2008/10/31

寒そうだナァ。  雑感

今日から新潟出張。
どうも雨模様のようだ。
明日は現地でゴルフを予定してるんだけど、雨の中のプレイの可能性も・・・。
寒そうだよねぇ(溜息)。

麻生総理が大型の景気対策を発表。
しかしこれで景気がよくなるのかね?
将来の消費税の引き上げを明言したのは、僕は「悪くない」と思ってるけど、ポイントはそれで社会福祉制度の立て直しを何処までキチンとやれるか。
そのことで蔓延する将来への漠然とした不安感を減らすとともに、社会構造の変革に繋がる経済対策を打ち出すってことが重要なんだと思うんだけどねぇ・・・。
所詮は「選挙対策」っちゅうことですかいのぅ。

2008/10/30

ゲームをやったことがないからなぁ・・・。  映画

テンポが良く、スタイリッシュで、中身の全くない映画(笑)。
ま、「ゲーム」が原作ですから。
クリックすると元のサイズで表示します
  ヒットマン完全無修正版

それなりに楽しめたけど、「本当に楽しめるのは原作ゲームをやった人なんだろうな」とも感じさせられるシーンがチラホラ。
でもこの手のゲームを今更やる気になれないしねぇ・・・。

しかし「最強の暗殺者」がこんなにナイーブでいいのかね?
もっと「ゴルゴ」っぽいほうが設定にははまると思うんだけど。
そこら辺にもちょっと違和感を感じたりもした。

2008/10/29

高橋尚子、引退  雑感

「う〜ん、やっぱりそうかぁ」
って感じ。
「実質的には」ってとこはあったからねぇ・・・。

でもやっぱり、
「小出監督の下を離れては上手くいかなかった」
ってことになるんだろうね。
なんだかそれが残念・・・。

2008/10/28

田村はまだか  

著者:朝倉かすみ
出版:光文社
クリックすると元のサイズで表示します

友人(akamatsuさん)のブログで誉められてるのを読んで、読んでみる気になった本。
別に意図したわけじゃないんだけど、最近小説を読んでなかったんで、
「いかん、いかん」
と思い直したっつうのもある(笑)。

これは確かに面白いね。
小学校のクラス会流れでバーに集まった5人の男女が、バーのマスターとともに「田村」という同級生を待つ。
そのシチュエーションで、6つの連作短編が書かれている。
それぞれの男女の過去と現在が、「田村」の記憶がそれぞれに残した影響と重ね合わせて描かれているんだけど、秀逸なのはやはり一作目に描かれる小学生時代の「田村」のエピソード。
「できすぎ」っちゃあ、できすぎなんだけど、「熱く」て、「クール」な「田村」の姿には心動かされざるを得ない。
いや、小学生なんだけどね、そん時の「田村」は(笑)。

akamatsuさんも書いてるけど、確かにラストの展開はドラマチックすぎるかも。
「田村」の血縁者(とおもわれる)人物を登場させたのも、「どうかな」と思える。
そういう意味では連作短編集としての完成度という観点では辛い点をつけたほうがイイのかもしれない。
でもやっぱり読み終えて、
「いい話だったな」
と思えるのは、冒頭の一作が僕の心に届いてる分なんだろうな。(他の短編のデキがそんなに酷いってわけじゃないけどね)

「甘い」と言われれば、「甘い」んだけど、匙加減としてはこれくらいが「絶妙」。
そんな感じがする。

一読の価値はあります。

2008/10/27

10年も経つとね。  雑感

今年で社会人になって21年目。
会社のほうで「勤続20年」の連続休暇が取得できるので、11月の初めに家族でグアム旅行をする予定だ。

「20年も働いたのかぁ」
って感慨は、まあいいとして、旅行のために1月に切れる間際になっていたパスポートの申請に行って来た。
前に取得したのが99年の1月。
約10年が経過していることになる。

で、当然写真も変わることになったんだけど、10年前の写真と比べると何とも・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
「そう言や、10年前は中洲で飲んだ翌日に写真撮ったんだっけ」
むくんだ十年前の顔を見ながら、そんなことを思い出したりした。

色々ガタの来ている今日この頃だけど、顔つきだけは10年前よりは今のほうがいいな。
そんなことを上がってきたパスポートを眺めながら思いました(笑)。

2008/10/25

即戦力の人心術  

・「部下を持つすべての人に役立つ即戦力の人心術」
著者:マイケル・アブラショフ 訳・解説:吉越浩一郎
出版:三笠書房
クリックすると元のサイズで表示します

これはいい本だと思うネェ。
読んでいて、気付きや反省をもたらしてくれるところが多々あり、読後の充実感もある。
何より前向きで明るい気分にさせてくれるのがいいな。
邦題は何だか安手のリーダーシップ論みたいなのになってるけど(笑)、原題は、
「IT'S YOUR SHIP」
シンプルで、それでいて本質を押さえた、秀逸な題名だ。
(ま、確かにこのままじゃ何のことかワカラン、というのはあるから(笑)、邦題は仕方ないのかもしんないけど)

<本書では、著者が「海軍で一番下のダメ軍艦」とレッテルを貼られていた船に新任艦長として乗り込み、同じスタッフ構成のままでありながら、短期間で「全米一」と評価されるほど優秀な船に立て直した方法が語られている。>(P.1〜2 訳者のことば)

どういう考えで、どういう取り組みをしたのかが具体的に描かれており、その臨場感が本書の読みどころの一つになっていると思う。
まあその分、「即戦力」としてすぐに流用できるのかどうかってところはあるんだけど、基本的な「考え方」「スタンス」は、あらゆる組織マネジメントに共通するものであり、そこが、軍隊時代の「回顧録」じゃなくて、「ビジネス書」として本書が世に問われている所以でもあるのだろう。

種々の取り組みを行った著者の基本となる「目的」は何か。
次のような言葉が僕を撃つ。

<「自分自身で判断し、行動できる」−彼らの人生がどのようなものになっても、それほど重要で、彼ら自身や彼らの属する組織の役に立つ技能はまずないのだ。>(P.102)

まさに真実。
「人材育成」の要諦はこれに尽きると言ってもいい。
こうした理念が一貫しているからこそ、打ち出される数々の施策が的を射たものとなっているのだろう。

僕自身のマネジメントは、考え方においても、手法においても、「まだまだ」だ。
しかし少しでも向上させたいという気持ちは持っており、その時の指針として本書はコアの部分を教えてくれる。
価値ある作品だと思う。

(吉越浩一郎氏の「解説」は、ちょっと「我田引水」の面があると思うけどね(笑)。
「解説」なんか不要の、分かりやすく、それでいて「力」のある本です)

2008/10/24

強欲資本主義 ウォール街の自爆  

著者:神谷秀樹
出版:文春新書
クリックすると元のサイズで表示します

何やら株価のほうは乱高下しながら(「下」の方が強いけど)、トンでもない状況。
実体経済への大きな影響も避けられない情勢で、「金融ショック」から「金融不況」、果ては「恐慌」の影さえ見え隠れする最近の情勢・・・
の中で結構売れているらしい本。
なかなか刺激的な題名だけど、内容のほうも「劣らず」って感じだった。

「資本主義」が「暴走」してしまうメカニズムや理論に関しては「暴走する資本主義」(ロバート・ライシュ)で明晰に分析されている。
あれに比べると、本書のスタンスは「ウォール街が悪い」って色彩が強くて、ちょっと底が浅い感じもするけど、一方で20年以上もウォール街で働いている作者が見てきたウォール街の変貌、ここのところの目を覆うばかりの「金の亡者ぶり」は、非常に具体的に描かれていて、面白い。
米国の下院が金融法案を否決したときは、
「世界が見えてないなぁ」
とも思ったんだけど、身近でこんなやつらが跋扈してるのを見てたアメリカ人から考えたら、ああいう反応もありえるんだろうなと、考え直した。
確かに日本の金融亡者も醜いもんだが、ココに描かれる亡者たちの醜悪ぶりは、ちょっと度を越してるだろう。

作者は今回の金融危機に関しては、レバレッジが作った虚飾の部分を剥ぎ取って、その後の縮小均衡の中で生活していく思想を作り上げるしかないだろうみたいなことを言ってるけど(そこには日本の価値観が役立つとも主張している)、縮小していくショックに実体経済のほうが耐えうるのか、今問題になってるのはそっちの方だろうなとも思う。
29年の世界大恐慌から立ち直るには結局「第二次世界大戦」を待つしかなかった。
その轍を踏まないために何をするか。
求められているのはそういうことだ。
単なる「道徳観」「倫理観」を振り回すだけではこのリスクを乗り越えることはできない。

とは言え、確かに本書で描かれたようなここ数年のアメリカの金融産業の姿は醜悪を極めている。
こうしたことが再び起きないように、新たな金融のスタイルを建て直し、実体経済をサポートする「金融」という、本来の姿に戻らなければならないのは間違いないだろう。
そのことを肝に銘じるためにも、こういう記録を残しておくことは重要だろうね。

2008/10/23

天然ガスが日本を救う  

・「天然ガスが日本を救う 知られざる資源の政治経済学」
著者:石井彰
出版:日経BP社
クリックすると元のサイズで表示します

今度、ちょっとガス業界に関係したお客さんと同席する機会があり、上司からから「打合せの前に一読しとくこと」と宿題として渡された本。
何とか期限前に読み上げることができました(笑)。

でも「宿題」にしては、結構面白く読むことができたな。
ヨーロッパとロシアの話なんか聞いてると、結構「天然ガス」の話は肝になってるのに、何で日本の「天然ガス」利用はそれほどでもないのかなぁ・・・と漠然と思ってたんだけど、何となくそこら辺には合点がいった感じ。

「環境」面から天然ガスが優れていること、
新エネルギー(原子力・太陽光・風等)の技術的なブレイクスルーが訪れるまでは「天然ガス」利用が現実的選択肢であること、
埋蔵量も多い上に、想定される埋蔵分布を考えると、アジアは極めて有力な地域であること、
天然ガスの有効活用のためにはパイプラインの構築が重要だが、日本の場合はここが大きく立ち遅れてしまっていること・・・
等々。

なかなかタメになったし、「へぇ」って思わされることも少なくなかった。
(「メタン・ハイドレート」、利用実現には結構ハードルがありそうですな。「日本も一気に資源国」かと思ってたんだけど(笑))

「サブプライムローン問題」に端を発する金融不況は、実体経済に影響を及ぼしており、ここ数年は(恐慌までいくかどうかは意見の分かれるところだが)世界経済全体が苦境に立たされる見込みが強まっている。
そうなると、当然のことながら「公共投資」を中心とした経済対策が日本においても大きく組まれていくことになるだろう。
ただ使えない道路をバンバン作っても借金が増えるだけだからねぇ。
例えば天然ガス用の「パイプライン」増設に集中的に投資する・・・なぁんてのはどうだろう。
これなら「将来への投資」としても十分に意味があることだと思うし、ロシアを含めた近隣諸国との関係が深まることで地域安定にも大きく寄与することになると思うんだけど・・・。

まあでもナカナカそーゆードラスティックな政策を打ち出す政治家は、最近はあんまり見当たらないかね(笑)。


2008/10/22

できそこないの男たち  

著者:福岡伸一
出版:光文社新書
クリックすると元のサイズで表示します

バリバリ文系の僕だけど、こういう一般読者向け理系本を読むのは嫌いじゃない。
かつては「利己的遺伝子」を紹介した竹内久美子氏の一連の作品に目を開かれた覚えがあるし、この福岡氏の作品(「生物と無生物のあいだ」「プリオン説はほんとうか?」)も興味深く、楽しく読ませてもらった。
まあ「数式バリバリ」じゃゲンナリしちゃうんだけど、ピシッとした論理を展開してくれる作品って言うのは、一種の爽快感があるんだよね。
「自分にないものを求める」
というのも、当然あるし(笑)。

本書の主題は以下に集約できる。

<生物の基本仕様(デフォルト)としての女性を無理やり作りかえた(カスタマイズ)ものが男であり、そこにはカスタマイズにつきものの不整合や不具合がある。つまり生物学的には、男は女のできそこないだといってもよい。だから男は、寿命が短く、病気にかかりやすく、精神的にも弱い。>(P.276)
<弱きもの、汝の名は男なり。>(P.206)

どのような点からそういえるのか、その発見過程にはどんなドラマがあったのか。
前作「生物と無生物のあいだ」でも見せてくれたように、作者は発見に関わった人々の人間ドラマを織り交ぜながら、時にドラマチックに話を進めてくれる。
「生物学的に男が弱い」
ってぇのは広く知られたことだし、個人的にも「息子」と「娘」を比較してみると納得感があるんだけど、その背景にはどういうことがあるのかを本書は紹介する。
途中、ちょっと気が遠くなるようなトコもあったけど(笑)、全体としては興味深く読める作品だった。

もっとも終盤の「余剰」について論じてるあたりはどうかなぁ。
確かに面白いし、論理的だと思うんだけど、そこにつけている「例」(財団の巨額な金を使い込んだ科学者夫婦の話)は、ちょっと強引なんじゃないかと。(「例」そのものは面白いんだけど)
「エピローグ」の「加速度」の話もちょっとピンと来なかった。
そういう意味では前作に比べると、「終盤に若干の失速」というのが、僕の正直な感想。(「失速」というよりは「論理展開に無理を感じる」って言ったほうがいいかな)
いや、これは僕の理解力の問題かもしれんな(笑)。

文系の科学好きにはお薦めの作品です。

2008/10/22

弾言  

・「弾言 成功する人生とバランスシートの使い方」
著者:小飼弾、山路達也
出版:アスペクト
クリックすると元のサイズで表示します

アルファブロガー「小飼弾」氏が「生きて行く上での視点」について語った作品。
僕は「書評家」としての小飼氏にはお世話になっていて、ブログはほぼ毎日目を通してるんだけど、まとまった作品を読むのは本作が初めてだった。

「人生」を、「バランスシート」に置き換えて考える、というのは、確かに視点としては面白い。
換言すれば、「数値化」「見える化」ということで、そういう考え方自体は「自己啓発」の定番ではあるんだけど、それを「バランスシート」として捉えることで、スッキリ整理しやすくなるというのがミソかな?
「人生」を「カネ」(「金」じゃないんだけどね)に比喩させることに関しては抵抗感がある向きもあるかもしんないけど、(普段ブログを読んでることもあってか)僕はワリとすんなり受け取れた。
最近の混乱した金融情勢の中、「実体経済」から遊離したビジネスのあり方や人生観に対する逆風が吹いてる(そして僕自身、そういう向きに同調する部分が強い)。その流れからはチョット本書のような整理の仕方は問題視されるのかもしれない。
でも、こういう「割り切り」は、物事や考え方を整理する上においては便利だと思うんだけどね。

勿論、僕自身の考えが小飼氏と完全に一致するわけじゃない。
「ベーシック・インカム」あたりは僕は懐疑的だし。
それでもこういう「切り口」で物事を見る面白さというのは、読んでて刺激的だ。
考えさせられ、得たものも少なくないように感じる。

少し癖はあるかもしれないけど、価値のある作品だと思うよ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ