2007/12/7

それでも、警官は微笑う  

著者:日明恩
出版;講談社文庫
クリックすると元のサイズで表示します

単なる感覚でしかないんだけど、最近「警官小説」は「旬」なような気がする。
「横山秀夫」あたりがその先駆けだけど、「今野敏」「佐々木譲」あたりがコンスタントに秀作を発表しているし、大沢在昌の「新宿鮫」も復調の兆しを見せている。
「『警察』という組織の融通の利かなさ、腐敗、硬直的な二層構造(キャリア/ノンキャリア)を背景にしながらも、愚直に『警察官』たる人物像を描く」
というのがそのスタイルで、そこからリアルなハードボイルド像が浮かび上がってくるのが特徴だろう。

本作についてもそういう部類の作品だろうと思って手に取った。
読後、
「確かにそういう部分もあるんだけど、後半の展開は『西部警察』みたいで(笑)驚いた。でも結構面白かったな」
というのが感想。
裏表紙の「あらすじ」を読んで、お喋りな上司(潮崎警部補)と無口で無骨な部下(武本巡査部長)の相棒モノと思ってたんだけど、コレはむしろ武本を主人公にした物語だね。そこらあたりのスタンスの取り方に曖昧なところがあって、それが作品の欠点の一つかもしれない。(潮崎というキャラがなかなかいいので、こうなっちゃうのも分からなくはないけど)

欠点のもう一つは犯人の意図に関するリアリズムだろう。
最近の外国人犯罪の様相やネット社会の深化による世相の変化、国際情勢における「経済」のあり方なんかを考え合わせると、「夢物語」と一蹴するのは軽率なのかもしれないが、それでもチョット違和感はあった。
まあこの背景があってこその後半の「西部警察」だから、コレはコレで「仕掛け」と割り切っちゃった方がいいのかもしんないけどね。

本作には既に続編が発表されている。
「読みたい」
と思ったのが、この作品に対する僕の評価の総括かな。

ところでこの作者。
「ただもり あきら」
って読むんだけど、コレは読めんね(笑)。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ