2010/1/31

10/01/30のつぶやき  雑感

おはようございます。 ノンビリしよー。
posted at 06:31:40

ダイエットの仕切り直しの一つとして、「スロトレ」を始めることにした。 続くかな? http://twitpic.com/10dg4l

posted at 07:01:06

ようやくアクセスのクロスオーナーシップに関する対談をPodcastで聞く。 これは必聴。 最悪なのは「報じないこと」。 クロスオーナーシップ、記者クラブ。 マスコミは自分の首を絞めてるんじゃないか?
posted at 07:51:32

しかしラジオって面白いなw。
posted at 07:52:09

はい!RT @t_sekino がんばって! RT @suzumaro2 ダイエットの仕切り直しの一つとして、「スロトレ」を始めることにした。 続くかな? http://twitpic.com/10dg4l
posted at 09:40:27

くら寿司、びっくらポン、3連敗。 いやぁ、当たんなくなったなぁ。
posted at 13:01:57

やはりそうですかね。仕方ないけど、チョット淋しい。RT @kaqat1961 @suzumaro2 いつも5回に1回ぐらいの確率でしたが。30皿で1回あたりの感じですね。最近は不況で確率を減らしているのでしょうね。
posted at 15:13:53

10/01/29のつぶやき http://j.mp/aEIm14
posted at 16:57:01

わかる、わかるw。今だと、知らない人も多いと思いますが。RT @shakase …「アニー・ホール」…好きだと言えばスノッブ扱いされるので心に秘めていた。
posted at 22:25:41

5歳児と2歳児がいると、ゆっくり療養ってワケには行きませんな。 若干風邪が悪化したかもw。 クスリ飲んで、早々に寝よう。 どうせ、明朝は「シンケンジャー観たい」と起こされるんだから。
posted at 22:34:03

ありがとうございます。RT @emacotan @suzumaro2 「シンケンジャー」子供に人気ありますよね。風邪お大事に…。
posted at 23:00:41

RT @noirmalice どうでもいい豆知識:ボンバイエ とはコンゴにいるバントゥー語族の言語、リンガラ語。意味は「奴を殺せ」。つまり、猪木ボンバイエとは「猪木よ!奴を仕留めろ!」となる。
posted at 23:05:26

ふあ〜…。 寝ます。 お休みなさい。
posted at 23:11:29

2010/1/30

10/01/29のつぶやき  雑感

おはようございます。 喉がイターイ。
posted at 05:41:59

サリンジャー逝去。 隠者のようになってたから、「残念」と言うのとは違うんだけど、それに近い感想がある。 ご冥福を。
posted at 06:04:20

ありがとうございます。RT @takachiyo @suzumaro2 風邪、お大事になさって下さいませ。
posted at 08:49:44

産経ネットビュー。iPhoneじゃ「チョットね」だったけど、iPadなら見れるかも。 各紙月500円で、この形態での配信してくれんかな?
posted at 11:39:47

憎めないなぁ。RT @47news 亀井静香氏、開き直り 「うるさいから言っただけ」 http://bit.ly/blf55B
posted at 12:38:23

RT @kenjikatsu 賛成だな RT @mainichijpnews: 国家公務員法改正案:骨子まとまる 幹部人事を官邸で管理 http://bit.ly/cxfAUr
posted at 12:46:30

RT @mellowconsultan RT @yatu16: 退職後に契約社員として働いているようです。仕事のわりに高額。 RT @rinyao あのおじさんたちの雇用形態が気になる。 RT @mellowconsultan: 銀行の支店でおじさんが丁寧にお客さんを案内して
posted at 12:47:22

「Googleの正体」 http://j.mp/cJ4DQi
posted at 14:10:52

10/01/28のつぶやき http://j.mp/d80iEu
posted at 14:13:25

そうか。今日は1月最終営業日。 焦‼
posted at 14:19:58

ふう。 声が出ないってのは、結構シンドいね。 帰宅しましょ。
posted at 18:35:31

iPhoneの使い過ぎかw、ここんとこ目が疲れやすいんで、思い切ってチャンとした老眼鏡を作った。 iPadなら要らないかなw?
posted at 19:32:27

僕は割と好感持ったな。「労働なき富」を口にしちゃう点も含めてねw。RT @googlenewsjp *【鳩山ぶら下がり】施政方針演説「批判覚悟で思い切った」 http://bit.ly/awjuWt #googlenewsjp
posted at 21:15:05

特別にこれと言って何が、ってワケじゃないんだけど、何かキツイ一週間だったなぁ。 土日はノンビリします。 おやすみなさい。
posted at 23:45:45

2010/1/29

10/01/28のつぶやき  雑感

おはようございます。 iPadですか。 色々な呼び方されてたけど、言われてみれば一番しっくりネーミング。 さて日本での販売はどうなるのかなぁー。
posted at 05:56:30

「Googleの正体」読了。 スッキリと、Googleの現状と戦略、そのリスクまで整理してくれた一冊。クレバー過ぎて、その切れ味に、「見落としはないか」と不安になるくらいw。 Google讃歌でも、恐怖論でもない、立ち位置のいい本だと思う。 結局、最大の懸念は「後継者対策」かな?
posted at 08:20:23

iPad。 「ちょっと老眼が入って来たから、iPhoneを切り替えてもいいかな」と一瞬思った自分が哀しいw。
posted at 08:47:00

RT @Kskith 哀しいけどアリかも!w RT @masamacky: なるほど!そういうニーズw RT @suzumaro2: iPad。 「ちょっと老眼が入って来たから、iPhoneを切り替えてもいいかな」と一瞬思った自分が哀しいw。
posted at 11:06:31

どこでも使えるように!RT @eigyo_consul 3Gがいい!  QT @shachi: "Wi-Fi版は日本でも3月下旬より販売""3G対応版(略)6月以降に発売。日本もそこに含まれる「iPad」、日本での発売時期も明らかに -http://j.mp/bYnu4U
posted at 12:58:29

10/01/27のつぶやき http://j.mp/c5i8tY
posted at 13:01:57

「テレビ局の裏側」 http://j.mp/c7Rkb9
posted at 13:10:34

何か、突然声が出なくなって来た。 風邪?
posted at 14:38:11

「ドナルドダックが風邪ひいたみたいな声ですよ」 と言われた。 そんなヒドイのか。
posted at 16:29:35

なるほど。その手もあるか。RT @tanabe1969 iPad wifiは日本でも3月下旬らしいです。3Gは6月〜。wifi版をどこでもwifi等で使うのがベラー(better)? http://ow.ly/11fTZ
posted at 16:38:53

頭がボーッとして来た。 こりゃ、アカン。 帰ろう。
posted at 17:40:19

当然。公認なんかしてたらオワリだった。(遅いけどねー)RT @mitani2 谷垣総裁、片山、山崎氏公認せず 今夏の参院選比例で(岐阜新聞 2010年01月28日 13:32) http://oneclip.jp/0MIpVe
posted at 22:10:01

熱は何とか抑えたけど、喉が痛くて、声が出ない。 今日はもう寝て、ゆっくり休みます。 おやすみなさいませ。
posted at 22:15:23

RT @iwakamiyasumi いい加減なのではなく、確信犯です。HPを御覧になってください。RT @seijisyouji RT @nekonooya: @ichita_y @iwakamiyasumi 米国防総省が、「日米関係は危機的状況にない」と発表。それみたことか。
posted at 22:22:06

2010/1/29

「Googleの正体」  

・Googleの正体
著者:牧野武文
出版:マイコミ新書

クリックすると元のサイズで表示します

Googleの収益はどのようにして上がってきているのか?
Googleが次々と無料のサービスを提供しているのは何故か?
Googleの戦略と今後の課題、そのリスクは何なのか?

こうした質問にキチンと整理した答えをくれる一冊。
あんまりクレバーすぎて、むしろその切れ味に「見落としがあるんじゃないか」って気分になるくらい(笑)。
いままで読んだ中で、一番シックリするGoogle論だったように思うよ。(まあ最新情報が含まれるから、当然っちゃあ、当然なんだけど)

要すれば、
「Googleの収益は広告から上がっているが、この『広告』は従来のマス広告ではなく、検索連動型広告という、新たに創設された『広告』であり、そこから収益が上がっている。(その費用対効果の高さ、効率性から、旧来の広告を「時代遅れ」にしつつある、というのはある)」
「Googleが無料サービスを展開するのは、『善意』だけでやってることではない。『検索してくれる人を増やす。そのことが収益につながる』というシンプルな法則に基づいて戦略を展開しているのである」
・・・ってな感じ。
それに基づく、
@トラフィックを買う
A海外に展開する
Bインターネットを普及させる
Cモバイル利用を拡大させる
D行動ターゲティング広告にシフトする
って成長戦略は、シンプルで、考えれば考えるほど強力だよなぁ。
読んでて、ちょっと興奮を覚えるくらい。
ビジネスの論理よりも、徹底した利用者志向によるロジカルな論理で、ビジネスとしても他を席巻する成果を収める・・・ってところがナカナカ面白いし、Googleの魅力にもなってるんだろう。

Googleへの懸念。
個人的には「グローバル化の徹底」が一番だけど(とことんドメスティックなもんで(笑))、これは賛否のあるところ。
プライバシーや著作権の問題は、確かに重いけど、むしろこれは社会環境が変わる中、どのように今後、社会として対応していくべきなのか、という問題のように思う。
一番の懸念は、「変節」、即ち「ビジネス論理への傾斜」だろう。

もっともここは現在のラリー・ペイジ、サーゲイ・ブリン、エリック・シュミットの三頭経営体制(「二人の十字軍と、一人の商人」)が上手く回っている限りはリスクは低いように思う。
まあ三人の誰かが変節する可能性はあるが、今までの流れを見ると、そう簡単にそんなことは・・・
むしろ確実に発生するリスクとしては「後継者体制」がある。
引退、あるいは死亡等により、いずれはこの三人が欠けるときが来る。
そのとき、Googleがダークサイドに落ち込むことを回避することはできるのか?(笑)

おそらくはGoogle自身もそのことは認識しており、それを避けるために、ポリシーをオープンにして、外部からの「眼」によって、自らを律しようとしているように思える。
まあそれがどこまで効力のあるものなのか?
でもそういうことを信じたいという気持ちにさせるところは、Googleには確かにあるんだよなぁ。

もっとも単純に「信じる」だけには、Googleの提供するサービスはインフラ化し過ぎている。
従って、Googleが目指すものは何で、それが我々にとってどういう意味を持っているかを不断に問いかけ続ける。
そういうことが求められるわけだ。

面倒だけどね(笑)。

2010/1/28

10/01/27のつぶやき  

おはようございます。 気合い入れて、今日も一日がんばろ〜。
posted at 05:35:56

西武有楽町店、閉店? あそこでもダメなのかぁ。 厳しいねぇ。
posted at 06:06:44

10/01/26のつぶやき http://ff.im/-eTv85
posted at 07:23:31

週刊朝日の記事を読んで、「お、この検察リークは二階堂ドット・コムと同じだなぁ」と思った。
posted at 10:29:57

明日の朝が楽しみ(深夜に情報を追っかける気まではなれないんで)RT @tweeterjp 日本時刻今夜深夜3時に米国でAppleの新商品発表。流行のトピックが荒れそう!
posted at 11:52:09

「テレビ局の裏側」読了。 テレビ番組制作の現状と問題点を、現場の視点から分かりやすく論じた作品。 まあ何となく知ってる話なんだけど、改めて聞くと、これは…って感じかな。 個人的には、殆どテレビは見なくなってるんだけどねw。
posted at 12:41:56

そう言うバグがあって、ネットに解消方法が記載されてると聞いた憶えがあります。RT @nakajihaha 多分3Gの一部だけのようです。アップルT @powaro_h: RT @nakajihaha: iPhoneで"は"を文字の最初に入力すると落ちる。こ、これは故障(ーー;)?
posted at 13:19:36

良かったです。RT @nakajihaha @suzumaro2 iPhoneテンキー入力のバグ、直りました♬ ありがとうございます(^^)
posted at 13:58:51

昨日表面化した問題は何とかクリアしたが、新たな問題発生・・・って言うか、上司の意向を読み違えちゃったんだよねー。 う〜ん、これは中々難しい。 取り敢えず、明日朝一番で走りますか。 で、今日は帰宅します。
posted at 19:44:34

有難うございます。一晩寝て、気分変えます。RT @yu_koj @suzumaro2 中々難しそうですね…。ともあれ今日は、お疲れさまでしたー!
posted at 21:13:41

コンサートでお披露目とか?RT @mainichijpedit 「つい9」がお休みのかわりといってはなんですが、みなさんにお知らせです http://bit.ly/dwsvVi #kokkokigurumi
posted at 21:26:22

どれもハードル高そうRT @northfox_wind 市民風車や地域の小規模風車で、大資本・東京資本風車より沢山建てるには・・・事業に関する債務保証スキーム、万全盤石な全国フルカバー・マルチメーカー対応のO&M体制、サポートする各種保険、地域住民の支援。こんなところでしょうか?
posted at 21:52:31

期待を裏切らない人だなぁw。RT @googlenewsjp *亀井氏、ヤジに「うるさい」=野党反発、一時騒然−参院予算委 http://bit.ly/bbKRdM #googlenewsjp
posted at 21:54:35

なるほど。確かにそこは政治の出番でしょうね。民間じゃ難しいし、安定もしない気がします。RT @northfox_wind 実は債務保証の部分以外はほぼめどが立っています、オバマ政権も風力事業などは債務保証を活用しているので、日本もやり方次第です QT @suzumaro2:
posted at 22:08:24

「ルポ貧困大国アメリカ〓」 http://ff.im/-eVLIG
posted at 23:03:06

どんな新商品が飛び出すのやら(Appleねw)。明日の朝が楽しみ。 それを夢見ながら…おやすみなさい。
posted at 23:40:24

2010/1/28

「テレビ局の裏側」  

・テレビ局の裏側
著者:中川勇樹
出版:新潮新書

クリックすると元のサイズで表示します

テレビ番組制作の現状と問題点を、制作の現場から分りやすく論じた一冊。
作者は本書を書く動機について明かす際、

<このとき驚いたのは、(中略)同じマスコミに籍を置く編集者さえも、テレビ業界の仕組みをよく知らないことだった。>(P.4)

と記してるんだけど、僕の感想は実は逆。
「別にテレビ業界に詳しいわけでも何でもないのに、何となく書かれてることの概要は知ってることが結構あるなぁ」。

「何でかなぁ」と振り返ってみて、思い当たった一つは「あるある」事件。
あの事件の背景を追いかけたニュースや記事は結構出たと思うけど、(別に追いかけたわけじゃないんだけど)それに接するうちにテレビ製作現場における、テレビ局と製作会社のヒエラルキーのようなものが知識として蓄積されたと言うのがあるんだと思う。
(その後、構図は派遣と正社員の格差問題の中で再び語られ、想起された)
「広告」に関する話は、昨今の「メディア危機論」の中で随分と聞かされたことでもあるしね。

じゃあ本書が退屈か、というと、そんなことは全くない。
それらの状況を「製作現場」という視点から見て、まとめて論じられることによって、「今のテレビの状況」というのが、よりリアルに浮かび上がってきたように思う。
「なぜ『新聞』や『フリップ』が、情報番組では多くなるのか」
なんて視点、考えてみれば分るんだけど、改めて言われてみれ
ば、「なるほど」。
「現場から見たメディア危機論」
そういう位置づけの本じゃないかね。
ま、僕自身は最近は殆どテレビを見なくなっちゃってるんで(朝のテレビニュースと、日曜の子ども番組(シンケンジャー)くらい(笑))、あんま興味ないっちゃあ、ないんだけどさ(笑)。

広告収入に絡む構造変化はかなり深刻で、そのことがメディアのあり方を変えてしまう可能性はかなり高いだろう。
そういう視点から見れば、「不動産業」や「イベント業」の副業に精を出すテレビ局が、「広告に頼らないビジネス基盤」を作ろうとしているとも言え、あながち批判されるばかりのことではないようにも思う。
色々問題があるのは確か。
ただ今のマスメディアが提供するコンテンツそのものが「不要」とされてるわけではないことも確かなのだ。

・・・とは言え、高コスト体質の転換を迫られてることも確かだろうねぇ。
それが強い「痛み」を伴うことも間違いない。
佐々木俊尚氏のメディア論の作品なんかと合わせて読むと、かなり興味深いのではないか、と。

2010/1/27

「ルポ貧困大国アメリカU」  

・ルポ貧困大国アメリカU
著者:堤未果
出版:岩波新書

クリックすると元のサイズで表示します

前作で、「市場原理」の名の下に、アメリカにはびこる「貧困ビジネス」の実体を描いた作者が、オバマ政権下での現状を追いかけた作品。
「チェンジ」
を掲げて、人々の希望を担って大統領となったオバマは、果たして「貧困ビジネス」に如何に対処しているのか?
本書を読む限り、暗澹たる気持ちにならざるを得ない。
中間層までも脅かす「貧困ビジネス」は、オバマ政権下で歯止めがかかるどころか、一部では深く、深刻に進展しているようですらある。

本書で取り上げられるのは、「学資ローン」「年金」「医療」「刑務所」。
これらの分野に「市場主義」が導入され、その「暴走(徹底?)」によって、「貧困ビジネス」が成立する構造が出来上がっている様が、痛ましく描かれている。
基本的にはそういう「被害」を被った人の視点から語られているので、一定のバイアスはかかっているだろうが、「ビジネス」が成り立っている(巨額の収益が上がっている)ことは確か。
そこには少なからずこういう実態があることも類推できる。

まあ、こういう分野って、「ビジネス」で割り切っちゃまずい分野だよね。
「医療」に関しては、今オバマが医療改革で苦境に立っていることとは何となく知ってたけど、「刑務所ビジネス」はちょっと驚きだった。
「囚人に業務をアウトソースして、格安の労働力とする」&「軽犯罪を厳しく取り締まることで、『囚人』の供給を増やして労働力を確保する」
いやぁ、すごいよ、これは。

「日本とはベースが違うだろう」
それは確かにその通り。
でも「年金問題」や「医療崩壊」は日本でも議論となっているし、「教育の二極化」「教育費の高騰」には兆しがあるような気がする。
さすがに「刑務所ビジネス」は今はないと思うけど(甘い?)、今後を考えたら「ありえない」とは断言できないだろう。
(前作で描かれた)産軍複合体による「貧困ビジネス」は、「戦争」をしない日本では成立し難いものではあるだろうが、これだって、10年、20年先を考えたら・・・。

「アメリカの現状」
と思うと、暗い気分になる。
「日本の将来」
を考えると、慄然とさせられる。

そういう本です。
(子どもがいる方は、前作とあわせ、必読かと)

(前作は妻の推薦で購入したので、本作も僕より先に妻が読みました。
妻の感想。
「アメリカ人が読まなきゃ!」
ま、そりゃそうやね(笑))

2010/1/27

10/01/26のつぶやき  雑感

おはようございます。 お?寒いですね〜。
posted at 05:29:27

10/01/25のつぶやき http://ff.im/-eQ5CC
posted at 09:16:36

「日本辺境論」 http://ff.im/-eQ5Cs
posted at 09:16:36

今日の「私の履歴書」。 細川元首相から小沢幹事長へのアドバイスの様な…。
posted at 10:26:50

「ルポ貧困大国アメリカU」読了。 いやぁ、本当に恐ろしさを感じる。 年金制度の破綻、医療崩壊 等々…。 日本とはベースが違うと思いつつ、将来への不安は重なる。 戦争してないだけマシ? でも本当に将来も…?
posted at 12:25:40

協力して…とは行かないか。お互いに。RT @konotarogomame 日経新聞によれば、政府は年金改革に前倒しで着手とのこと。これは喜ばしい。ただ、長妻大臣は年金記録問題の追及は得意だが、年金制度改革には詳しくなさそうだから、厚労省の役人に取り込まれそうで不安だ。
posted at 15:03:37

RT @tarosa_m いえ、これに関しては超党派で取り組むべきです。 RT @suzumaro2: 協力して…とは行かないか。お互いに。RT @konotarogomame 政府は年金改革に前倒しで着手とのこと。これは喜ばしい。
posted at 15:39:21

今週の週刊朝日。 検察批判がヒートアップ。 さてどうなりますやら。 http://twitpic.com/ztlpp

posted at 16:52:28

営業成績の見込み違いを発見。 これ、去年もあったなぁ。 はぁ、報告すんのが憂鬱。
posted at 20:51:54

はい。 お休みなさい。
posted at 23:49:45

2010/1/26

10/01/25のつぶやき  雑感

おはようございます。 1月も今週で終わりですか。 チョット焦るなぁ。
posted at 05:41:07

「やはり食べる量を減らすしかないか」 と体重計に乗ってつぶやく。
posted at 06:26:32

10/01/24のつぶやき http://ff.im/-eM8vk
posted at 07:14:04

RT @takapon_jp 遂にネットが新聞を抜く。 QT @NaoMurakami 2009年日本の広告費、テレビ19000→16000億円(▲17%)、新聞8200→6500億円(▲30%)、ネット7000億円(横ばい)、雑誌4000→3000億円(▲25%)
posted at 14:36:48

みんな、お仕事中。 でも僕は帰ります。
posted at 19:00:54

家に帰り着いたら、オモチャを片付けないと妻に怒られ、息子と娘が大泣き。 そんなに怒らなくても、と部屋を見たら、あまりの惨状に、僕も説教モード。
posted at 20:29:55

自作の紙芝居?を披露中。 モグラと怪獣が戦って、運動会に行くらしい。 http://twitpic.com/zoxei

posted at 21:13:45

「フロスト×ニクソン」観了。 見応えのある対決のドラマ。 ニクソンの貫禄と威厳と、そして孤独が、フロストを一段高い闘いのステージに引き上げる様がスリリング。 ニクソンは本当に電話をしたのか? フィクションではあろうが、フロストの主観的には yesだったのでは、と。
posted at 23:49:57

RT @uesugitakashi 「クロスオーナーシップ」「記者クラブ」。大臣発言となると日テレも悩ましいところですね。 政治家としての勇気に敬意を表します。 @kharaguchi: 今日は太田総理で少しの間だけご一緒でしたね。ありがとうございます。クロスオーナーシップ。
posted at 23:57:24

ボチボチ寝ます。 お休みなさい。
posted at 23:58:29

2010/1/26

「日本辺境論」  

・「日本辺境論」
著者:内田樹
出版:新潮新書

クリックすると元のサイズで表示します

「私家版・ユダヤ文化論」が何だかピンと来ないところがあったので(まあ、一方的にコッチの読解力の問題なんだが)、本書もチョット敬遠していた。
でも最近結構イイ評判を聞くようになったので、
「こっちの方はもしかして・・・」
と手に取ってみた次第。
結果は、
「う〜ん・・・」(笑)。
ブログも読んでるんだけど、長い文章に挫折気味の今日この頃。
もしかしたら相性がよろしくないのかもしれないな、この作者とは(笑)。

実は前半はかなり興味深く読み進めることが出来たんだよね。
過去の色々な日本論を引き出しながら、「日本人は辺境人である」ということを論じるあたり。
ご本人が仰るとおり、ひどく大雑把だし、何やら新しい知見が披露されるわけじゃないんだけど、それでいてこういう風に語られる「日本論」「日本人論」はすごく面白かった。(まあこれが「面白い」ってこと自体が、ひどく日本的なことなんだけどね)
丸山真男、梅棹忠夫、山本七平、司馬遼太郎・・・
「ふむふむ」
と思いつつ、自分の引き出しも探りながら、なかなか刺激的でもあったと思う。

それが
「おや〜っ?」
となってきたのは「宗教」の話が出てきたあたり。
ここから話は内田氏持論の「学び」の話に流れて行って、ここらへんから、
「う〜ん」って感じに。
書いてあることが全く分らないって訳じゃないんだけど(いや、一部、哲学論のあたりはシンドかった(笑))、なんだか全体の流れが把握しづらくなって、読み終える頃には「やれやれ」って感じでした。
このあたりから書き方を変えたということを作者自身が語っており、まあその変化についていけなかった、ということかね。
「肝心なところが理解できなかった」
とも言えるかもしれないけど(笑)。

まあでも全体としては示唆に満ちてるんじゃないかな?
「新しいことは言ってない」かもしれないけど、こういう形で整理されること自体に意味があるとは言える。
最近の政治の状況や、アメリカ・中国なんかとの関係なんかを語るメディアや世間、そして自分自身を眺めなおしてみると、たしかに<きょろきょろ>してるよ(笑)。
「そうじゃいけないんだ」
と言うのは簡単だけど、これをかえるのはナカナカ難しい。
であれば、それを「前提」として考え直してみてはどうか。
これはこれで「前向き」な問いかけじゃないだろうか。

そう言えば誰かが本書について、「日本の足元を見直し、足るを知る生き方をする」みたいにまとめてたけど、それはどうかね?
むしろ本書が言うのは「構え」のことであって、そのことが経済成長とどうつながるかは視野の外だと思うんだけど。(むしろ何らかの外的理論が構築されたら、そっちに流れて行っちゃう可能性もあるってこと。「インフレターゲット」だってね)

勿論、それも含めて、「理解できなかった」って可能性もあるんだけどさ(笑)。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ