2009/11/5

営業の見える化  

・「2200社で導入 営業の見える化」
著者:長尾一洋
出版:中経出版

クリックすると元のサイズで表示します

少し前に読んだ「思考する営業」には凄く刺激を受けたんだけど、具体的なアクションにどうやって繋げるかについて、もう少し踏み込んだところが欲しかったなぁって気分もあった。
本書はそこのところを埋めてくれるかと思って購入した本。

結論から言うと、
「具体的で、方向性も理解できるんだけど、自分がやってみるには、ちょっと難しいところがあるかな」
って感じ。
「思考する営業」のある種の具体化ではあるんだけど、質の高さについては「もう少し」って印象かね。

<「営業の見える化」とは、
1「結果ではなくプロセスが見えているか」
2「数字ではなくストーリーが見えているか」
3「登場人物(競合・自社の製造部門など)は見えているか」>(P.3)

って方向性は、その通りだろう。
そのために「『標準プロセス』+『マニュアル』」で見える化するってのも納得感がある。
個人的に「難しいな」と思うのは、そのために「スケジュール」や「日報」の情報をITで共有化するってトコ。

いや、そのことが「意味がない」とか、「分らない」って言うんじゃないよ。
むしろ「これはナカナカ面白い取組みだな」っていうのが正直な感想だ。
ただ、そういうITインフラの導入が、今の職場では難しいってことなんだよね。
(勿論、紙ベースで対応することはできる。でも作者も指摘している通り、それじゃ意味がないんだよな。共有化された情報の活用が、それでは殆どできない)

まあこういうのってのは「そのまま適用できる」ってのはないのは当たり前とも言える。
そのエッセンスを読み取って、現状に適用できることを考える。
ええ、ええ、それが重要なのは分っております(笑)。
ココの局面における具体的な対応方法なんかは、結構参考になるところがあるので、そこら辺から取り込んでみるかな。

・・・そんな感想の一冊でした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ