2008/2/1

中国産は当分食べられない。  雑感

冷凍餃子の中毒事件はかなり衝撃的だった。

「中国産」製品については、玩具の鉛使用とか、色々問題点が指摘されてきた中で不安視する風潮が流れていた。
「実際に輸入されている製品の大半は問題ない製品なのに、ごく一部の製品の不良によって、『中国産』と一くくりにして忌避するのは如何なものか」
なんて僕自身は思ったりしてたんだけど(とは言え、我が家で使う食材の殆どは「国産」になってるけど)、こうなるとヤッパリちょっと「中国産」食品に対しては警戒せざるを得ない気持ちになる。

現在、「400名以上の人が体調不良を訴えている」との報道もあるが、これはチョット煽りすぎの感じもあって、大半は多分「気分」の問題なんじゃぁないかと思う。
ただそういう「気分」になってしまう不安感を醸成してしまったのは確かで、日中政府はこれを払拭するために原因の究明と対策の徹底に早期に取り組む必要があるだろう。
「国産」だけで日本の食生活を支えられるわけはないからね。

一方で、これをきっかけに、日本の食事情を見直してみてはとも思っている。
低すぎる「自給率」も問題だし、餓死するような人すらいる一方で、コンビニ等で賞味期限切れで大量の弁当類が廃棄されるような食文化は、やっぱりおかしいだろう。
「環境問題」を考えるなら、まずはココだと思うんだけど、どう?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ