知識に変わる
著者:小宮一慶
出版:日経BP社
クリックすると元のサイズで表示します

前作「日経新聞の数字がわかる本」に続き、「景気指標」を中心とする日経新聞の記事から経済の動きを推測するための方法を教えてくれる作品。
前作が指標の内容を解説することを中心にしたのに対して、本書のほうは具体的な事例を取り上げ、指標とニュース記事を関連づけながら、その記事の裏にあるもの、あるいは記事の背景となる大きな経済の流れなどを推測してみせてくれる。

事例を分析するもととなる文章は「nikkei BPnet」に連載されたものが中心で、僕は連載のときにも読んでるんだけど、改めてこうしてまとめて読んでみると、それはそれで新たな気づきがある。
何より、「記事と指標を関連づける」それがどういうことなのかが、まとまって見ることができるだけに、感覚としても捉えやすくなっているんだよね
正直言うと、前作・本作は若い時に読みたかった。
そうなると随分と日経新聞から得るものが変わってきてたと思うんだけどなぁ。
ま、言い換えれば、若い人にとっては非常にタメになる本と言うこと。
小宮氏の見方っていうのは非常に「硬い」と思うんだけど、基本的であることも確か。
まずはこういう「見方」を手に入れることが、若いビジネスマンにとっては重要だと思う。
(勿論、オッサンにもね(笑)。僕も頑張ります)

それはそれとして、もう一つ思ったのは、
「こういう『起きた事象と指標を関連づけて分析し、推測する』あるいは『指標の意味合いを考え、そこに分析と推測を重ね、今後の見通しを論じる』なんてことは、本来、マスメディアの本分なんじゃないか」
ってこと。
勿論、そういう記事がないわけじゃないんだけど、本書がある種のインパクトを持って受け取られるっていうのは、やはりメディアのサイドがその本分を果たせていないからじゃなかと思う。
今、「マスメディアの崩壊」っていうのは、いろいろな側面(広告減収、ネットメディアの隆盛、記者クラブの弊害 等々)から語られてるけど、その根本には「果たすべき役割を果たしてない」、そういうところがあるのではないか、と。
ま、本書の主旨とは、ちょっとズレる話だけどね。

さて、明日は日曜日。

<日経新聞は日曜日から始まる>(P.77)

まずは指摘されている記事をチェックしてみましょうかね。

2010/2/27

10/02/26のつぶやき  

おはようございます。 2月の最終営業日。 怖い、怖い。
posted at 06:04:19

浅田真央のジャンプする前の厳しい表情がイイなw。
posted at 06:28:05

前向きな仕事 1、後ろ向きな仕事 2。 今のペンディングリストTop3。 凹みそうになるけど、負けんぞっw!
posted at 09:05:56

女子フィギュア、TL見てるだけでドラマがある。 …けど、やっぱ見たいなぁ〜。 クソ〜!
posted at 12:37:34

高レベルの競い合いであったコトが素晴らしい。RT @yahoo_shopping RT @YahooNewsTopics キム・ヨナが金 浅田真央は銀 http://bit.ly/cxog6a #olympic #gorin
posted at 14:04:51

あ〜、でも悔しい。 悔しいけど、悔恨とは違う悔しさであるコトが清々しい。 悔しいけどね〜w。
posted at 14:09:47

目標策定作業中。 ハマればハマる程、数字遊びをやってる気分。 気持ちが切れない様にせんとなぁー。
posted at 19:30:28

駅を出たら、結構な雨。 傘を持ってなかったので、止むなくコンビニでビニール傘を買って出たら、傘なしでも十分の小降りになっていた。 もう袋も取ってもらってたので、今更返しも出来ず。 結局、下げて帰りましたw。 今、家には3本のビニール傘があります。
posted at 22:14:16

「日経新聞の『本当の読み方』がわかる本」読了。 前作と合わせれば、「景気指標欄」等をキーとした経済の見方の基本が見えてくる。 本当はこう言う指標の「解釈」から、政治・経済・社会を論じるコトこそがメディアの仕事じゃないかとも思うけどw。 若い頃に読みたかった本ではあるね。
posted at 22:48:18

二日間休みをもらったにも関わらず、いつも以上に疲れた一週間だった気も。 今日はゆっくり寝て、2月最後の週末はノンビリしよう。 厳しい年度末に備えてネ。 じゃ、お休みなさい。
posted at 22:52:30

2010/2/27

「花散らしの雨」  

・花散らしの雨 みをつくし料理帖
著者:高田郁
出版:ハルキ文庫
クリックすると元のサイズで表示します

シリーズ第2作。
前作で「登龍楼」というライバルが出てきて、こことの料理対決が結構面白かったんだけど、それはあっさりと冒頭の一話で片が付いてしまう(笑)。
まあ料理対決はともかく、相当悪辣な妨害行為をさせてたからね。
このままエスカレートさせるわけにはイカンかった、ってことだろう。
その代わりに新しいレギュラーを手に入れてるから、これはこれで上手いおさめ方とも言えるだろう(本格的な対決の可能性は残してるしね)。

物語のネタとしては、その新レギュラーのほかには、「幼馴染の境遇の謎」「ヒロインの恋と、恋の相手の正体」あたりが隠し味。
でもこれは本作では明かされず、次作以降に持ち越しになってるんだよねぇ。
そう言や、行方不明の若旦那も、まったく出て来ないしな。
なんとなく長いシリーズになりそうな扱いぶりで、もどかしいような、でも楽しみが長引く期待もあるような・・・
何とも言えないい気分(笑)。

相変わらず紹介される料理は美味しそう。
これまた大きな楽しみだ。

ま、次も楽しみにしましょうかね。

2010/2/26

10/02/25のつぶやき  日記

おはようございます。 休暇明けの出勤。 ちょっと気分が重いけどw、気合入れて、行ってくんべェ!
posted at 05:43:12

想像以上に休み中に色んなコトが勃発してた模様。 周りの厳しい視線の中、フォローに回っております。
posted at 10:26:24

二日振りに出て来たら、仕事がジェットコースター。 振り回されて、未だ終着点が見えず。 でも今更どーも出来んな。 明日にしよ。
posted at 20:28:20

「花散らしの雨」読了。 シリーズ第2作。 結構ライバル料理屋との料理競い合いが面白かったんだけど、ソレは一段落の様。 幼馴染の境遇のワケ、秘かな恋とその相手の正体…でもそれは本作では明らかにならず、次作以降に持ち越される。 もどかしいけど、読まされるコトは確かです。
posted at 21:25:20

全くもてた覚えはないのだが…。RT @Ikarashi 大屋洋子『いま20代女性はなぜ40代男性に惹かれるのか』 これだ! http://bit.ly/cdaml0
posted at 22:59:36

なる程。RT @mansun6 やっぱ既婚者はダメでしょ。独身でも全く持てた事が無いんだがwww RT 全くもてた覚えはないのだが…。RT @Ikarashi 大屋洋子『いま20代女性はなぜ40代男性に惹かれるのか』 これだ! http://bit.ly/cdaml0 /via
posted at 23:13:17

さって。 寝ましょかね。 お休みなさい。
posted at 23:28:17

2010/2/26

10/02/24のつぶやき  

おはようございます。 今日も一応、休暇。 緊急案件での呼び出しがないコトを祈る。
posted at 07:18:58

子供たちと公園で遊ぶ。 http://twitpic.com/14zydv

posted at 11:02:39

今のところの実力通り、か。二人ともベストの演技を見せた様ですね。RT @nikkansportscom 【五輪】ヨナ78・50で首位、真央2位/フィギュア女子SP速報中 http://bit.ly/9Fce2Z #gorin
posted at 13:13:58

息子は水泳のテスト。 残念ながら、もう少しのトコロで合格にはならなかった様だ。 頑張ってたんだけどねぇ。
posted at 16:00:24

「iPhone仕事術!」 http://j.mp/agR05o
posted at 18:18:17

一日、子どもと一緒にいると、結構な冊数の絵本を読まされる。 これから「こぶとりじいさん」と「こん と あき」。 何回目かなぁ〜。
posted at 19:49:02

歯医者に検診に行き、公園で遊び、水泳教室に連れて行く…と、子供の日常に付き合った一日。 こういう休暇もイイかな? 明日の職場復帰はシンドそうだけどw。
posted at 23:35:48

何かノドが痛くなって来た。 風邪? この冬、何度目かなぁ。 もう寝ます。 お休みなさい。
posted at 23:46:08

2010/2/24

「iPhone仕事術!」  

・iPhone仕事術! ビジネスで役立つ74の方法
著者:西田宗千佳
出版:朝日新聞出版

クリックすると元のサイズで表示します

iPhoneを使い始めて半年以上。
使い始め当初には結構この手の本を買って参考にさせてもらったんだけど、本書はかなり久しぶりに買ってみた「iPhone本」になる。

購入のきっかけは、

1.個人的なiPhoneの使い方は固まってきているものの、ここらへんで新しい情報を確認しておきたかった。
2.「クラウド・コンピューティング」の作者だけに、そうした視点での新しいノウハウが入手できることに期待した。

・・・ってとこ。
まあでも結論的には「もうひとつ」って感じかな。
いや、iPhoneを使い始めの人にとっては、情報も新しくて、結構役に立つことも多いと思うよ。
ただ僕としては「あまり新しい情報はなかった」というところ。

「DocScannerを名刺管理に使う」
「スマートプレイリストの活用」等々、

使ってみようと思うモノはいくつかあったのは事実なんだけど、大きく利用法や仕事活用を変えるものはあまりなかったんだよね。
逆にいえば、今の利用方法に間違いがないということが確認できたってコトかもしんないけど。
(個人的なIT環境が理由で「Gメールが活用できない」ってのもあるね。
本書の第一章は、そこらへんのノウハウが中心だから)

僕自身は「Evernoteの活用」が課題だと思っている。
これについては、今後そこに特化した本が出るようだから、「iPhone活用術」みたいな広範なものじゃなく、それぞれのアプリを中心にした活用術が今後は面白くなるのかもしれない。
もちろんこれは「僕にとって」ということあって、初心者にはヤッパリこういう本が必要ではあると思うけどね。

2010/2/24

10/02/23のつぶやき  日記

「トランスポーター3」観了。 色々言いたいことはあるけど、何よりヒロインのそばかすの多さと、首の後ろの「安」って刺青が気になって…w。 まあ僕はこういうノリも嫌いじゃないけど、「もっとクールに決めて欲しい」って声もあるだろうね。 「2」の方が、確かに出来は上かな。
posted at 00:02:15

さ、寝よ、寝よ。 お休みなさい。
posted at 00:19:32

おはようございます。 「休む」と決めたので、少し遅めの起床。 今日は娘の誕生日。 「3歳」になりました。
posted at 06:20:26

ありがとうございます。RT @m1yamazaki おめでとうございます!! RT @suzumaro2: 今日は娘の誕生日。 「3歳」になりました。
posted at 07:00:35

有難うございます。RT @Kskith おめです! RT @suzumaro2: おはようございます。 「休む」と決めたので、少し遅めの起床。 今日は娘の誕生日。 「3歳」になりました。
posted at 07:00:58

そうなれば、と思ってます。RT @kim_take_mac おめでとうございます!素敵な誕生日になりそうですね(^^)RT @suzumaro2: おはようございます。 「休む」と決めたので、少し遅めの起床。 今日は娘の誕生日。 「3歳」になりました。
posted at 09:43:27

「日本経済復活し一番かんたんな方法」 http://j.mp/aTsVIc
posted at 09:57:12

「自分をデフレ化しない方法」 http://j.mp/aVgfax
posted at 09:59:50

写真屋で娘のポートレートを撮り、誕生日プレゼントに自転車を購入。 少し小さいので、12インチ。 本人のプレゼント希望は「ボンタン飴」だったんだけどねw。
posted at 14:29:42

休みを取った時に限って、何かトラブルが起きる様な気がする。 休暇明けがユウウツ…。
posted at 14:52:44

妻のお手製ケーキで、娘の誕生パーティ。 http://twitpic.com/14w6et

posted at 21:59:14

寝ます。 おやすみなさい。
posted at 23:55:03

2010/2/23

「自分をデフレ化しない方法」  

・自分をデフレ化しない方法
著者:勝間和代
出版:文春新書

クリックすると元のサイズで表示します

勝間氏の「デフレ対策」本の一冊。
「チェンジメーカー」が中・長期スパンで見た日本の改造計画を論じているのに対し、本書は「ボウリングの一ピン」と言う、喫緊の課題「デフレ対策」について論じている。

まあ作品としてはどうかなぁ。
同時期に出版された「日本経済復活 一番かんたんな方法」、パートナーの上念氏の「デフレと円高の何が『悪』か」なんかに比べると、非常に読みやすくて、分りやすい内容になっている。
「デフレに勝つ16のサバイバル術」なんて章もあって、「個人」としての「デフレ対策」を論じるあたり、かつての「年収10倍」シリーズを想起させるところもあって、「勝間らしさ」って言うのは出てるかも。

ただその分、散漫な印象にもなってると思うんだよね。
最初に読むならココから入るのも悪くないと思うけど、前二作を読んでたら、敢えてコチラに手を出さなくても、と言うのが僕の感想です。(個人のサバイバル策は、一連の勝間本でほぼカバーできてると思うし))
勿論、日銀を動かす「メディア戦略」として、「弾を撃っておく」・・・そういう意味はあると思うけどね。

加えて、この表紙は如何なモンでしょう?(笑)。
「断る力」は確かにインパクトあったけど、それだけに似たようなスタイルで来られると、ちょっと「う〜ん・・・」って気分になる。(「帯」だった「日本経済復活〜」はともかく、「チェンジメーカー」もこのスタイルだったし)
内容的につながりがあればまだしも、自己啓発的な「断る力」に対して、コッチは社会提言が主な内容だからね。
それとも今後「文春新書」で出す場合は、このスタイルで行く?
5作くらい続いたら、それはそれで面白くなるかもしんないけどさ(笑)。

まあ、「キャラクターを強く押し出す」って方針なんだろうし、それが一定のインパクトと成果を挙げてきたのも分るんだけど、そろそろ違う手を見せてもらいたいな・・・これが僕の意見。
内容には関係ないんだけどね(笑)。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ