2009/3/28

じいさん、頑張る。  映画

ラストシーン。
「今更なんでコレをつくんのかなぁ」
と思ってたんだけど、
ランボーが故郷に帰る、このシーンを観て、
「まあ、ありかな」と思った。
ストーリー的には殆ど繋がりないんだけどね(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します
 ランボー 最後の戦場

ミャンマーの「残虐」に対し、その対抗もまた「虐殺」シーンになるという、
この姿勢には
「スタローン、なかなかやるなぁ」
って感じもあった。
実際、目を背けたくなるような表現は、スタローン・サイドの反撃のほうが多いくらいなんだよね。
エンターテインメントとしてはどうかとも思いますが(笑)。

「最後の戦場」だけど、本人はまだ作りたいよう。
となると流れ的には一作目に続く、「アメリカ国内」編?
それはそれで面白いかも。
(いや、なくても全然いいんですが(笑))。

2009/3/28

参った。予想外の出来。  映画

「評判の高いアメコミ(グラフィック・ノベル)の映画化」
と言うので観に行ったんだけど、正直期待はしてなかった。

「有名なアメコミヒーローのパロディみたいなキャラクターは、本家を知らないと楽しめないだろう」
「中核となるロールシャッハをマスクにしたヒーローがカッコイイとは思えない」
「『あったかもしれない社会』(「ニクソンが大統領を続けてる」とかね)というSFのりは、アメコミ映画には会わないような気がする」
「『ダークナイト』を観ちゃってるから、普通のアメコミ映画じゃ満足できない」
等々・・・

杞憂でした。
これはナカナカの作品。
クリックすると元のサイズで表示します
  Watchmen

まずはこの長くて、複雑で、暗いストーリーをまとめあげた脚本に脱帽。
「上映時間163分」
って長編なんだけど、全くその長さを感じさせず、それでいて消化不良にもならないというのは大したものだ。
更にその長さを楽しませるべく、ちゃんと「ヒーロー映画」になっていてカタルシスを感じさせつつ、深いテーマもキッチリ突きつけると言う・・・。
「ダークナイト」に並ぶ離れ業をやってのけてくれている。

そして「ロールシャッハ」。
この不気味で、カッコイイとは全く思えないヒーローに、ラストは思いっきり感情移入。
ちょっと泣けちゃったよぉ(笑)。

加えて劇中歌の趣味がいい。
初っ端の「アンフォゲッタブル」(ナット・キング・コール)の使い方は感心したし、ボブ・ディラン、ジャニス、S&G、ジミヘン等々
そして何より、「レナード・コーエン」。
「やってくれるなぁ」
って感じでしたな。

まあ「続編」はないだろうヒーロー映画。
「観る価値アリ」
です。

2009/3/28

会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ  

著者:齋藤正明
出版:マイコミ新書
クリックすると元のサイズで表示します

<私はマグロ船という言葉に「過酷」、「借金のカタ」、「行くあてのなくなった人の仕事」、「事故の多い仕事」と、ネガティブなイメージしか思いつかなかったからです。>(P.3)

いや、僕もそうです(笑)。

本書は「鮮度保持剤」開発のため、
「マグロのすべてを知ってこい」
という、無道な上司の命令(笑)で1ヶ月以上、「マグロ船」に同乗した経験を持つ作者が、その経験の中に「会社人生を乗り切るための知恵」があったことを記している異色のビジネス本。
内容としては、
「上手なストレスの受け止め方」
「上手なコミュニケーションの仕方」
について論じていて、ここの考え方やスキルは決して突飛なものじゃないんだけど、
「それをマグロ船の漁師に教えられた」
ってところにインパクトがある。

まあでも所々には
「ちょっとこれは出来すぎじゃないの?」
ってのもある。
あまりにもビジネス本っぽ過ぎるのもあるような。
「作者の創作」
とまでゃ思わないけど、若干経験をそういう方向で整理して記憶してたってことはあるんじゃないかね。
マグロ船に乗ったのが2001年。
その後、作者は独立してコンサルタントとして独立している。
この時間の経過の中で「記憶」が微妙に補正されたってことは十分にありえるだろう。

とは言え、「海の男」たちの行動や言葉が、思わぬ「力」を持って読む者に響いてくるのも確か。
一時間くらいで読めちゃう本だから、費用対効果を考えれば、十分にモトの取れた本だと思うよ。

しかし帯びの

<ある会社員に突然告げられた業務命令・・・・・・
マグロ船に乗れ!
そこにあったのは、あの蟹工船よりつらい日々だった!>

ってのはどうかな?
だって作者が辛かったのは「船酔い」なんだもん(笑)。
僕も船酔いには弱いから辛さは分かるけど、「蟹工船よりつらい日々」はないだろう。
これはやり過ぎです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ