2007/12/18

精霊の守り人  

著者:上橋菜穂子
出版:新潮文庫
クリックすると元のサイズで表示します

「本の雑誌が選ぶ文庫ベストテン」で1位になった作品。
本の雑誌の場合、順位にはあんまり意味がないのだが(笑)、本作については確かにそれに相応しい作品かと。

「もっと前から数々の賞を取っている人で、我々が気がつくのが遅すぎた」

というコメントがあったけど、僕も同感。児童文学に対する偏見はないつもりなんだけどネ。

アジア風の世界、特異な世界観、スピーディーなストーリー展開、魅力的な登場人物
と本作の良さは多岐にわたっているが、何といっても中心は「バルサ」という主人公である女用心棒のキャラクターだろう。
何せ、この主人公、「30歳」だからね。
児童向けファンタジーの場合、まずは主人公に感情移入(場合によっては「同化」)しやすい設定が多いから、最近じゃこの年齢設定は珍しいんじゃないかな。
文庫の裏のあらすじ紹介では「老練な女用心棒」だからね(笑)。最初はちょっと驚かされた。
もっとも作者が本作を書いたときには多分近い年齢だったろうから、作者にとっては感情移入しやすい設定だったのかもしれない。魅力的なこの主人公の設定はそこら辺に裏支えされているんだろう。
(確かに「老練」なんだけど、一方で微妙な女性心理も抱えている。ここいらの描き込みはたいしたもんだ)

しかしなぁ、あんまり面白かったんで、困ったことにもなっている。
このシリーズは10冊あるんだけど、文庫化されてるのは、まだ2冊なんだよね。
とりあえず2作目は文庫で読むとして、3作以降をどうするか。
気長に文庫化を待つのも悪くはないんだけど、面白かったからナァ。待てるかナァ。
ちょいと微妙なトコだ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ