2009/3/12

俺は、中小企業のおやじ  

著者:鈴木修
出版:日本経済新聞出版社
クリックすると元のサイズで表示します

「スズキ」の会長兼社長が語る「スズキと自分の歴史」「スズキの戦略」「経営哲学」等をまとめた作品。
「連結売上高3兆円企業」のトップが「中小企業のおやじ」を自認されちゃたまんないと思うんだけど、本人もそのことはキチンと認識しつつ、ちゃんと説明している。
「売上高といっても取扱高に過ぎない」「現在では業界でシェアがNO.1か、すなわちプライスリーダーかどうかが肝心」等々の主張には説得力がある。(まあ「自分の娘婿に跡を継がせる」ってあたりが「中小企業」っぽくあるけど(結局その方は早世されている))
「やんちゃなオッチャン」て感じなんだけど、「筋が通っている」だけじゃなくて、「チャンと理論・数字の裏づけがある」ってところが素晴らしい。
こういう本って、何となく「功成り遂げた人の自慢話・説教話」になりがちだと思うけど(笑)、「いまが最大の危機」と認識して、現役としてその危機に立ち向かおうとしている姿勢には感心させられる。

作者の基本的スタンスは「徹底した現場主義」だと思う。
そのことは婿養子ながら現場で苦労してきた作者の経験から出ている。

<よく言うのですが、まさに「ツキと、出会いと、運」です。「先見の明があった」などとは口が裂けても言いません。私に言わせればどんな先見の明も、すべて後講釈といいますか、後付けにすぎません。試行錯誤があるだけです。>(P.247>

こうした発言には徹底した「現実主義者」の側面も窺うことができる。
「それだけじゃないだろう」
ってとこもあるんだけど、そう言い聞かせて自戒するところが尊敬に値するところとも言える。
(巻末に「発言集」みたいなものがまとめられてるんだけど、これだけでも一読の価値アリ)

・・・でも、自分の頭に戴くにはナカナカ面倒な御仁かもなぁ(笑)。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ