2009/4/29

決弾  

・「決弾 最適解を見つける思考の技術」
著者:小飼弾、山路達也
出版:アスペクト
クリックすると元のサイズで表示します

「小飼弾」続きになりますが、まあ偶然。

「弾言」に続き、小飼氏が「生き方」について語った本。
と言っても、本作は「人生相談」スタイルになっていて、一貫した理論を展開するというよりは、具体的な「質問」に答えるスタイルとなっている。
そういう意味では読みやすいんだけど、読むなら「弾言」を先に読んだほうがいいね、間違いなく。

個々の質問に対する答えは、
「まあそうだろうな」
って範疇。
突拍子もないものはほぼなくて、その観点からは「人生相談の役割は果たしている」けど、読み物としては「もうひとつ」って感じかな。
むしろこれは「人生相談」ではなく、具体的事案に直面した際の「思考実験」として読んだ方がいいだろう。

普通、多くの「人生相談」は、回答者が自分の人生経験から解答を導き出すもの。
勿論、本書でもベースになるのは作者の「人生経験」であるのは間違いないけど、それ以上に、
「質問に対して、与えられた条件の中で合理的ない回答を導き出す」
って色彩が強いんだよね、本書の場合。
その「合理性」を問い、楽しむ作品だと僕は思う。

勿論、すべての人間が「万全の前提条件」を把握することはできず、したがって人間の「合理性」には限界がある。
しかしながら「運が多い」(「運がいい」じゃなくてね)人生を歩んできて、かなりの冊数の本を読んできた作者が考える「前提条件」は広範なものであり、それゆえその「合理性」には耳を傾ける価値がある。
僕は自分の「合理性」と比較しながら、結構楽しく本書を読ませてもらったな。
(「回答」のいくつかには首をかしげ、反対意見を持ったりもしたけどね。でもそれはそれでいいんじゃない)

巻末には勝間和代氏との対談が収められ、「読書の効用」なんかについても語られている。
毎度の主張ではあるけど、二人の意見の差異なんかも覗わせて、これはこれで面白く読めたヨ。

2009/4/29

不透明な時代を見抜く「統計思考力」  

・「不透明な時代を見抜く『統計思考力』 小泉改革は格差を拡大したのか?」
著者:神永正博
出版:ディスカバー・トゥエンティワン
クリックすると元のサイズで表示します

アルファ・ブロガー「小飼弾氏激賛!!」の一冊。
「統計の見方」というより、「統計の考え方・捉え方」を論じた本といったほうがいいかな?
僕は「全く」数学が駄目で、従って「統計」も大っ嫌いなんだけど、何とか本書は最後まで追いかけることが出来た。(標準偏差のあたりが危なかったか?(笑))
従って「文系でも読める」ってのは、実証済み(笑)。

データや統計について物凄く難しいことが書かれているわけじゃなくて、非常に基本的なスタンスが書かれているといってもいいと思う。
例えば副題(「小泉改革は格差を拡大したのか?)を論じるにあたって取り上げられる「ジニ係数」の問題なんかは、色々なところで指摘されていることもあり、それほど目新しいものではないだろう。
そういう意味では「分かってる人には分かっている」。
でも自分でデータを扱ったり、統計表を加工したりしたことがない人は、一読しておくと凄く役に立つと思うよ。
新聞や雑誌のデータを鵜呑みにしがちな人は特に(笑)。

凄く読みやすい本で、「楽しくてタメになる」んだけど(巻末の統計・文献のガイドも含め)、難点を言えば「読みモノとして面白すぎる」ことかな。
面白く読めちゃうんで、扱われている統計・データの「元」にあたる気がなくなっちゃうんだよね。
これって本書の趣旨に反するスタンス(笑)。
そういう意味じゃ、軽いワークシートなんかあっても良かったかもしんないなぁ。
(あっても、やんないか(笑))



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ