2009/10/29

今さら聞けないクラウドの常識・非常識  

・「今さら聞けないクラウドの常識・非常識」
著者:城田真琴
出版:洋泉社Y新書

クリックすると元のサイズで表示します

何言ってんだか分かんないところも少なからずあったんだけど(笑)、何となく大まかな概要は把握できたかな?
iPhoneを使い始めてevernoteなんかを弄って(使いこなしてるとは到底言えないレベルだが)、個人が「クラウド」を使うイメージは何となくできている。
一方で、日本の金融機関を含めた大企業がクラウドの利用を始めているという情報もあり、「個人情報の管理とか、どー考えてんのかなぁ」と気になったので、丁度目に付いた本書を読んでみた次第。
同じクラウドでも、使い方やレベルが違うわけですね。
技術的なことはサッパリだが(笑)、そこが分かれば、まあいいでしょう。(今んところ、僕とクラウドの接点は、「ソフトの利用」+「若干のデータ保管」ってくらいだからね)

しかし国産クラウドはナカナカ厳しいね。
「売り」は、要は「サーバーが日本にある」ってことくらい。
確かにこれは日本の大企業にとっては重要なことかもしれないけど、翻れば「日本の大企業」以外にとっては優先順位が低い要因。
ましてや海外の利用者にとってはどうでもいいことでしょう。
つまり既に「ガラパゴス化」の方向性に進んでいるということ。
(しかもこれって企業がグローバル化したら「優位性」ですらなくなる可能性があるじゃん)
「安定稼動」「高セキュリティ」と併せて、それで高価格帯を維持しようとしてるようだけど、どうかなーこれは。
ちょっと寂しい気分になっちゃった。
(勿論、「ガラパゴス」の中で商売になる可能性はあるよ。大企業のニーズは、やっぱりあるだろう。
でもその場合、ビジネスとしての広がりは、かなり限定的だし、頭打ちも目に見えている)

「クラウド」は、どう考えてもユーザーメリットの大きい仕組みだ。
スピードはどうあれ、この方向性が逆転することはまずないだろう。
その広大なビジネスチャンスを前に、日本の大企業がこういう有様だというのを知るのは、(分かってはいるけど)残念で仕方ないな。
北海道のサーバー誘致、少なくともこれは大規模にやってもらいたい。

ところで本書の題名。
「世の中の人はみんな『クラウド』って知ってるだろうから・・・」
ってが前提で「今さら」てなるんだろうけど、「クラウド・コンピューティング」てそんなにメジャーかなぁ。
周りを見渡すと、「?」って感じなんだけど、これって、僕の周りだけが「ガラパゴス」化してる?

2009/10/28

知的幸福の技術  

・「知的幸福の技術 自由な人生のための40の物語」
著者:橘玲
出版:幻冬舎文庫

クリックすると元のサイズで表示します

「幸福」という意味では、本書が基本的に主張しているのは、
「経済的に安定し、そのことによって自由を獲得することが前提となる。ただ億万長者になるような必要はないし、億万長者が幸せとは限らない」
といった感じだろうか。
この主張そのものは、別にラディカルなものではないだろう。

ただその「経済的安定」を得るために何をすべきか(あるいは何をすべきでないか)、「自由」を獲得するとはどういうことか。

ここら辺を具体的に語るとき、著者は経済的合理性を徹底する。
つまり著者はバリバリのリバタリアンであるわけだ。
その視点から描かれる「幸福論」はひどくシニカルな印象になる。
そして著者が語る「事実」。
それはある意味「むき出し」の印象があり、それをそのまま受け取ることに、僕は居心地の悪さを感じてしまう。

まあねぇ。
言ってることは間違ってないとは思うよ。
「経済的合理性」を徹底すれば、確かにこういうことかもしれない。
でもその末に僕が思うのは、
「経済的合理性を徹底したところで、僕は生きていけそうもないな」
ってこと。
例えば著者は健保の民営化を主張するが、そのモデルである米国の現状を思うと、「ちょっとなぁ」って感じになっちゃうのだ。

とは言え、何もかもを規制し、コントロールできないことも確か。
年金に関する著者の主張などは、耳に痛いが、避けて通れない「事実」という気がする。
そういう意味では、求められるのはこの間のどこかってところかなと思う。
スッキリとはしない。
しかしそれが政治であり、人生ってもんだろう。

解説で小幡績氏が著者の文章を「潔い」と評している。
僕も同じ印象を持った。
著者が語る潔いが居心地の悪い話は、しかし非常に刺激的である。
賛同するにせよ、否定するにせよ、一つの「見方」として、こういう考え方を知ることは非常に意味のあることだと思う。

なかなか面白いよ。

2009/10/27

空気を読むな、本を読め。  

・「空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が良くなる読書法」
著者:小飼弾
出版:イースト・プレス

クリックすると元のサイズで表示します

最近の人ってどの程度、本を読むのかね。
少し前の朝日新聞では30代の27%強が「1か月 0冊」だったちゅう記事も載ってたけど、作者も言うとおり、webまで含めれば、活字を読む経験は「少ない」とは言えないだろう。
ただ「web」よりも「本」のほうが質が高い、ってのは作者の言うとおりだと思うな。
僕自身は、自分自身の読書体験には、チョイとネガティブな評価もあるんだけど(笑)、「本を読む」という経験そのものは積むべきだと、一貫して思っている。

本書は、恐るべき読書家でもある小飼弾氏による読書論・読書術。
「1時間で新書10冊」読む作者が、どの程度の読書量を誇るのか、正確なところは僕も知らないが、まあある種「行っちゃってる」のは確かだと思う(笑)。
「行っちゃってる」割には、かなり「王道」の読書論。
それが僕の印象。

読みやすいし、読書経験が足りないんじゃないかな、って思う若い人は、読んで考えるための材料にするのに、いい題材なんじゃないかと思う。
逆に僕くらいの歳になっちゃうと、今更そうは変えられないんだけどね(笑)。
(もっとも質・量では劣るにしても、方向性ではそんなに相違があるようには感じなかった。勘違いかもしれんが)

巻末に「100冊+1」の「おススメ本」の紹介がある。
フィクション/ノンフィクションと区分けした中に、マンガも同格で含めているあたり、なかなか面白い。(さすがに「エロ本」は入れてないようだが(笑))
読んでない本も結構あるので、今後の読書計画の参考にさせてもらおうと思ってる。

あとは表紙かなぁ。
これはちょっと恥ずかしかったよ(笑)。

2009/10/26

思考する営業  

・「思考する営業 BCG流営業戦略」
著者:杉田浩章
出版:ダイヤモンド社

クリックすると元のサイズで表示します

以前、お付き合いのあったお客さんから、こんなことを言われたことがある。

「御社の営業も大変ですねえ。担当によって全然提供できるサービスのレベルが違うんですから。
例えて言えば、この間まで『ロールスロイス』ができてきてたのに、担当が変わったとたん『自転車』が届けられるようなもの。
その上、『自転車』を届けた社員について、
『御社で鍛えていただければ、いずれはカローラを』
と上司が言ってこられる」

このかたはズッと製造のラインにおられて、ラインオフしてから営業関係に出てこられた方。
発言は皮肉半分、営業の難しさに対する愚痴半分って感じだったんだが、僕は顔を伏せるしかなかった。

営業そのものが論理的に整理しづらい側面を持っているというのは重々承知している。
その中で関わる個々人が、個人的な努力と経験で培っていく、
そういうものが「営業」だという思いもある。
ただそういう考え方に逃げてないか。
最近、強くそう思うようになっているのも事実だ。

<高度成長期に強さを誇った日本の営業組織では、(中略)優秀な上司が部下を背中で鍛えるという「徒弟制」のようなかたちで、営業として必要な技の伝承が行われてきた。しかし、いまは残念ながら、同じようなやり方でマネジャーが現場で部下を育てられるような環境にはない。>(P.199)

この認識は僕自身、強く持っている。
営業に科学的な手法を持ち込む。
「そんなことができるのか」という思いはあるのだが、「そうでなければ、どうしようもない」とも感じているのだ。
営業の生産性を上げる。
これは僕の重要な課題だ。
その観点に、本書が指し示す方向性は合致しているのは間違いないだろう。

ただまあ、不満もある。
一つは具体例。
例えば重要なポイントの一つに「行動KPI」の設定があると思うが、この例がもっと豊富に示してほしかった。
勿論、それを探し出すことそのものが重要なポイントだというのは分かるが、本書で挙げられている3社の例では、ちょっと物足りない。
もっと多くのバリエーションを示してくれた方が、実行に移す上での参考にすることができたと思う。

あとは中間管理職から実行できる改革のあり方みたいなものを示して欲しかったかな。
なんせ、僕が「中間管理職」なんで(笑)。
改革にトップの不退転の決意が必要
それは分かるんだけど、そのトップを動かすために、中間管理職が何らかの「実例」を作るために動けるエリアもあるんじゃないかと。
ま、ここら辺はないものねだり?
「自分でやれよ」
おしゃるとおり。

いや、本当に刺激になった本だったよ。
自分自身の今後の行動を考える上においても、重要な意味を持つ本になるかもな・・・なんて予感もある一冊だった。

2009/10/25

iPhone情報整理術  

・「iPhone情報整理術 あなたを情報”強者”に変える57の活用法!」
著者:堀正岳、佐々木正悟
出版:技術評論社

クリックすると元のサイズで表示します

いやぁ、これはすごいわ。
iPhoneを使い始めたくらいじゃ、
「なんのこっちゃ」
って感じがするかもしれないけど(笑)、少し使い慣れたくらいで読むと、本書の「深さ」が見えてきて、ちょっと興奮するくらい。
「iPhone使用歴3ヶ月」の僕にはちょうどいい感じだった。

色んな使い方が紹介されてるんだけど、ベースになるのは「情報を持ち歩く」すなわち、「ノマド・ワーキング」に通じるスキル。
多少のことは分かってるつもりだったんだけど、
「ここまでできるのか!」
と驚かされた。
と同時に、
「これは使い方を間違わないようにしなきゃな」
と自制心も働いた。
ここまで「情報を持ち歩ける」となると、個人情報や重要情報の流出に気を配らないとかなりマズイ。

<今はまだ、会社の「文化」やセキュリティ上の制約があるため、そこまで徹底した「ノマドワークスタイル」を実践できないかもしれません。しかし、本書をお読みいただいた読者にはわかるとおり、技術的に「ノマドワークスタイル」はもう、実現しているのです。iPhoneを持っていれば今からでもできます。>(あとがき P.235)

実際にはクラウドのほうが情報セキュリティのレベルは高い部分もあると思うが、端末に取り込む情報もある以上、情報管理に対する神経の使い方はUPさせる必要があるだろう。
本書を読んで、
「やってみたい!」
と思ったスキルは山ほどあるけど、仕事がらみの重要情報については、ちょっと躊躇する感じ。
会社の方で対処できる体制ができれば別なんだけどね。

とは言え、それ以外のスキルでも、試してみたいのはいくらでもある。
まあこういう本って、少し時間がたつと情報が古くなって使えなくなっちゃったりもするんだろうけど、「今」ならば問題なし。

iPhone利用者には必携の書ではないか、と。

2009/10/22

面白南極料理人  

・「面白南極料理人」
著者:西村淳
出版:新潮文庫

クリックすると元のサイズで表示します

映画化されたんで、てっきり
「南極・昭和基地で、ペンギンやアザラシたちと戯れながら、ばか騒ぎを繰り広げる野郎ども」
みたいな話かと思ってたら、昭和基地じゃないんだね。

<ウィルスさえも生存が許されない地の果て、南極ドーム基地。そこは昭和基地から1000kmかなた、標高3800m、平均気温-57℃、酸素も少なければ太陽も珍しい世界一過酷な場所である。>(裏表紙)

ペンギン、アザラシなんてとんでもない、極限状況である。

もっとも、
「ばか騒ぎを繰り広げる野郎ども」
ってのは「当たり」で、
「まあ何て言うか、しょーがねーなー、中年のおっさんにもなって」
と思うんだけど、分かるっちゃあ、分かるんだよね(笑)。
ここら辺、女性読者はどうなんだろう?

内容としては南極越冬生活を時系列的に記録した作品。
何か核となるようなドラマチックな事件があるわけじゃなく、宴会を中心とした男どもの毎日が書かれてるだけなんだけど、状況の異常さと、その異常さの中でも楽しもうと創意工夫する「阿呆ぶり」が面白い。
まあこんな経験することはないだろうから(笑)、「ためになる」ってことはないだろうけど、楽しめることは間違いなし。

何冊か、シリーズが出てるようだから、そっちも読んでみようかなぁ。

2009/10/21

加藤和彦氏の「遺書」  雑感

「世の中が音楽を必要としなくなり、もう創作の意欲もなくなった。死にたいというより、消えてしまいたい」

そうだろうか?
・・・とは思う。
でも、
違う!
と断言できない気持もどこかにある。

「さとなお.com」が、加藤氏の死に関して、こんなことを書いている。

http://www.satonao.com/archives/2009/10/post_2730.html
http://www.satonao.com/archives/2009/10/post_2732.html

ドキッ
とした。
僕はちゃんと伝えることができているだろうか?

デジタル化は情報の単価を急速に下げ、流通の速度を高めている。
だがそのことで、情報の発信者は自分自身の価値が急速に下がり、大量の情報の中で孤独感を高めているのかもしれない。

大切にしたいものに対しては、それを守るために対価を意識して支払う。
大切なものは「大切だ」と意識して声に出す。

そういうことをキチンと認識しておく必要がある。
「タダより高いものはない」のだ。

本当に、
「もっとちゃんと伝えよう」



2009/10/20

大不況とパンデミック  

・「すべての男は消耗品であるVOL.10 大不況とパンデミック」
著者:村上龍
出版:KKベストセラーズ

クリックすると元のサイズで表示します

もう「10作目」か。
何だかんだと言いながら、結局全部読んできてる(笑)。

<この連載は、(中略)最初は男と女の恋愛やセックスについて書いていた。(中略)年月が経つと、恋愛やセックスから当時わたしが夢中になっていたF1などの欧州スポーツ観戦や映画製作やキューバに話題が移り、やがて、大手マスメディアへの批判を含んだ社会問題が中心となり現在に至っている。>(P.185)

いやぁ、そうだね。
作者の関心の移り変わりに沿って話題が変わり、時にはそれが前に書かれた意見と齟齬をきたしたりしてたけど、そこを正直に語り、自らの関心に忠実だったことが、このエッセイの特徴であり、「村上龍」という作者への信頼感にもつながっている。
ま、不器用なだけかもしらんが(笑)。

本書に収録されているのは「07年1月」から「09年5月」に書かれたエッセイ。
この間には、リーマンショックに始まる世界大不況があり、オバマ大統領の誕生があり、福田政権・麻生政権の誕生があり、日本の急速な経済減速と派遣切り・格差問題等の国内問題の深刻化があり・・・。
しかも本書出版(09年7月)後には「政権交代」が実現している。

そのため、読み始めた時には、
「いつもより話が古いように感じるなぁ」
と思ったんだけど、読み進めるうちに、この大きな動きの流れを再認するのに丁度よいかな、と。
「日本の衰退」
に対する作者の危惧が現実感を持ってくる過程が語られているあたり、なかなか切迫感もある。(喜ばしいことではないけど)

現代日本の経済・社会問題に対する作者のスタンスは、結構直前に読んだ池田氏の考えに通じるところがあるように思う。
それ以上に指摘されるのは「事実を認識する」(それがあって初めて、論理的な議論が成立する)ということ。
そこが作者の「大手マスメディア批判」に通じている。

ただもう「困ったもんだ」と言ってる時間は、あまりないだろう。
そしてまた「政権交代」は「マスメディア」にも確実に変革を迫っている。
その速度が日本の現状を変革するのに間に合うのか。

それがこれから我々に問われることだろう。

2009/10/19

希望を捨てる勇気  

・「希望を捨てる勇気 停滞と成長の経済学」
著者:池田信夫
出版:ダイヤモンド社

クリックすると元のサイズで表示します

作者は「新自由主義」に近いポジションの考えを持っている。
僕自身は「新自由主義」には違和感を持ってるんだけど、本書を読む限り、その「目指すところ」を否定することはできないように感じている。
ただ問題は
「そこまでどうやっていくのか?」
なんだよね。

本書で作者は「労働市場の弾力化(雇用規制の緩和)」を主張し、「資本市場の柔軟化」による成長戦略を語る。
しかしながら、小飼弾氏が語るように、リバタリアンは「福祉」を削減しようとしているのではない。
「自由こそが福祉を最大化する」
これこそが彼らの主張であり、貧困層を引き上げるためにはそれしかない、という強い主張がそこにはある。
「新自由主義」には「競争至上主義」的な冷たい印象があるのだが、本書を読む限り、「弱者」に対する視線にはシッカリとしたものがあるように思う。

まあ確かに行き着くべきはこういうところなのかもしれない。
だが、そこに行き着くためにどのような道筋を辿るべきなのか?
次に語られるべきなのは、それだろう。

<このまま長期停滞が10年も続けば、そのバッファも枯渇し、改革への合意も形成されるかもしれない。今の日本に足りないのは希望ではなく、変えなければ未来がないという絶望ではないか。>(P.243)

絶望によって激しい不安が社会を激震させる前に、何とか「改革への合意」を形成できるような道を探る。
今、足掻いているのは、そういうことだと思いたい。
勿論、その努力そのものが事態を悪化させる可能性もあるのだが・・・。

本書は作者のブログを再編成して一冊にまとめたものらしい。
経済学の理論的な部分は、正直言ってついていけなかったところもあるのだが(笑)、既得権益にからめとられている日本の現状を、別の角度からみる視点を与えてくれる作品として、一読の価値があると思う。

2009/10/17

加藤和彦氏、逝去  雑感

昼間、息子の散髪を待っている間に、Twitterを覗いていたら、この報が。
しかも「自殺」・・・。
う〜ん・・・

僕にとって、加藤和彦氏は、安井かずみ氏をパートナーとして、無茶苦茶カッコいい作品を送り出してくれるミュージシャンだった。

パパ・ヘミングウェイ、うたかたのオペラ、ベル・エキセントリック、あの頃マリー・ローランサン・・・

ここら辺の作品が若かった僕に与えた衝撃の影響は、未だに残っている。
最近の「和幸」なんかはチャンと聴いてなかったんだけど、こんなことになるんなら・・・ってのは「後悔」でしかない。
(iTunesで早速ダウンロードしたけど)

呆然として覗いているうちに、Twitterのタイムラインには、次々と驚きと、加藤氏の死を悼む言葉が流れ出した。
この即時性を体感したのが、こんなことだというのは、寂しい話ではある。

「ベル・エキセントリック」を聴きながら。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ